« 酒バトン | トップページ | 有楽町で飲む日々 »

空中庭園、鍵がない

 渋谷で久々に映画三昧。
0510271
『空中庭園』

 秘密をもたないことをルールにしている京橋家。だが、夫は浮気中、娘は見知らぬ男と関係をもち、息子は学校をサボっていた。そして、最もルールに固執する母親の絵里子にもある秘密があった。原作は角田光代の同盟小説。

 ユーロスペースにて鑑賞。
 とにかく演出がハデというか大げさというか、そこまでしなくても役者陣の好演があればよさは伝わるんじゃないかと思うんだけど。こういうのがいいのかな?
 主役で母役を演じる小泉今日子が好演。コンビニで娘役の鈴木杏と出会うシーンは秀逸だった。ああいう、裏の顔を隠す怖い笑顔を作れるのはこの人しかいないのかも。でも、一番の功労者は祖母役を演じる大楠道代。かぶいた役柄ながらおかしな家族をまっとうな道に示す。この祖母役の一言一言が映画とキョンキョンの好演に華を沿えた感じ。クセが強い映画だけどオススメ。(★★★★)

0510272
『鍵がない』

 別れた恋人・良介が忘れられない美沙子。ある日、マンションの鍵をなくしてしまった彼女は、良介が合鍵をもっていることを思い出す。美沙子は“もう一度やり直せる”という淡い期待を胸に、良介のもとへ向かう。

 渋谷シネ・ラ・セットにて鑑賞。
 鍵がなくて家に入れないつぐみが一晩さまよいながら、周りの人々のおとぎ話に付き合っていくといった感じ。というわけで、PVに毛が生えたくらいにしか観れなかった。
 ただ、いろんなつぐみを観ることができたのでとりあえず満足。つぐみは最高。(★★)

空中庭園
鍵がない

|

« 酒バトン | トップページ | 有楽町で飲む日々 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うわー!!
ご一緒したかった。
金曜日に行こうかどうしようか迷って、睡眠を選択してしまった。
ユーロスペースは高校時代の友達がバイトしていて、運が良ければただとなる・・・ダイスケ!さんと同じ年のお兄ちゃんがいたはず。
空中庭園は、文庫本で読んでいるから、実写版はどうかとも思うけど、キョンキョンを見たいかも。という感じ。
あれって、立川・多摩あたりが舞台でした??

鍵がないも本を読んだような・・・
最近の邦画ってそんなの多いね。

個人的には今、妻夫木君と竹内結子のがみたい。これも、三島由紀夫だったっけ?

読書にも食欲にも走って秋真っ盛りです。

投稿: かおりん | 2005/10/30 21:05

>かおりんさん
 単館系の映画が好きなのでユーロスペースはよく行きます。なるほど、かおりんさん同伴だと運がよければ?!それは是非ともご一緒したい(笑)
 『空中庭園』の原作は一家四人がそれぞれ一話ずつ登場するんですよね。映画は母=キョンキョンの話をメインで、ってことだったかな?かなり、原作も読みたくなりました。
 舞台は架空のニュータウンといった感じです、多摩なのかな?。なんか、虚像というか、虚空というか、まさに映画にぴったりな場所でした。

 妻夫木&竹内の『春の雪』も観たい。三島作品ってかなりエグい描写やシチュエーションが盛りだくさんなので、あのでさわやかな2人がどんなになるのか...、楽しみだなぁ。

投稿: dktalk | 2005/10/31 13:08

上記2つの映画だけど、福岡では上映してない??ブログを見る限りでは結構興味が湧きますね。。自分も時間があれば映画館へ足運んでますよ。。

投稿: kazu | 2005/10/31 21:01

『空中庭園』は12月から親不孝にあるシネテリエで上映される。『鍵がない』は上映されるか微妙だなぁ。
まぁ、映画を観なくとも原作読んで楽しんでみて、オレはまだ読んでないけどさ

投稿: dktalk | 2005/11/01 01:20

こんにちは。

コメントありがとうございました。

>とにかく演出がハデというか大げさというか、そこまでしなくても役者陣の好演があればよさは伝わるんじゃないかと思うんだけど。

同感です。
あの画面グラグラは、余計じゃないかと思いました・・。

投稿: toe | 2005/12/20 23:45

原作を読んだんですが、あれはあれでありかな?と思ってみたり
でも、ラストの雨はやっぱもうちょい抑えても良さそうですよね

投稿: dktalk | 2005/12/23 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/6701517

この記事へのトラックバック一覧です: 空中庭園、鍵がない:

» 『 空中庭園  』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 空中庭園  』    [ 劇場鑑賞 ] 2004年:日 本  【10月8日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:豊田利晃 脚 本:  〃 原 作:角田光代 「空中庭園」  角田 光代 空中庭園 挿入歌:UA 「この坂道の途中で」 [ ... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 11:12

» 空中庭園を観たよ! [或る日の出来事]
さっき、「空中庭園」を観終わったところ。 なんと小泉今日子さん、大楠道代さん、板尾創路さんの舞台挨拶が! 夢にも思ってなかった。3メートルも離れてなかった! 感激! 小泉さん、にこにこしてて可愛かった! 映画は公開されて初めて完成なんだ、と話した。監督の... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 00:16

