« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

日の出桟橋、プラネタリウム、夜景

 雨の日曜日。

 日の出桟橋からお台場へ向かう。ぐずついた天気の中、水上バスは進む。
 水上バスは他にも浅草行きや葛西行きなどある。たまの休みに気分を変えて船で旅するのもまたいい。でも、天気がいい日がおすすめ。

 お台場へついて、ソニー・エクスプローラサイエンスに行く。ここは、体験できる科学館として、最新技術を使った道具や科学技術を体験できる道具が並ぶ。大人も楽しめる道具がいろいろある。特に影が壁に残ってしまう『シャドウボックス』がおすすめ、ちょっと感動。

 さて、ここの目玉コンテンツの一つがプラネタリウム。違いがわかる男・大平貴之氏がプロデュースしたプラネタリウムが体験できる。
 自分は初体験のプラネタリウム、想像するに星が映し出されて、星座の説明なんかがナレーションで流れるのか?(オレが違いがわからない....。)

 プラネタリウムの中では、日本の冬の星空が投影される。東京でも、ましてや唐津でもみれない満天の星空が素晴らしい。そして、南の島へ、北の山へと様々な星空が投影される。
 星座の説明は特になしでした。でも、音と香り?で楽しませてくれます。香りは微妙にわからなかった。花粉の時期はさらに楽しめるように注意しましょう。

 夜も更けると夜景が見える。雨でガスっていた景色も、夜になればレインボーブリッジや、東京タワーの明かりが映えていい感じに。たまに行くお台場も良いですね。


東京 水上バス
ソニー・エクスプローラサイエンス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート 2.24 後楽園ホール大会

 PPVにて観戦。後楽園&PPVだけにタイトルマッチあり、サプライズありで大荒れの大会になった。今日のラインナップは、ブレイブゲート王座決定リーグ、フジイ・神田の遺恨?マッチ、ドリームゲート選手権試合の3本立て。とりあえず、感想のみ。

第3~5試合 オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定リーグ戦
●トザワ VS スペル・シーサー○
○谷嵜なおき VS ドラゴン・キッド●
△吉野正人 VS 土井成樹△

 DGでカツオとトザワをどうしたいのかわからん。最近はいろんな技を使うようになたトザワだけど、べたべたのルチャをやらせるよりは、最近のWAR的なガチンコ路線に走ったほうがいいんじゃなかろうか?シーサーの試合巧者ぶりは観てて楽しい。

 谷嵜・キッド戦はラストがひやひや。場外のイスの上でインプラントやって、キッドが担架で運ばれてしまった。揉みあううちに抜いた刀を収めることが出来なかった感じ。
 谷嵜のラフファイトはDGらしさがなくてとてもよい、特に斉了に諭されてたりするところが(笑)ただ付き合うほうは考えないと、危険だよな。キッドの無事を祈ります。

 吉野・土井戦は言うことなし。スピードもパワーもテクニックもリーグ戦の選手たちの中で一つ上をいっている。久々に見たソル・ナシエンテは相変わらず見事でした。そんな吉野に触発されて、土井もゴールデングラブを出すかな?と思ったがカンパーナ止まり。なんだろうこの流れは....原点回帰、合流?

第4試合
○CIMA、ドン・フジイ VS 望月成晃、横須賀享●

 なぜか、神田に絡んでくるドン・フジイその遺恨清算マッチ?として、オリジナルM2Kの望月・横須賀が対戦。レフェリーはもちろん神田が担当。

 CIMAとフジイは入場するなり神田にいちゃもんをつける。そして乱闘、神田は負傷し奥へ。望月と横須賀が流れ込み、そのまま試合開始。レフェリーは急遽、八木に変更。

 試合は、バチバチあり、テクニックありの展開。コーナからのパワーボム+のど輪エルボーの連携とか、ツイスターで持ち上げて享にパスして横須賀カッターなどなど、相変わらず連携の妙が冴える。

 終盤は選手たちが入り乱れる展開、これなら奥に引っ込んだ神田がでてきて、下克上エルボーを一発かまして終わりかな?と思っていたらなんとあっけなくナイスジャーマンでフジイが望月をフォール。お客さんもちょっとあっけにとられた感じだった。

 しかし、サプライズはこの後に。M2K時代の格好をした神田が登場(もちろん頭は怒髪天)。フジイにブルーボックスをお見舞いする。オリジナルM2Kとしてブラッドへの対戦要求。岡村社長がでてきた次回のPPVで対戦決定。

 次回の1回限定だけど復帰決定とのこと。え、復帰?なんでいまさら....。
 でもちょっと嬉しい。享との連携は是非とも観たい。ただ、首に爆弾を抱えた上での引退だったこともあって、首が大丈夫なのかホントに心配。どっちかというと対戦相手のほうがやりにくいだろうに....。

 さらに言うとこの後の路線も見えない。このまま広がらずに遺恨マッチで終了なのか?

第5試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
マグニチュード岸和田 VS 斉藤了

 絶対的なパワーでチャンピオンの座に君臨する岸和田と昨年のキング・オブ・ゲートを制した斉了とのDG最強の座をかけた一戦。
 試合は終始、岸和田が押す、とにかく押す。試合にならない....。そんな斉了を支えるのは気持ちのみ。ふらふらの状態でうけたラストライドを返すと引出しがなくなった岸和田に変形のドラゴンSH(なんて名前?)でフォール。
 斉藤了が第4代ドリームゲート王座にお見事。

 今回もいい興行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナイダーズって

0602241
 最近、会社の近くのコンビニがスナイダーズを置くようになった。

 スナイダーズはアメリカ産のプレッツェル。ティータイムに、ビールのおつまみに、なんでもあうお菓子。個人的にはチェダーチーズかハラペーニョが好み。特にハラペーニョはお酒によくあいます。

 そんな、スナイダーズはなにかが砕かれた感じで袋に詰まっている。そして、すごく気になるのが『これって元の形ってどんなの?』ってこと。う~ん、プレッツェルだけに結び目?それともうまい棒みたいに円柱?気になる。
 #ええ、すごくくだらないですよ

 むかし、ケンタッキーフライドチキンの食べかすで鳥の骨格模型を作った人がいたけどスナイダーズを元に戻す職人とかいないんでしょうか?

 それか、『スナイダーズ(原型)』とかって売るとマニアうけするかも....。

スナイダーズ(MULTI FOOD)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『銀座かちゃーしー』

 銀座にある沖縄料理の店『かちゃーしー』で飲む。

 仕事でちょっと遅れて到着したのは21時過ぎ、店内ではすでに三線の音色とおかあさんの歌声が響く。ここは、店員さんによるライブを聞きながらお酒を楽しめる店。とりあえず、オリオンビールを頼んで、ゴーヤをつまむ。

 いつものように菊の露を頼んで、ほろ酔いに。そのほろ酔いでいい感じになったところで、おとうさんの三線とおかあさんの歌声がとても心地いい。これだけ一体感があって楽しめる店も珍しい。美味しいお酒と楽しい雰囲気がよい店の条件ですね。

 また、今度行こう。

銀座 かちゃーしー(WalkerPlus)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋城、味噌煮込みうどん、熱田神宮

0602114
 酔い覚めで奇跡的に早起きできた朝。同僚の結婚式のため、一路名古屋へ。

 9時に起きてあわてて旅の仕度をする。結婚式は明日なので遅くても今日中に着けば問題ないのだけど、初上陸の名古屋だけに観光しない手はない。あわただしく家をでて、あわただしくのぞみに乗り込む。
 到着までの2時間弱は昨日買った名古屋の観光ガイドを片手に、車窓を眺めながら、名古屋の美味いものを食べるために、残ったアルコールを抜く。
 車窓からは、雪をかぶった富士山が見事だった。

 正午頃に名古屋駅に到着。別に予定していたわけじゃなかったけどたまたま時間があって、広島から来た同期と長野から来た同期と合流し、そのまま観光に行くことにした。

 まずは、名古屋城へ。

 駅から車で数分すればあっという間に名古屋城に着いた。入場料を支払って中へ、広い敷地とちょっと遠くに名古屋城が見える。そして、遠くからでも金のしゃちほこが天守閣の屋根に飾られているのが良く見える。
 お城に近づくと城の土台になるこれまた立派な石垣がそびえたつ。さすが、天下の名古屋城、立派です。

 城内は歴史関連の展示品がずらりとならんでいる。その中に撮影用の金しゃちが鎮座。せっかくなのでしゃちに座って記念撮影やりました。


 名古屋城を後にして、次は味どころを探しに駅へ戻る。名古屋に来たからには名古屋独特の味を堪能したい!ということで、駅の地下にあるエスカという飲食街へ。ガイドブックにあった、味噌煮込みうどんの名店・『山本屋本店エスカ店』へ。名古屋コーチン入りのうどんを注文する。うどんが来る前に大皿にのったお漬物が運ばれてくる。このお漬物がまた美味かった。思わず、ごはんも追加で注文する。
 さて、味噌煮込みうどん。運ばれてきた土鍋はぐつぐつと美味しい音がする。麺がちょっと固めなのが特徴です。初めての味、アツアツで美味かった。


 食事の後は、次の目的地・熱田神宮へ。三種の神器の一つである草薙神剣を御神体として祀る大宮。うっそうとした森の中にたたずむ社がとても神秘的だった。社に近づくと堅く閉ざされた門と奥に続く神殿が印象的、しっかと祀られた神剣を観てみたいものです。


 神宮を後にして、今夜の宿へ向かう。途中で、家に靴を忘れてきたのに気付いた。あわてて、家ですぎ....。スニーカーで結婚式にでるわけにもいかず、しょうがないから紳士服の青山で急遽買い物をする。無駄に手痛い出費だった。しかも、28cmの靴は一足だけ....。この靴を履くのは今回だけかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『祭や』

 銀座の『祭や』で飲み。

 予約なしで行ってみると店内は満席。別の店に行こうかとしていると、店の人からビールサービスの一声あり、とりあえず待つことにする。待ってる間に、焼酎のサービスもあった。お客さんを大事にしてくれるよいお店。

 店の人も元気良くて、好印象。
 そして、料理も美味い。こっちではなかなか出会えない美味い刺身あり、魚が美味しく食べれる店は個人的に好感触です。そして、焼酎と泡盛のラインナップもかなりすごい。もちろん、日本酒も充実している。

 黒霧と菊の露が飲めてかなり満足。明日のことを忘れて2時過ぎまで飲んでました。銀座でこの時間まで空いてくれているのもうれしい。

銀座 祭や(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で飲む日々 『のんべえ横丁』

 渋谷駅ハチ公口を出て高架側にある飲み屋街『のんべえ横丁』。終電を過ぎて渋谷の街をさまよっているといつもついつい行きたくなる場所。

 今日は今日で、帰る手段をなくしたついでに、ふらりとのんべえ横丁へ。
 路地裏の酒場と言った雰囲気の細い通り沿いには和風な居酒屋が並ぶ、そして高架の向かいにはちょっとおしゃれなバーが並ぶ。どの店も1畳半ほどのスペースで席も4、5人が入ればいっぱいになるとこばかり、そんな店にふらりと入ってみた。

 もう、本日4件目でかなり酩酊して入った店は赤い感じの店。焼酎のラインナップが素敵。
 硬くならずに気楽に飲めるそんな店は良いです。また、来よう。次は店の名前をちゃんを覚えとこうっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

渋谷で飲む日々 『もつ一得』

0602011
 月に一度の地元飲み。鍋が食べたかったので渋谷にある『もつ一得』でもつ鍋を食べる。

 福岡には数あるもつ鍋屋も東京ではあまり見かけない。恵比寿には『蟻月』という有名店もある、けど人気過ぎて予約もできず、まだ行けずじまい。いつか行ってみたいとこです。
 そんなこんなでみつけた『もつ一得』は渋谷の桜丘町の坂をを玉川通り沿いに上るとビルの地下1階にある。

 さっそく、もつ鍋を注文。ここは塩、みそ、チゲ、しゃぶしゃぶ?味のもつ鍋があり、今回は塩とチゲを注文。ちなみにしゃぶしゃぶのもつ鍋ってなんでしょうね??説明には水炊きとかって書いてあるけど....

 福岡にいるときはもっぱらしょうゆ味かみそ味しかないのであっさりな塩味もまた格別。チゲの方は辛いのが好きな方にはオススメ、個人的には辛すぎて普通にチゲ鍋だった。どちらの味にしても主役はもつはもとより、じっくりと煮込んで食べるキャベツとにらが美味い。キャベツの甘みがビールと最高にあいます。

 ここのお店はサイドメニューも豊富。もつ鍋が煮えるのを待つ間に、酢もつでビールをちびちびやるのが最高。いわしの丸干しもお酒にあいます。

 さて、もつ鍋のシメと言えば、やっぱりちゃんぽん麺。
 上京してから、スーパーに行ってももつ鍋のもとは時々あるのにちゃんぽん麺がないはがゆさ。家で鍋をしてもやっぱりごはんじゃ楽しみ半減です。
 そんなもつ一得のちゃんぽん麺は極太のラーメンのような麺。ん?ちょっとなんか違う感じが....。でも、これはこれで美味い。ここまで食べればおなかも一杯で満足。

 やっぱり冬はもつ鍋だと再認識しました。
 次にきたらしゃぶしゃぶなもつ鍋を食べよう!


博多 もつ鍋 芋焼酎 『 もつ一得 渋谷桜丘店 』 店主のBlog
もつ一得(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »