« 大手町で飲む日々 4日目 | トップページ | いつのまにかウォームビズ »

アジア・フィルム・フェスティバル

0512183
 NHKみんなの広場ふれあいホールで行われている『アジア・フィルム・フェスティバル』へ行ってきました。

 アジア・フィルム・フェスティバルはNHKが隔年で主催している映画祭。アジア各国から招待された地域色豊かな映画が毎回上映されています。今日は韓国映画の『ドント・ルック・バック』を観てきました。

 『ドント・ルック・バック』 韓国/144分
 監督:キム・ヨンナム、出演:
0512182
 15年会ってなかった父親が突然現れてそれを受け入れられないジョンヒ。電話の修理人で盗聴で知った女性に恋をするグヌ。大学院に入っていたため30過ぎて兵役を終えようとしているイノ。3人の若者が自分と社会を見つめるという話。
 不安定な環境に投げ出された人の姿が印象的。特にパート3の話が面白い。20台後半まで普通の生活をしてきたイノが突然日常から切り離され戻ってきた場所の違和感がひしひしと伝わります。


 社会とか地域とか文化とかを背景にした話が他国の映画を観る面白さだと思っています。そういう意味で昨今上映されている韓国映画とは一線を画しているこういう映画のほうが決して一般受けはしないが面白いと思う。

 福岡にいたときはアジアフォーカス福岡映画祭や福岡アジア映画祭など、アジアの玄関口という土地柄なのかアジアに関する映画にふれる機会が多かった。東京はなんでも集まってくるところだけど、なかなか観れる機会が少なくて、こうして久しぶりにアジア映画にふれれて非常に満足でした。

 ちなみにこの映画祭では、上映後に監督とのティーチイン(質疑応答)が用意されており、映画についての質疑応答をすることがでます。この日は、演出として使われていたBGMや電話ボックスについての質問などが行われました。さらにティーチイン後にサイン会があり、監督のキム・ヨンナムさんとジョンヒ役を演じたキム・テウさんのサインをいただきました。

 一つ、驚いたのは入場者がやけに少なかったこと。おかげでゆったりと観れたし、サインも混まずにもらえて良かったんですが、非常にもったいない。宣伝不足でしょうか?
 映画祭は来週一杯まであるようです。当日券も残っていたようなので時間がある方は是非オススメします。


アジア・フィルム・フェスティバル

アジアフォーカス福岡映画祭
福岡アジア映画祭

|

« 大手町で飲む日々 4日目 | トップページ | いつのまにかウォームビズ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/7692827

この記事へのトラックバック一覧です: アジア・フィルム・フェスティバル:

« 大手町で飲む日々 4日目 | トップページ | いつのまにかウォームビズ »