» [映画]鍵がない [tuskyのblogってどうよ-2号店-]
2005_52 タイトル:鍵がない 鑑賞日:2005.10.09 場所:渋谷シネ・ラ・セット ジャンル:ヒューマン 配給:スローラーナー 監督・脚本:山田英治 出演:つぐみ 大森南朋 目黒真希 高野八誠 藤真美穂 金剛地武志 光石研 MAGUMI 加藤淳 あらすじ・解説の詳細 美沙子が駅か..... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 00:57

» 空中庭園 [ドリアンいいたい放題]
何事もつつみ隠さず、タブーを作らず、できるだけすべてのことを分かち合う 「家族」をテーマにした作品 予告編を飽きるほど観させておきながら、 なかなか公開しなかった(できなかった?)作品 やっと観てまいりました。 渋谷はとにかく苦手な街! でも、ユーロス... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 01:40

» 『空中庭園』/ユーロスペース [『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』]
空中庭園/ユーロスペース/13:20〜 監督:豊田利晃 原作:角田光代 出演:小泉今日子、鈴木杏、板尾創路、大楠道代、     広田雅裕、國村隼、瑛太、ソニン、永作博美 <簡単あらすじ> 郊外の団地に住む京橋家には、家族に秘密は持たないというルールがあった...... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 15:23

» 空中庭園(映画館) [ひるめし。]
あなたたちがいて、よかった CAST:小泉今日子/板尾創路/鈴木杏/広田雅裕/大楠道代/ソニン/永作博美/國村隼/瑛太/勝地涼 他 ■日本産 114分 「家族の間では秘密をつくらない」がルールの京橋家のお話。 でもみんな本当は秘密を隠し持って「学芸会」の家庭を演じている京橋家。 俳優さんたちの演技が良かったなぁ。 キョンキョンもうお母さん役やる年になっちゃったんだね〜。電話越しに「死ねよ」ってマジ恐いっす。 エロ旦... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 20:51

» 空中庭園 [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:小泉今日子/鈴木杏/板尾創路/広田雅裕/大楠道代/原作:角田光代/脚本、監督:豊田利晃の「空中庭園」を観ました。 ●ストーリー 東京郊外の団地に住む京橋家には、家族に秘密は持たないというルールがあった。 しかし、実際には家族それぞれが秘密を抱えていた。 長女のマナ(鈴木杏)は、イジメが原因で高校に行っておらず、弟のコウ(広田雅裕)も、自分の住む街並みに興味があり、授業をサボリがち。 父親の貴史(板尾創路)も、二人の愛人と不倫中であった。 そして、いつも笑顔..... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 13:10

» 空中庭園 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
何事もつつみ隠さず、タブーを作らず、それが私たち家族の決まり。 「みんなわかってるのに、幸せな家族の役を演じてる。そうや、学芸会や。」 [続きを読む]

受信: 2005/12/04 12:42

» 空中庭園 [toe@cinematiclife]
監督の覚せい剤所持による逮捕というニュースで有名になってしまったこの映画。 私もその事件がきっかけで知ったのだけど、ちょっと気になったので、見に行ってきた。 作品的には、・・そうだなぁ、ちょっと微妙かな。 <STORY> 京橋家は、「家族に秘密がない」ことをモットーにしており、家族同士があらゆることを包み隠さず話すことにしている。 しかし、彼らはそれぞれ秘密を抱えている。 父・貴史(板尾創路)は、... [続きを読む]

受信: 2005/12/14 22:57

» 空中庭園/女王は甦る [マダム・クニコの映画解体新書]
冒頭、古代世界の七不思議の一つ「バビロンの空中庭園」を描いた蛍光灯の傘が、家族の食卓の真上に映し出される。この庭園を作ったのは、偉大にして悪女(堤防を築き、夫を毒殺したといわれる)のセミラミス女王という説がある。本作の主人公の絵里子は、現代のセミラミス女王である。 空中庭園  母に愛されなかったという幼い日のトラウマから逃れられない絵里子。高校時代には不登校を繰り返し、母を殺そうとしたことさえある。その�... [続きを読む]

受信: 2005/12/21 11:12

» NO.135「空中庭園」(日本/豊田利晃監督) [サーカスな日々]
「空中庭園」の角田光代は、 「ウホッホ探検隊」の干刈あがたを、後継している。 角田光代の「空中庭園」が映画化されると聞いたとき、僕はふと、1992年に惜しまれつつ夭折した女流作家干刈あがたの「ウホッホ探検隊」のことを思い出した。この小説は1986年、根岸吉太郎監督で映画化されている。 干刈あがたは1943年生まれ。全共闘運動を体験し、その後ライターとして活動し、純文学作家としてのデヴューは198... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 21:45

» 「空中庭園」何か言葉に出来ないものを形にしようと努力はしたみたい [soramove]
「空中庭園」★★★DVD鑑賞 小泉今日子主演 豊田利晃 監督、2005年 川沿いのマンション、 上層階には大きなベランダがあり、 主人公の家ではたくさんの植物が 育っている。 どういう理由でかは分からないが 面白いと話題になっていた作品を やっと鑑賞。...... [続きを読む]

受信: 2007/05/15 21:03

« 酒バトン | トップページ | 有楽町で飲む日々 »