« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

月島で飲む日々

 会社の有志と月島の『味泉』で飲む。

 魚と日本酒がおいしい居酒屋。実は隠れた名店としての呼び声も高い。
 きんめ鯛のかまなんぞをつまみながら久しぶりに日本酒を飲む。さすが、日本酒の店と自称するだけあって、銘柄が豊富。お店の人に辛口でくせが強いお酒を頼むと『強力』を進められたので飲む。久々に飲む日本酒はまた美味い。そして、きんめ鯛が美味い。
 東京は魚がおいしい店を見つけるのが難しいけど、ここはオススメ。店が小さいので予約しなければ入れなさそう。

 日本酒でほろよいになったところで、『atelier bar tin(アトリエバーティン)』へ。
 小さいながらも今日も客がいっぱいな立ち飲み屋。
 雰囲気も変わりまったりと飲む。ビールを頼むとすずの容器に入ってくる。これがまた良い。

 今日も終電で我が家へ

味泉(東京フードページ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々

0509281
 月に一度の定例地元飲みで新宿の焼き鳥屋『そして・・・はなまる』へ。

 靖国通りの交差点にあるこじんまりとしたお店。ちょいと窮屈だけど飲み屋でみんなと美味い酒を飲むのに必要な密着感あり(せまいけどいい感じってこと)。
 瓶で頼んだエビスを飲みつつ、焼き鳥をつまむ。ナンコツ、砂肝、ししとうなどなど、塩でいただく。おすすめの『イカ肝ネギ炒め』が美味い、酒によくあう。なんとなく日本酒のような気分だったけど、いつものように黒霧島をボトルでいただく。塩気たっぷりの肴をつまむと自然と酒がすすむ。

 焼き鳥屋といえば、上京してからいろんな意味で驚いたことがある。
 まず、キャベツがない。地元だと大皿にキャベツが敷かれててその上に串がのってくる。焼き鳥がないときはこのキャベツがいいツマミ変わりになったりするけど、こっちだと串だけが運ばれてきてちょっと寂しい感じ。
 それから、こっちでは串が高いのか、運ばれてきた焼き鳥を串から外して食べることが多い。でも、焼き鳥はやっぱ串でがっつり食べたい!

 ということで、今回は串でがっつり食べる。やっぱり、これだよ、これ。


 さて、ほどほどに食べて、終電に間に合わなかったので三丁目の『どん底』へ。
 いつものようにズブロッカのストレートとビールチェイサーでまったり過ごす。0時過ぎのちょっとだけひと気のないバーの雰囲気が良い。

 帰れないので、今日も漫喫で満喫。

そして...はなまる(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋でちょい飲み巡り

0509222
 会社帰りにサラリーマンのメッカ・新橋で飲む。

 立ち飲み屋『豚娘(とんこ)』へ。
 JR新橋駅からちょっとばかり歩いたところにあり、店内はカウンターと小さなテーブル席がいくつかあるだけのお店。豚を使った串など、ちょっとした肴が目立つ。ミミガーを頼んでビールで一杯やる。店員さんは全員女性。小さいながら繁盛してて、威勢良く切り盛りする姿は好感が持てる。賑やかでアットホームな感じ。ちょっと遅かったこともあって煮込みが終了してた、残念。ビールをもう2、3杯飲んで店をでる。
 立ち飲み屋だけに安くて気軽に飲めるいい店でした。

 その後は、串揚げの店『笑食酒処 くし家』へ。
 新橋駅へ戻りながら、ちょっと高架下まで足をのばすとあるこちらも小さなお店。店先までテーブルがでててこちらもちょっと賑やか、どちらかというと若い人が多い。
 メニューは串揚げがメイン。長ねぎやししとうなどあっさりめをいただく。バナナの串揚げなど珍味もいくつかる。頼んでみたけど芋っぽい感じだった。酒の肴じゃないな....。
 お通しにキャベツがでてくるのが嬉しい。ビールと芋焼酎を飲んで今日は帰宅。

 こういうお店が近くに欲しいな。

豚娘
笑食酒処 くし家(ぐるナビ)

0509221
 さて、今回行った店はこの本を参考に行ってみた。他にも気軽に飲める立ち飲み屋が盛りだくさん。次は会社帰りに銀座辺りに行ってみるつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリーオフィスが始まる

