« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

大手町で飲む日々 『大手町 とら八』

 会社帰りに高架下にかまえる『大手町 とら八』へ

 出来て間もない『とら八』があるのは会社への通り道。『やきとん』と書かれた看板が目立つって気になる居酒屋だった。そんな店に後輩達とふらりと入る。

 いたって普通の居酒屋。でも、酒呑みのこころをグッととらえるおつまみが充実!
 煮キャベツみそ、にこみ豆腐、はたはた。どれも美味い。
 キャベツはおつまみの王様です。それを煮て出して店がいくつあることか。そして、モツ煮のように煮た豆腐の美味さは酒と絶妙です(家で作ってみたい)。オレが幹事になったらこの店に決定!
 まぁ、普通の居酒屋だけどおつまみのラインナップがとにかく嬉しい。
 ところで、やきとんってなに?

大手町 とら八(大手町)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

数え年も

 年に一度のお祝いをみんなと分かち合いながら過ごせることや、1年という節目をスタートラインにおけることがきっと素晴らしいことだったのだと思います。
 自分の周りの全てのことに感謝する気持ちを大切にしなければ!

 そんなこんなで、恥ずかしながら、形だけでも、また一歩、大人になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鍋、こんにゃく、白滝

 鍋が恋しい寒い季節。
 そして、鍋に欠かせない名脇役といえばつるりとした食感が特徴の白滝。そんな白滝だけど、鍋にはもう一つそっくりな名脇役がいる。そう、いわずもがな糸こんにゃく
 だけど、この2つが同居する鍋は見たことがない。そもそも、違いってなんだろう?(というしょうもない理由で鍋が盛り上がった)

 調べました。
 こんにゃくは、こんにゃく芋を粉にしたこんにゃく粉を水で溶いて固めたもの。この水で溶いた状態(糊状なのでこんにゃく糊というらしい)から、ところてんのように突いて糸状に作ったものを白滝(関東式の作り方)、固まったこんにゃくを糸状に切ったものが糸こんにゃく(関西式の作り方)と言っていたらしい。
 でも、最近は関東式の作り方が多く関東では白滝、関西ではこんにゃくと呼んでいるとのこと。
 切って固めるか、固めてから切るかだけの違いで結局は同じものでした。
 微妙に太さが違うこともあるらしいので、鍋によって変えてみるのが鍋奉行としてのつとめのようです。すきやき→糸こんにゃく、おでん→糸こんにゃく(結んだやつ)、水炊き→白滝、こりゃ好みの問題だけか....。

 ちなみに、マロニーはでんぷんを同じように固めたものとのことです。


こんにゃくと白滝の違いは?(konnyaku.com)
健康食品こんにゃく(ぜいたく庵)
マロニー株式会社 製品紹介
こんにゃく系サイトは結構豊富みたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月も半ば過ぎ、今日は冬土用

 今日は暦の上で冬土用。うなぎを食べるのが夏の土用、冬の土用は鍋でもつついたほうがいいとかな?そして、今週末の20日は大寒。1年のうちでももっとも寒いと言われるわけですが、今日はほんのり寒さがやわらいだ様子、このまま寒さも一段落してくれると非常に嬉しい。

 さて、長い正月休みをあけて、職場復帰したものの、最初の1週間は久しぶりに悪寒を感じるほどの風邪っぴきに悩まされた。田舎と都会の空気の違いがそうさせるのか、大掃除で片付けきらなかった部屋の荷物の怨念か、とにかくいきなり休むわけにもいかないので、会社へ。年明けからテンション低い立ち上がり。もう、こんな状態なら飲むしかない。酒で体を消毒しながら週末までには何とか復活したものの、なぜか今でもどこか空回り気味。せっかく大吉ひいたのに効果でずに微妙な年明けとなった。まぁ、後11ヶ月あるのでゆっくり挽回すれば良いか。


 今年は『知足』をモットーに、自分を磨ければいい。これから何をすべきかあらためて自分を問い掛ける。


 ついでに、久しぶりにData of BirthのGREATEST HITSを聴いてみた。いいアルバムです。(BGM:Jack's Good-bye/Date of Birth)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新春囃子初めの儀

0601081
 毎年、新春に行われる曳山行事である囃子初め式が行われました。

 囃子初めは新年始まって最初のくんち行事。神社で神事が行われた後、曳山展示場にて曳山囃子保存会による三囃子の奉納が行われました。新年最初のお囃子は心が引き締められます。今年のくんちも安全でありますように、そしていい天気でありますように。

0601082
 さて、今日はお隣の市民会館にて唐津市の成人式も執り行われており、囃子初めが終了する頃に成人式も終了していました。そして、新成人へのお祝いということで中町の青獅子がヤマ小屋からでてお祝いしておりました。新成人の皆さん、おめでとうございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今泉で飲む日々 『雄屋 わさび』

 今泉にて高校時代の友人たちと新年会。『雄屋 わさび』で飲む。

 国体道路を今泉側に入るとひっそりとたたずむお店。店を入ると玄関が待ち構えていて、靴を脱いで店内へ。個室はなくて、広い部屋にテーブルがいくつかならんでいるというシンプルな作り。なんでも、長屋を改装して飲み屋として使っているらしい。
 いろいろと食べたけど、どれも美味しい。特に『つくねの月見焼き』は串じゃなくて鉄板にのってお好み焼きのような形で登場、トロリとした卵の黄身とあって美味い。黒霧のお湯割りがすすみます。

 人気店だけに2時間ほどの時間制になっていて、席を立つことに。もっと飲み食いしたいけど残念でした。
 カウンターもあるのでまったりとするのも良いかも。
 今度は、大名になる1号店へ行ってみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大名で飲む日々 『SyukuR』

 大学時代の友人たちと大名で新年会のため『SyukuR(シュクール)』で飲む。

 昼時はおしゃれなカフェになりそうな店内、店の雰囲気からはちょっとアジアな感じはないけど、女性だけでも気軽に利用できそう。
 ここはアジア家庭料理ということで、沖縄、ベトナム、韓国といろいろなエッセンスを取り入れた料理を提供してくれる。いろんな種類の生春巻がなかなかおいしかった。しかも、いろいろ食べて、飲んでも値段がリーズナブルです。
 コース料理ではジンギスカンやオリジナルの鍋も用意してくれるようです。

SyukuR(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越し、初詣、挨拶まわり

 平成18年も始まりました。今年もよろしくお願いします。

 大晦日は予定通り、格闘ざんまい。実家のテレビにある2画面同時機能を使ってPRIDEとK-1を交互に観る。紅白は今年観なかったなぁ、でも氣志團は良かった。曙、ボビー、小川、吉田がワンナイトカーニバルしてました。ところで、今年の紅白はどっちが勝ったのやら??

 今年のPRIDEもK-1も好カードに見合う好ゲームの連続でした。吉田vs小川、五味vsマッハ、シウバ、ミルコ、アローナ、皆2006へつながる幕間も含めたいい興行でした。特に、爆笑宣言で入場し、ハッスルで去った小川に拍手。

0601011
 さて、明けて元旦。唐津神社へ初詣に。
 市内は人気がない唐津ですが、神社は人でごったがえしてました。今年もいい年でありますように。
 今年最初にひいたおみくじは幸か不幸か大吉でした。幸先の良いスタートということにします。

 午後からは親戚の家へ挨拶まわり。
 最近、行く家にちびっこが増えてきた。甥っ子も合わせてちびっこが家中を走りまわる光景を目にする年になったんだなぁとしみじみと実感。そして、財布からちょっとずつお金がなくなっていくとこも実感。ただ、ちょっと嬉しい。そして、正月の飲みはまだまだつづく....。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »