« 丑の日、椿山荘、雑司が谷 | トップページ | 星が見えた »

唐津の夏、幕洗い

 夏の夜に唐津市街を歩いているとどこからともなく聞こえてくるヤマ囃子。音色につられていくと、町田川にたどり着く。町田川に浮かぶ船からは、囃子とえんやの掛け声。夏の訪れと数ヵ月後に迫る秋の面影をそっと感じさせる。

船上で曳山囃子 唐津くんち幕洗い(佐賀新聞)

唐津くんちの夏の風物詩「幕洗い行事」が22日夜、曳山(やま)を持つ唐津市中心部の各町で始まった。曳(ひ)き子たちが船で川に繰り出し、勇壮な曳山囃子(やまばやし)を奏でている。

 幕洗いは心身を清める儀式の一つ。以前は川で曳山の垂れ幕などを洗っていたが、最近では各町ごとに船を出すなどして曳山囃子を披露している。


 今年もそんな幕洗い行事があった模様。なんでも今年は市が協賛しているらしい。幕洗いを観光目的の行事にしてしまうとちょっと違和感を感じずにはいられない。けど、夏にお囃子を聞けることは素直に嬉しい。

 そういえば、しばらく土曜夜市にも行ってない。今年は帰郷の時にでも行ってみよう。

|

« 丑の日、椿山荘、雑司が谷 | トップページ | 星が見えた »

「祭り・フェスティバル」カテゴリの記事

コメント

土曜夜市!小さい頃楽しみだったなぁ。
私は15日に帰省予定です。
幕洗い去年は見れたのに。。。
夏になりましたね!

投稿: かえ | 2006/07/28 22:20

>かえさん
今年の幕洗いは7月末から毎週やってるようです。帰省のときにみれるかもしれませんよ。お楽しみに~
私は、見れませんでした(涙)

投稿: dktalk | 2006/08/01 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/11097852

この記事へのトラックバック一覧です: 唐津の夏、幕洗い:

« 丑の日、椿山荘、雑司が谷 | トップページ | 星が見えた »