0509201
 今日から働いている職場で施策的、実験的な立場のもとフリーオフィスが開始された。
 フリーオフィスは、職場に固定の席がなく、毎日好きな場所で仕事をすることができる俗にいう次世代オフィスというもの。ワークスタイルの変革だとか、コミュニケーションの新しい形だとか言われている。
 固定の席がないので、パソコンは皆ノートPCを持ち歩き、ネットワークは無線LAN、電話はソフトウェアフォン(IP電話)を使用している。インフラが整っていればどこにいても仕事ができる仕組みになっている。もちろん、所定の部屋の中にはいなきゃいけなくて、部屋には長机がいくつか配置されている。今の職場は大学の学食が堅くなったようなイメージになっている。

 さらにフリーオフィスに伴って、オフィスのペーパレス化も実施せよとのお達しがでた。
 実現できそうで、できないペーパレス。パソコンが売れ出したときも文書は電子化されて紙がなくなると謳われたけど、結局はマニュアルだらけになったり、文書を紙に打ち出したりで返って増えているような気がする。現にこれまでも、打合せの度に配られる紙、送られてくるドキュメントを印刷した紙などなど、机の周りは紙ですっかり囲まれているわけで、旧態依然としたオフィスの脱却という観点から見ればペーパレスはかなり急務かもしれない。
 それで、先週はフリーオフィス化のために紙の束を捨てる作業で四苦八苦した。とにかく捨てるしかない。ただ、あらためて整理してみるとホントに必要な紙なんて1/4ほどにも満たない(もっと少ないかも)。こういう、整理不精が仕事の効率を悪くしていると言われるのもうなずける。

 ちなみにペーパレスでは尺度としてA4ファイルを重ねた厚さが単位として使われる。某社の事例では、一人当たりの書類量が3ファイルメートルあったものをペーパレス化で0.4ファイルメートルにしたらしい。きっとどこのオフィスも同じようなことになってそう。

 さて、フリーオフィス当日。最初からうまくいくはずもなく、誰がどこにいるのかわからずに電話を取った人が右往左往する光景もあった、でも思ったより意外にすんなりとみんな収まっている。特に不自由も感じられない。変更によるメリットデメリットもそこまで大きくは感じない。

 もともとの始まる前のフリーオフィスの評判はよろしくなくて、フリーにしても固定な席になったり、気の合うもの同士で固まったりするんじゃないかという声もあったけどそういう否定的な意見はきっとこれからわかるはず。新しい取り組みという観点で自分は賛成してます。
 何かしら想像してないメリットも見えてくるんじゃないかと思う。さて、来週、1ヶ月後はいったいどうなることやらちょっと楽しみでもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三連休、新宿御苑、どん底

0509191
 三連休の最終日。給料日前で財布が寂しいのがきついところ、でもせっかくの休みなのでぶらりと新宿へでかける。

 すでに昼過ぎ、天気がいいので新宿御苑へ。看板と緑を頼りに向かう、というかホントに緑に向かって行くと新宿御苑の新宿門にたどり着いた。入場料は200円。しかも、閉園時間は16時半とのこと。着いた時間は15時半頃だったけど、入ってみる。

 中に入れば、うっそうとした樹々とうるさいほどのせみの声。そして、広大な芝生。初の新宿御苑だっただけに都会の真ん中にこれだけ爽快な広場があるのに驚いた。まさに都会のオアシスという名は伊達じゃない。

 木陰にはカップルや家族連れが大勢休んでいる。今日は風もあって涼しいし、公園でくつろぐには絶好の日。もっと早く来ればよかった。
 周りの景色を眺めながらしばらく歩いて、適当な木陰でのんびりとしてみる。

 こういうとこにいると、ビール片手に日がな文庫本を読みふけるような休日にあこがれる。(でも、新宿御苑はアルコール禁止だとさ。)


 さて、あっという間に閉園時間を過ぎ、御苑からは追い出された。今度、ゆっくりとまた来よう。


 その後、またぶらぶらと新宿を歩く。大通りには大道芸をする外人と群がる人々with自分。外人はやけに日本語がなれなれしく言葉遣いがかなり失礼。ボビーの影響だろうか?あそこまで流暢に失礼な言葉を使われるとはっきり言ってひく。(ちょっと客も冷めてたし...。)
 結局、メインの芸をやる前におまわりさんがきてあえなく解散になった。次回、頑張れよ~。


 そのままぶらぶらしてて、いい時間になったので適当に見つけた『かくれがバー ぞんぶん』にて飲む。個室とカウンター席がある店内。今日はカウンターを選んでみる。
 席に案内されて驚いたがホントにカウンター飲みの席。バーテンがいるわけでもなく、オープンキッチンなわけでもなく。カウンターのみ。ちょっと新しいかも??

 食事は普通。珍しい焼酎が並んでいたのでちょっといただく。海藻とごぼうを飲んだけど素材の味が強く出る場合はやっぱ材料を選んだほうがいい。前に北海道行ったとき、ジャガイモ焼酎を飲んだけど青臭くてダメだった。これらもそんな感じ。慣れると美味いかもしれないけど、今回だけじゃムリだな。
 結局、安定した芋を飲んでシメ。


 適度にほろ酔いになったところで、新宿三丁目にあるバー『どん底』へ。以前に名前に惹かれて思わず入った店。昭和っぽいアンティークな空間が良い。
 とりあえず、2件目なので、ビールをチェイサーにズブロッカを飲む。シャンディガフを頼んだところで財布は空に...。今日のところはこれで帰宅。
 新宿で最後に寄る店はココが一番かな。

新宿御苑へようこそ
かくれがバー ぞんぶん 中央口店(ぐるナビ)
どん底

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『τになるまで待って』読了

0509181
 森博嗣氏の新作『τになるまで待って』を読了。

 人里離れた森林の中に建つ「伽羅離館」で起こる密室殺人。犯人は?トリックは?τはなにを指すのか?

 一風変わった建築物で起こる殺人事件。森氏の得意技?ホントは登場人物のドラマよりも書きたい内容じゃないのかなと思う。「笑わない数学者」とか「捩れ屋敷の利鈍」で登場する建物に匹敵する変哲な建造物・伽羅離館での殺人事件。でも、風味は「封印再度」っぽい。

 Gシリーズを読んでると自分が何を欲してるのかわからなくなる。ミステリを読みたいのか、森的な哲学を読みたいのか、萌絵が読みたいのか...。今回はどこにも触れなかったな。建物に関する考察とか面白い、知ってるとこの本の面白さがでてくるのかもしれない。
 今回のτはGシリーズという大きな枠の中の一場面という感じ、τという事件よりかは裏で動いている大きな流れを意識させるための一冊だった。いったいGシリーズで何をしようというのか....。ある意味、目が離せん。

| | コメント (4) | トラックバック (6)

門前仲町で飲む日々

0509171
 職場のフロアレイアウトが変わるってことで、ほぼ定時で退社。定時退社なんていつぶりだろ??帰りに門仲で飲んでる職場の方々に乱入。『こぞう』にて飲む。

 ちょっと裏通りにあって門仲、深川の飲み屋街からも離れた場所にある。ふらっとよったくらいじゃ見つからないような場所。中に入るとちょっとこじんまりとしたスペースだけど、さっぱりとした和の空間。料理は居酒屋の定番が揃ってるけどどれも何か一工夫があって、どれも美味い。
 お酒は焼酎、泡盛あり、ラインナップも豊富。今日は菊の露があったのでボトルでいただく。ここのボトルは菊の露の古酒だった。いい品揃えです。

 みんなに菊の露を振舞ってみたものの、実は水割りを作るのが下手ってことが発覚。やっぱ、ロックか生で飲むのが一番美味いからそういう飲みしないもんなぁ....。といいつつ、結局ロックを飲ませる。


 さて、なぜか野郎ばかりが集まってしまい『男祭り』と題された飲みは『昭和』について語らう場になった。「平成の色男って呼ばれるよりかは昭和の色男って呼ばれたいよね。」って言葉に妙に納得。でも、色男って呼ばれるのはどうよ....。
 昭和っていぶし銀的な雰囲気がしてすごくいい言葉だと思う、肩書きがつけるなら昭和のなにがしとか昭和最後のなにがしって付くとなんかいい。というか、いい大人がもっと他に話題ないんかいっ!


和憩団欒房 こぞう(ぐるナビ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クールビズやめた

 今日も普通に寝苦しい夜だったけど、朝の感じが涼しくてちょっとネクタイが恋しくなってきた。
 ノータイ始めて2ヶ月ほど、社内では完全に定着している。新入社員でさえもノータイが普通、彼らは学生あがってすぐなので若さで一段とカジュアルさが光る。
 さて、まだまだ暑い日々が続くけれども、クールビズ=ノータイは今日でやめた。この一ヶ月でたるんだ気持ちはきっと首筋の引き締め具合が足りなかったからだ、たぶん。僕らの七日間戦争でも、「服装の乱れは心の乱れ」って言ってたしなぁ。

 まぁ、そんなことは実はちょっとでも考えなかった。今朝方、着替えながらフト、「ネクタイの結び方忘れてないよなぁ~」となんとなく考えたわけだ。いつもやってるはずのことがある日突然できなくなったり、そんな不安を払拭するために今日からネクタイを締めて、クールビズは捨てた。
 ただ、ネクタイがあってもなくても今日の生活も仕事の気持ちもいつもとたいして変わらなかった。そんなもんだ、きっと。

 冬からはウォームビズらしい。ただの厚着?
 日本人にスリーピースはきっと似合わないと思うけど....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衆院選、スコール、テレビ

 遅く起きた日曜日、最近なんだかだるくて寝床からでるのがキツい。
 起き上がってカーテンを開ける。すでに日はさんさんと刺してくる。とりあえず、布団を干す。
 洗濯カゴの洗濯物をまとめてスポーツバックにつっこんで近くのコインランドリーへ。通り道にある投票所には人がちらほら、風船をもったちびっこもいる。出足はどうなんだろう?
 コインランドリーの洗濯機に洗濯物をつっこんで、ひとまず家に帰る。お金をおろしに外に出たついでに昼メシを買って帰る。テレビを見ながらカップ麺をすする。そろそろ、終わった洗濯物をみにまたコインランドリーへ。
 洗濯は完了。そのまま乾燥機に放り込む。

 帰りがけに投票所へ。

 昼下がり、人は結構まばら。こういうときにしかこない公民館の中には地域の情報が張り巡らされている。イベントの告知やサークルの紹介等など、気付かなかった。上京して一人暮らし、数年経つのに地域との交流はあまり意識してなかった。

 投票。いつもと変わらない風景。

 家に帰ってからしばらくすると雲行きがあやしくなってきたので布団を取り込む。その勢いでちょっと外に出かける。同じくらいにカミナリとともにスコールのような大雨。

 適当にぶらぶら。

 家に帰ってテレビをつけるとなぜか映りがすごくわるくなっていた。画面中、砂嵐。さっきの大雨のせい?


 現在のテレビは選挙報道一色。
 テレビの出口調査は自民党の圧勝。ある意味、首相は背水の陣でもあるわけだ。
 劇場的な今回の選挙が茶番なのか歴史の瞬間なのかはたぶん自分らの子供の代が決めることになるだろう、そしてその影響を受けるのも。今回はそのための一票を投じたつもり。

 とりあえず、今日は普通の日曜日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サンポー 焼豚ヤキソバ

0509091
 会社のすぐ近くのコンビニへ夜食を買いに出かけてみたらなんだか懐かしいパッケージを発見した。

  『サンポー 焼豚ヤキソバ』

 サンポー?!
 サンポーと言えば、九州のペヤングと呼べるほどのメジャーなカップ麺メーカ。(逆に九州人はペヤング知らないよなぁ)
 佐賀とか福岡にいて焼豚ラーメンを食べたことがない人はいないのでは?そんなサンポーのカップ麺がなぜに東京のコンビニに売ってるのかはわからないがとりあえず懐かしくて買ってみた。

 パッケージも懐かしければ、中に入っているしょうがも焼豚ラーメンそのまんま。でも、袋入りの焼豚はなかった。味は九州とんこつ味。ソースでもしおでもなくちょっと新しい感じ。また、あったら買ってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Yahoo!辞書の新語探検に...!

 Yahoo!をみてて驚き!Yahoo!辞書の中にある新語探検に『がばい』を発見した。
 『がばい』は佐賀の方言で『とても』という意味、ギャル語で言えば『超』だ。さらに、唐津だと佐賀の中でもマイナーチェンジして『がば』とか『がっぱ』とかになる。例をだすと

ギャル 「あのこ、チョーむかつく!」
唐津人 「あい、がばむかつく!」

 てな感じ

 さて、この新語探検のもとは『JapanKnowledge』というサイトの亀井肇氏の新語探検なるコラムになる。『がばい』の解説に島田洋七の『佐賀のがばいばーちゃん』が出典されてたので、ベストセラーになってちょっと気になったというところだろう。来春にはこの本が映画が公開されるということで、都会の人々にとってホントに新語として定着したりして!?いやせんだろなぁ。たぶん、『がばい』って江頭2:50の「がっぺむかつく!」を思い出すだろうし....。


 田舎もんが東京にいる窮屈さってやっぱ方言がしゃべれないことが大きいと常々感じる。英語とか日本語とか、場面場面で交わすちょっとした言葉で、ニュアンスに違いがあるように、当然日本語の中にも地域によってうまれるわけでそれが方言なんだろう。だから、何気ないちょっとした言葉が、自分が意識したものとは違う言葉でとらえられたり伝わらなかったりすると何かしらもやもやする。同じ言葉でしゃべれるだけで気心が知れるっていうのはそういうことなんだろうなぁ、と考えてみたり。そして、標準語をしゃべってみるけどもやっぱり何かが違ったりするわけで、どこか自分の自然な言葉を求めているんだろうなぁとしみじみ思う。

 というわけで、別の方が取り上げた方言は外来語のように『新語』として馴染んだり淘汰されたりするんだろうなぁ。

 あぁ、こんなことを書いていたら帰りたくなってきた。

Yahoo!辞書 新語探検
新語探検 『がばい』(JapanKnowledge)
JapanKnowledge
佐賀のがばいばーちゃん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最近読んだ本

 誰かさんに触発されて、久しぶりにプチレビュー。

0509051

『世にも美しい数学入門』 藤原 正彦、小川 洋子 著

 お茶の水大学の現役数学教授である藤原正彦さんと『博士の愛した数式』を書いた小川洋子さんの対談集。藤原正彦さんはエッセイストでもあって、学生時代の留学経験をつづった『若き数学者のアメリカ』はオススメ。この本を読んでから生き方に感銘を受けて思わず他の数冊のエッセイにもすべて読んだ。
 さて、本書は小難しいと苦手意識が先走る数学についてを噛み砕いて詩的に紹介している。
 学生時代にニガテ教科で卒業してから数学のすの字も相手にしてない人には、また違った角度で数学の楽しさが見えてくる良書。

0509052

『僕のなかの壊れていない部分』 白石一文 著

 タイトルと微妙なジャケットを見て思わず買った本。
 中年の男が女性3人と関係を持ちながら人生について自問自答すると言った内容。主人公ははっきり言ってやな性格で、哲学的なのか屁理屈なのかさっぱりわからない。生き方への共感もまったくわかないが、世の中や人生に対する価値観とか人と人とのつながり方だとか、都会で暮らしながらふと湧き上がる何かを触発されるエッセンスが詰まっていると思う。
 現在、この人のデビュー作『一瞬の光』を読書中。これも結構面白い。

0509054
『スローグッドバイ』 石田衣良 著

 いろいろなシチュエーションで始まる恋話がまんさいな一冊。ただ、一話一話が短編なだけにちょっと話がさっぱりしてて、釈然としなかったり...。一編一編が長編にできそうなニッチなストーリーな感じがしただけに中盤に息切れした。でも、最後の短編、「スローグッドバイ」を読むとすべての短編がびしっと引き締まる感じがしてまんざらでもなかったかな。

0509053
『精霊流し』 さだまさし 著

 歌手さだまさしの自伝的な小説。子供時代、学生時代、ミュージシャン時代と様々な時の自分と時代と周囲の人たちを振り返る。そして、全ては故郷の長崎とお盆の精霊流しへと回帰していく。琴線に触れるエピソード集ばかり、涙なしでは読めない。
 次は『解夏』でも読もうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »