« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

PRIDE男祭り2004 -SADAME-

 恒例の年末格闘技イベント、今年は昨年より1イベント減ってK-1とPRIDEとなりました。出場選手も試合数もどちらも豪華ですがどちらかと言えば実のPRIDEに魅力ありというところ、
 願望をこめつつ試合予想などをしてみる

第1試合
○美濃輪育久 VS ステファン・レコ●
レコがスタンドの状態でどれだけ粘れるかが勝負の分かれ目、ただそんな心配しなくてもあっさりグランドで極められて終わるんだろうな。小川戦以後のレコ成長度がわからないのが

第3試合
●安生洋二 VS ハイアン・グレイシー○
Uインターを観てた自分としては影の実力者とうたわれる安生の一戦は外せない。されにSADAMEと呼ぶにふさわしい、安生のグレイシーに対する遺恨が前面にでた一戦でもある。はっきり言って、年齢とブランクを考えれば失礼だがハイアンの勝ちは間違いないと思う。ただ、グレイシーとの遺恨を抱えた安生の心を戦いのなかで見たい。

第7試合
○ミルコ・クロコップ VS ケビン・ランデルマン●
 PRIDE GPでの遺恨・リベンジマッチ。ミルコがどれだけグランドへのコンタクトに反応できるかがやはり勝負の分かれ目か。前回のことがあるだけにミルコの準備は万全のはず、グラウンドに行く前にスタンドで勝負が決まる。

第9試合
○五味隆典 VS ジェンス・パルヴァー●
PRIDEライト級王座の布石?武士道で着々と力をつけ、日本人を引っ張ってきた五味には是非勝利をおさめてほしい。

第10試合
●ヴァンダレイ・シウバ VS マーク・ハント○
桜庭戦が流れてしまったがけがの功名か、名カードな予感。グランドになればマーク・ハントに期待するものはないが、スタンド勝負となればこれまでPRIDE不敗のシウバがマットに沈むこともあるかも。シウバがどれだけスタンドに付き合うかどうかが勝負の分かれ目か

PRIDEヘビー級タイトルマッチ
●エメリヤーエンコ・ヒョードル VS アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○
前回のGPを見た限りではノゲイラの攻めがヒョードルのパワーよりも勝っていた感がある。この一戦に一発はない。スピニングチョークを含めて奥の手をまだまだ出し切ってないノゲイラ、ヒョードルはどれだけノゲイラの体力を削っていけるだろう?

 『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』は自分としてはカード的に魅力がない。見たいカードはからくりテレビのボビーと久々に見た感がある宇野薫くらい。
 され、どうなることやら

PRIDE Official WebSite
K-1 Official WebSite

PRIDE2004男祭り-SADAME- 速報
K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!! 速報

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今泉で飲む日々

キンキ鍋
 年末年始で帰郷。友人たちと今泉にある『しゃかりき』で飲む。

 入り口は籠でおおわれたなんとも不思議な感じ。店内はほぼ個室でゆったりとできる。
 キンキ鍋コースをいただく。鍋に刺身と鶏の炭火焼きが付いてくる。値段の割にはなかなかのボリューム。鍋はちゃんこ風、キンキのほかには白菜、しいたけ、豆腐など一通りの鍋の具材がてんこ盛になっていて味のほうも美味しい。お酒は日本酒、焼酎とあり種類も豊富に揃っている。泡盛もあり、「菊の露」が置いてあるのはポイントが高い。大人数には向かないが、カップルとか少人数で行くにはちょうどよい場所です。

 福岡を離れて数年経つが薬院や今泉方面に飲食店や雑貨屋が増えてきたような気がする。どの店もとても若くて雰囲気の良い店ばかり、福岡に住んでいたらいろんな店に寄ってみたいなぁ。

彩魚酒料 博多 しゃかりき

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Webシネマ

Webシネマをいろいろと探してみた

日産TIDA DUAL FEEL
TIDA発売に合わせてYahoo!Japanとのコラボレーションで作られたプロモーションWebドラマ。小西真奈美とCharが実名で登場し、Yahooオークションで出品したギターをめぐるエピソードが繰り広げられる。3話構成で1、2話は小西編とChar編の2部構成で公開。
http://www2.nissan.co.jp/TIIDA/DUALFEEL/

日産NOTE ヒトリナフタリ
TIDAに続きNOTE発売に合わせてまたもやYahoo!Japanとのコラボレーションで作られたWebドラマ。工藤官九郎主演、12/29より公開。
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/CINEMA/

ASAHI
SUPER DRY FILMS
まだ、観てないので引用

 1987年の発売以来、スーパードライは「挑戦するブランド」として「前向きな気持ち」や「夢に向かって挑戦する情熱」を応援すべく、音楽やスポーツをはじめとしたさまざまな活動を展開してまいりました。 そして、今回、皆様に「夢」「勇気」「元気」を提供するような映画をつくりたい、 また、そんな映画をつくりたいという有能な若手クリエーターを応援していきたいという想いから「THE SUPER DRY FILMS」 プロジェクトへの挑戦を開始いたしました。

現在までに3話を公開。3話目には柏原崇、石橋凌が出演。
http://www.asahibeer.co.jp/superdry-films/flash/

ネットシネマ
http://www.netcinema.tv/
常時いろんなWebシネマを公開。今は「クリスマスイブ[http://eve.netcinema.tv/]」なんぞを公開中。

もうひとつの恋文日和 ~郵便屋の恋~
http://bb.goo.ne.jp/special/koibumi/
映画「恋文日和[http://www.koibumi.jp/]」のサイドストーリー

などなど
探せばまだまだいろいろありそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »