« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

祇園祭

 7月16、17日に京都へ祇園祭に行って来ました。日本三大祭の一つとして、また祭の起源の一つとして祇園祭を一度は観たいという思いに駆られてふらりと一人旅です。まず、祇園祭とはなんなのでしょうか?

八坂神社
 祇園祭は京都にある八坂神社の神事として毎年7月1日の吉符入りから7月31日の疫神社夏越祓まで一ヶ月を通して様々な行事と共に開催されています。その中でも祇園祭の最大の見せ場と言われるのが7月17日に行われる山鉾巡行です。山鉾巡行では、京都内の各町にある32基の鉾や山と呼ばれる山車が都大路を練ります。また、7月17日は巡行だけではなく八坂神社にある御輿が町のお旅所へ巡行される神幸祭(神輿渡御)も行われます。

 さて、7月16日は宵山が行われます。宵々々山、宵々山、宵山は14日から行われており、いわば祭の前夜祭です。各町にその町が持つ鉾山に提灯が飾られ夜になると鉾山の上で祇園囃子がコンチキチンと鳴り響きます。

 京都駅に降り立ったのが正午前、駅からそのまま本日の宿『吉水』さんへ行きました。八坂神社と円山公園を横目に高台を登ると颯爽とした木陰に佇む小さな宿です。宿の方々に祇園祭の見どころなどを聞きつつそのまま歩いて八坂神社と京都の町へ出かけました。

長刀鉾
 まだ日も高い中、八坂神社から四条通をまっすぐに歩いていくと最初に長刀鉾と呼ばれる山鉾が見えてきます。長刀鉾は32基の山鉾の中でも巡行の際に必ず先頭を受け持っていたり、鉾には稚児と呼ばれる子どもが乗っていますがその稚児が人形ではなく町の子どもが選ばれて乗っていたりと特別な鉾のようです。鉾の隣では町の方がちまきを売っています。ちまきは食べ物ではなく、厄除けのお守りです。また、買うと鉾に乗ることができるということで早速購入し、鉾に乗ってみました。鉾の内装はそれはそれは豪華絢爛です。こうやって古き良きモノを肌で触って感じれるのはちょっとした観光の醍醐味だと感じました。
 四条通には他に2基の鉾がありましたが、横目に室町通に折れて山を観ることにしました。ここから地図もガイドも持っていなかったので細い路地をやみくもに歩きつつ鉾山があると眺めるということをひたすら繰り返していたわけです。
 鉾も立派ですが、ご神体?を載せる山も見事です。町毎に寓話をモデルにした山、歌人をモデルにした山など様々です。個人的には歌人をモデルにしている黒主山や鯉山が造形ともに面白いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート

 闘龍門5周年記念大会が明けた翌5日に記者会見が行われた。会見の内容はというと、闘龍門が名称を「ドラゴンゲート」に変更することが告げられたこと、UDGのベルトが返還されたこと、TORYUMON-Xとは別の路線でいくこと、等々。これからはまさにドラゴンゲートという興行団体として第二章が始まるということらしい。逆上陸から5年、闘龍門を観てきた自分としてはドラゴンゲートとして次のステージへ向かうのは嬉しく期待したいところだが、正直いうと5周年記念大会の直後でM2K復活やCIMAのUDG返り咲きの感動が抜けきれていなかっただけに狐につままれた感じがした。(というか、あの5周年大会を見てない人がいきなりこの会見を聞いたらさぞかし拍子抜けするんだろうなぁ....)
 なお、各選手が抜けたり増えたりということはなくユニットも5周年大会終了時のままということらしい。

闘龍門新体制発表公開記者会見

 さらに、一夜明けて6日に今後のドラゴンゲートの興行について会見が行われた。今夏はフジテレビとタイアップしてお台場で毎日興行が開催されるらしい。これまで発表されていた夏のカード+お台場での興行と同日に二つの場所で開催されることもあるということらしい。なんだか興行団体として一気に商業臭くなったと感じてしまうのは私だけだろうか?大量に選手を抱える台所事情もあるのかもしれないのだけど....。ただ、まだドラゴンゲートとしての興行や試合を観たわけではないので会見だけで判断しても仕方がないがやはりプロレスはリングで結果を出すのが全てだろうし、今後の試合を期待したい。

ドラゴンゲート公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘龍門JAPAN 5周年記念大会IN神戸 vol.2

 闘龍門JAPANが毎年神戸で行う記念大会。記念大会の名にふさわしくフロブラ対サプライズゲスト、もっちーと悪冠一色との遺恨、マグナムの復帰、UDG王座決定戦と今回も見どころ十分。

第7試合 マグナムTOKYO、新崎人生 VS ドン・フジイ、TARU
 マグナムTOKYOの復帰戦。今までの「TOKYO GO」にかわり入場は新曲「エゴイスト」と新しいダンスをひっさげて登場。なぜかピンクの傘を降りながら登場(本人は東京音頭をやや意識?)。以前とは違う新しいマグナムTOKYOの登場に会場はがぜん盛り上がる。
 さて試合のほうは、復帰直後ということで普段のマグナムと比べれば若干精細を欠いていたのは否めなかった。試合前のコメントで新崎人生の"静"とマグナムの"動"を見せるということだが、マグナム的には人生のアシストに恩の字というところ。しかし、久々にみる腰ふりフランケンやエゴイストドライバーは闘龍門マットにマグナム在りと言わんばかりでした。今後、他のユニットやベルトに絡む姿が期待できます。

第8試合 UDG選手権試合 CIMA VS 近藤修司
 記念大会の大一番、UDG選手権試合。トーナメントから勝ちあがってきたのはC-MAXのCIMAと悪冠一色の近藤修司。いま、一番闘龍門で勢いがあると言えばドラゴンキッドもいるが、やはり近藤修司でしょう。実はベルトに一番近いのはこの男かもしれないと思ってました。試合はお互いの持ち味をいかした力と技の応酬!途中、悪冠一色の邪魔も入りますが、ただでは納まらない選手権試合。最後は起死回生で放ったCIMAの新技?!回転式のトカレフがクリーンヒット。シュバインからマッドスプラッシュを決めフォール。CIMAが第4代の王者へと返り咲きました。

 最後、闘龍門の選手全員をリングにあげ、CIMAが一人一人に感謝の言葉をかけていく姿はこの5周年大会の成功と共に闘龍門プロジェクト自体の成功を意味していたようです。闘龍門は次のステージへと進みます。今まで、感動と興奮を与え続けてくれた闘龍門が次は何を見せてくれるのか期待が膨らみます。

闘龍門7.4神戸ワールド記念ホール大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘龍門JAPAN 5周年記念大会IN神戸 vol.1

 闘龍門JAPANが毎年神戸で行う記念大会。記念大会の名にふさわしくフロブラ対サプライズゲスト、もっちーと悪冠一色との遺恨、マグナムの復帰、UDG王座決定戦と今回も見どころ十分。

第4試合 フロリダブラザーズ VS 佐々木健介・北斗晶
特別試合 ストーカー市川 VS 北斗晶
 今回のサプライズゲストは佐々木健介!闘龍門マットは2度目の登場となる。一度目の登場は博多スターレーン大会で相手は今回と同じフロブラ。そのときはいつもの反則負けでフロブラの勝利となってしまいリベンジためやってきたらしい。しかし、今回のサプライズは助っ人として健介が呼び込んだ北斗晶のインパクトは強かった。
 なにしろあのデンジャラククイーンをフロブラといつの間にか乱入してきたストーカー市川が『おばちゃん』扱い。さすがの北斗も怒り心頭で、急遽組まれたストーカー市川戦では怒りの本家ノーザンライトボムが炸裂!哀れ市川は秒殺された。さすが『埼玉最強の主婦』だ。
 さて、フロブラと佐々木夫妻対決は、負ければ健介のフロブラ入りをかけた大一番となった。圧倒的なパワーで終始おしまくる佐々木夫妻だけにフロブラの初の敗北が頭をよぎるところだったが、いつものように出てきた特製のイスがマイケルの頭にささり、何も知らない北斗が健介が止めるのを聞かずにそのイスに手をかけ、ベーカリーの迷ジャッジで試合終了。キョトンとした北斗を尻目にすでに健介は自らをケンスキーと名乗りフロブラの一員になってました。花道を去りつつ「もう家に帰ってくんな!」という北斗の一言がなんとも恐ろしい。
 健介と北斗がここまでお笑いに付き合ってくれたという闘龍門の奥深さを見せてくれた一戦でした。

第5試合 ウルティモドラゴン VS 中嶋勝彦
 X VS Xとして発表されていたカード。中嶋勝彦の若さ溢れるファイトが好印象だったが、校長の胸を貸してやる感がありありと出すぎていて見どころがある試合とは言い切れなかった。出し切れなかった中嶋勝彦がまだまだ青いのかどうかはさておき、試合は横綱相撲の校長がアステカスープレックスでフォール。
 試合終了後、校長から闘龍門マットでの試合はこれが最後という一言が、闘龍門が次のステップに進むために自分は練習生の指導にあたるという。まだ引退ではないけれど、校長対マグナムのカードはいずれ見せてもらいたいだけにちょっと残念な一言ではあった。また新しい闘龍門がみれそうな予感をさせる一言でもあった。

第6試合 望月、アラケン、土井、横須賀 VS 悪冠一色
 悪冠一色と望月の遺恨、だが端を発したのは旧M2Kを裏切り悪冠一色に入った望月とアラケン、横須賀らとの遺恨でもあった。そんな意識が交錯する一戦。試合は急に作られたチームながらもっちー組が悪冠一色を圧倒し、もっちーのツイスターでブラザーをフォール。
 昨日の敵は今日の友、試合後リングから去ろうとするもっちーをアラケンが止め同じチームでまたやろうという声をかけた。拒絶するもっちー、そこに怪我でリングから離れていたクネスがスカジャンを持って登場しM2Kの復活を提案する。一度は断ったもっちーもクネスの言葉に涙をうかべてM2Kの復活を宣言!浪花節に思わず感涙。真っ先にスカジャンをとる享の姿にもっちーよりも実はスカジャンのほうが欲しかったんでは?と思ってみたりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブドガン

 両親を失った女子高生・観幸は、殺し屋の葉山田と出会う。互いに共感しつつ惹かれあう二人。だが、その二人の前に葉山田を追いかける組織の殺し屋が近づく。
 親殺しだとか、師匠越えだとか、殺しの哲学だとか、死に対する美学だとか、そんなストーリーが展開される。話としては結構楽しめるんだけど妙に説明臭いのがたまにきず。登場人物がひたすらしゃべりすぎだし、演出なのか映像効果なのか、小説で書かれるメタファーをそのまま映像にしたみたいでちょっとクドかった。宮崎あおいは可愛かったけど星2つ。(★★)

ラブドガン
テアトル新宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の本棚

 本を購入しました

 『ナ・バ・テア』森博嗣 著
ナ・バ・テア
 前作の『スカイ・クロラ』は不思議な古くて新しい近未来的な世界と空と戦闘機の物語。今回は何を感じさせてくれるのか?『スカイ・クロラ』同様に美しい装丁。本屋に並んでいても一目で目につきます。

浮遊工作室(ミステリィ制作部)
『スカイ・クロラ』公式ページ
中央公論社

 『青の炎』貴志祐介 著
青の炎
 本屋に行ったら角川の夏の販促?が始まっててたので『青の炎』を買ってみた。
 映画『青の炎』はすごくイイ映画でした。キャストからアイドル映画かな?と期待してはいなかったんですが、特に主人公の心理描写が印象的でどんどん深みにはまりつつも自分を失わない少年の姿に心を奪われました。ジャンルはいわゆるミステリィ、ただ殺人のトリックよりもこの少年がなぜ?という心の動きに重点が置かれて(いるはず)ます。すでに映画でストーリーを知ってますが原作が楽しみです。

web KADOKAWA
発見。角川文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »