« 六本木ヒルズ、散歩、展望台 | トップページ | 銀座で飲む日々 »

週刊日本の伝説を旅する

 今では、いろんな出版社からでている一週間に一冊ずつでる『週刊***』シリーズ。
 世界文化社から発売されている『週刊 日本の伝説を旅する』はその土地で語り継がれる伝説とその伝説にまつわる観光名所の紹介などが掲載されており、題名のとおり伝説を旅するをコンセプトとした旅行ガイドブックになっている。

 今週発売された20号は『佐賀・長崎』ということで、ふるさと唐津の悲恋伝説・松浦佐用姫が掲載されている。

 地元にいた頃は鏡山に足跡が残っているとか、涙を流して石になったという佐用姫岩で遊んだりとか、断片に触れるばかりで特に詳細を気にすることはなかった。
 本の中では、歴史に基づいて考えると石と化したという部分がいかにも伝説的な部分だが、悲恋物語としての部分だけをみれば史実ととれることもあるという。都会から来た若者と地元の豪族の娘がかなわぬ恋に身をまかせるなんてのはロマンチックな話です。大昔に唐津でそういうことが起きたと

 個人的な興味はそれがなぜ伝説として語りつがれたのか、
 足跡や佐用姫岩として語り継がれるようになった所以はいったいなんなんだろう?この本にはそこまで記載されてないけど、そこを掘り下げるともっと唐津がわかるのかもしれない

週刊日本の伝説を旅する(世界文化社)

|

« 六本木ヒルズ、散歩、展望台 | トップページ | 銀座で飲む日々 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

奥が深いお話ですね。
故郷にもかかわらず知らないことが多かったりします。
もっともっと掘り下げて考えると思わぬ再発見ができそうですよね!

投稿: かえ | 2005/07/04 21:48

そうなんです、地元のことでもいろいろと知らないことばかり....
くんちの話とかも掘り下げるときっといろいろでてくるんだろうなぁ。おくんちテレビが観たい。

投稿: dktalk | 2005/07/06 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/4815040

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊日本の伝説を旅する:

« 六本木ヒルズ、散歩、展望台 | トップページ | 銀座で飲む日々 »