« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

福岡西方沖地震

 朝、起きてテレビをつけて一番に飛び込んできたニュースが福岡と佐賀の地震のニュース。 まさに地元が被災地になっていて驚いた。そもそも九州に住んでいた二十数年。体に感じる地震なんて2、3度あったかなかったか、関東とは違ってかなり地震とは無縁の土地なはずなのに....。
 とりあえず、実家に電話をしてみるものの地震のためか全くつながらない。テレビから流れてくる映像はところどころ壊れた街ばかりで心配をあおってくれる。

 他の連絡方法はないかと友人を含めて何人かにiモードでメールしてみると早いレスポンスがあった。インフラが生きていれば携帯とかのメールのほうが早く連絡を取れるかもしれない。
 連絡の結果、みんなでかい地震でびっくりしたみたいだけど大事にいたるほどのことはなかったようで一安心した。

 最近、大きな規模の地震が多い。次はやっぱり関東?

福岡県西方沖で発生した地震について(気象庁)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート 3.13名古屋大会 vol.2

 後半戦。

第六試合
○YOSSINO VS PSYCHO●

 これまで戦ったことがないこともあってか、YOSSINOの動きがことごとく切り返される。PSYCHOはかなりの実力者か、どちらかといえば終始押しているのはPSYCHO。だが、ハイフライバムをかわしたすきにアナザースペースでフォール。
 他団体との試合ってのもたまには面白いかも

第七試合
●ダニエル三島 VS 土井成樹○

 三島が積極的な攻めをみせる、ほぼ五分の展開。
 だが、悪夢が....。トペを敢行した三島にリング外から土井がイスを叩きつけた。イスをエプロン付近で受けた三島はそのままバランスを崩して頭から場外へ落下。かなり危ない角度で転落、しかも床にはマットがない。土井も固まっている。動かない三島に岩佐やレフリーが駆け寄る。
 で、結果的にはちゃんと意識はあったものの後頭部からの出血があったためレフリーストップで土井の勝利。

 会場からは土井と試合結果に対するブーイングでかなり険悪な空気に....。CIMAもマイクで取り繕おうとするが収拾がつきそうになく次の試合へ(頑張れいっちゃん)

第八試合
●ストーカー市川 VS X(斎藤彰俊)○

 今回のXは死神・斎藤彰俊。ダークエージェントの残りの二人井上雅央、杉浦貴を引き連れて登場。
 怒ると怖い斎藤彰俊だが今日ばかりは優しい死神に、しめは後頭部に豪快なハイキック一発でフォール。のびてる市川にダークエージェントステッカーを貼りまくられてました。

第九試合
●マグナムTOKYO、アンソニー・W・森、B×Bハルク
VS
CIMA、ドン・フジイ、鷹木信悟○

 この試合のみどころはやはりデビューしたばかりのB×Bハルク。軽快なムーブが印象的。闘龍門X以降の選手は動きに軽快さが多い選手が目立つ。切り返しにしても攻撃にしても最近のドラゴンゲートでは見てないムーブばかり、今後が期待できそう。
 試合は、鷹木がラストファルコニーでハルクをフォール。

 終了後、のびているハルクに対してCIMAがイスで襲撃するが、マイケル岩佐が登場しCIMAに対してアックスボンバーで救出。この遺恨は今後に引きずるか?

第十試合 ブレイブゲート王座決定戦
●YOSSINO VS 土井成樹○

 本日三戦目ともあって序盤から総力戦になった。ドイ555、ばかたれスライディングキック、ソルナシエンテ、アナザースペース全てを出し切ってもなかなか決着はつかない。お互いに出し尽くしてはいたもののラストはばかたれスライディングキックの連発で土井がフォール。初代ブレイブゲート王者に。

 ベルトを巻いて、土井のマイク。「自分が作ったベルトを人に巻かれてくやしくないか」とクネスと吉野を挑発。クネスはベルト奪還を宣言するとともに吉野と共闘を示唆。吉野はイタコネから移るのか?
 さらに、土井から次期挑戦者として三島を指名。神田本部長は三島の怪我の状況をみて結論を出すらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート 3.13名古屋大会 vol.1

 ドラゴンゲート3.13名古屋大会をPPVにて観戦。
 ブレイブゲート王座を決めるワンナイトトーナメントあり、ストーカー市川と大物Xとの対戦あり、そして王子とマグナムの意味深な動きありと盛りだくさんな大会だけに期待大。
 本日のカードは以下のとおり

第一試合
○YOSSINO VS K-ness.●

 序盤からお互いに青き光、ソルナシエンテを出していく、技巧派ならではの高レベルな切り返しの攻防が続く。中盤からクネスは肩を、吉野は足を狙われる持久戦の様相。一回戦からかなりの総力戦になったが最後は押さえ込みの展開からYOSSINOがフォール。この二人だからできる一試合目からの熱い試合でした。

第二試合
●谷嵜なおき VS PSYCHO○

 PSYCHOは初見。終始、PSYCHOが押し気味で谷嵜いいとこなし。谷嵜どうしたんだろう?
 最後はハイフライバム(スワンダイブ式トぺ・アトミコ)からフォール。

 負けたらやめると言っていた谷嵜。リングに一礼して塩らしく退場。どうした?らしくないぞ??

第三試合
○土井成樹 VS スペルシーサー●

 シーサーは相変わらず動きもいいが勢いに勝る土井のほうが一枚上手か。いい攻防のさなか、ブラッドジェネレーションがリングに乱入し、試合はノーコンテストに。神田本部長ブチ切れてました。
 トーナメントということで再試合に。シーサーはヨシタニックを決めるもまたもセコンドの介入でカウントできず、動揺するシーサーにドイ555からばかたれスライディングキックでフォール。

第四試合
ダニエル三島 VS 堀口元気

 余裕を見せる堀口、対して攻め込まれる三島が意地をみせるといった攻防。油断をみせた堀口に三島の新技・ダニ☆エ~ルが決まりフォール。

第五試合
しゃちほこマシーン、ドラゴンキッド、斎藤了
VS
新井健一郎、横須賀享、望月成晃

 名古屋大会ということでしゃちほこマシーンが登場。いつぶりだろう?
 M2Kはしゃちほこ狙い!いたぶるが、しゃちほこの受けもいい。ドラゴンキッドとのしゃちほこクラッチもみせてくれた。かなりの大活躍、最後はなんと望月がツイスターでしゃちほこをフォール。しゃちほこにツイスター使うか?活躍したしゃちほこへのご褒美ってとこでしょうか?
 会場はしゃちほこのおかげでかなりわいたようで、最後のマスクで望月からベルトに挑戦するか?との一言あり、もちろん丁寧に断ってました。ドラゴンゲートらしいいい試合だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本プロレス 3.12新木場大会

 『HOLD OUT TOUR 2005』の開幕戦である新木場大会に行ってきました。小島が3冠とIWGPのダブルタイトルをとり、川田がフリー宣言をして初のシリーズ。開幕戦に期待が高まります。

 で、楽しみにしてたんですが、なぜか土曜なのに仕事が長引き遅刻。着いたときにはメインが始まる直前でした....。ホントはセミのRO&Dとブードゥーマーダーズが観たかった。久々にTARUや近藤修司のムーブを楽しみにしてたのに!でも、しゃぁないか、メイン観れただけでもよしとしよう。

メイン
小島 聡、雷陣 明
VS
本間朋晃、諏訪間幸平

 個人的には雷陣選手は初めて観ました。中盤の本間との頭突き合戦(というか雷陣が一方的でしたが)がかなり印象的。鈍い音が会場内に響き渡ってかなりわきました。とはいってもラストは王者である小島がラリアットから貫禄のフォール。

 試合終了後に中邑真輔が登場。小島に対戦をアピール。小島は新日を説得できるんなら受けてやると
 でも、両国で挑戦者決定トーナメントやるんですよね。それに勝たなきゃ意味ないんじゃ....


 初の新木場1stRINGでした。小さな小屋ですがそのぶん選手との距離感が近くていい会場ですね。
 次は格闘美でも観に行きますか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々

 新宿のざうおで飲む
 ここは店の中央にでっかいいけすが用意してあって、飲みながら釣りが楽しめる。さらに釣った魚はその場で調理してくれるというお店。釣竿をもった酔いどれの客が右往左往するはっちゃけた店内が面白い。
 とりあえずビールはキリン(一番搾り?)、焼酎は芋、米、麦といろいろ揃えてあるがオリジナルって書いてあって銘柄は不明、結構あやしくて悪酔いしそう。

 さて、料理はどうでもいいけどとりあえず釣り!ざうおにきたなら釣らなきゃ意味がない!ってことで、いけすに向かって糸をたらすこと30分。釣れない....

 釣れないよ!
 食いついてくれないよ!
 カモン魚ちゃん!

 ....、魚に媚を売り始めたところで酔いもさめてきたので釣るのは諦めた。次回があればリベンジするよ~


釣船茶屋 ざうお
釣船茶屋 ざうお 新宿店(ぐるなび)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »