« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ましかく写真で『街』

 雨が降る街を撮ってみた。物静かな休日のビルの谷間。

 ビルの谷間にある町。
P022

 東京タワーが見える。
P024


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『喧嘩上等 やっこ野郎』を喰らう

0608221
 キャッチーなネーミングと本物志向な味で話題の男前豆腐店。
 最近では、コンビニでもでもサーフボードの形をした『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』などが置かれている。会社帰りにちょいとジョニーをなんて人もいたりいなかったり。
 そんな男前豆腐店の一品『喧嘩上等 やっこ野郎』を買ってみた。もちろんビールのお供に!

 ジョニーに負けず劣らず、普通ではないパッケージで並ぶやっこ野郎。パッケージにはフックがついている。いつかはSWのフィギュア並につられて売る日が来るんだろうか?

 さっそく家に帰ってから、でっかいお皿に一気にあける。
0608222
 とろりとクリーミーな液体に沈む豆腐。なんでも1/4は豆乳、その豆乳に豆腐が漬かっているのだ。

 そして、ビールを片手にさじを使って一口パクリ。濃密な豆の味が口に広がる。うん、美味いぞ、コレ。
 パッケージに書かれた「生ビールとお前がいればそれでいい!」の文句に思わず納得した。ちょっと贅沢だけどおつまみにもってこいだな。これからの定番にしよう。

男前豆腐店株式会社


| | コメント (0) | トラックバック (1)

ましかく写真

 今月号のカメラ日和の特集にのせられて、ましかく写真を作ってみる。
 普通はポラだったり、トイカメラだったり、専用のフィルムを使ってましかくな写真ができるようだけど、デジカメでトリミングして作ります。
 先日のドライブで行った長瀞での写真。トリミングついでに、色調もちょっと変えてみる。


 広大な石畳の上で川を眺める二人。
P004

 川沿いを歩く二人。
P005


 川にかかる煉瓦の橋。川が増水したときはこの橋の真ん中くらいまで水がくるらしい。
P007

 そのまま撮るのは難しいけど、トリミングすると面白い写真ができる気がする。

カメラ日和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OK Go、気になるヤツら

 最近ネットというかYouTabe上で見かける気になる奴ら。『OK Go』

 とりあえず、このビデオを見てみよう。

OK Go - Here It Goes Again

 ダサいけど可愛いくてなんかいい。曲もなんかいい。
 彼らはシカゴ出身の4人組グループ『OK Go』。日本に連れてきたらそのまま流行るんじゃないの?今度、CD買ってみようっと。

 こっちのPVもなかなかいい。

OK Go - a million ways


OK Go(公式サイト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長瀞、川下り、射的

 長瀞(ながとろ)までドライブへ。

 ドライブに行くことは決まっていた。北上することも決まっていた。でも、いつものようにとりあえず出発した今日のドライブ。夏だし、尾瀬に行くことにしていたけど、ナビで検索した結果、目的地に着くのが15時になったのであっさりと却下した。
 そのまま、高速に乗ることを前提に、練馬を目指しながら目的地をあれやこれやと考えてはみたもののいい場所がうかぶはずもない。思案した挙句、道路沿いにファミマを見つけて、そこの本コーナにるるぶのドライブ特集を買った。るるぶ便利です。本を読みつつ場所を選んだ結果、満場一致で長瀞に行くことに決定。後は、天気が回復してくれるのを祈るのみ。

 練馬から関越自動車道にのる。夏休みや帰省の心配があったけど、上りも下りも特に渋滞はしてない。あっという間に花園ICを過ぎ、目的地の長瀞へ到着した。

 相変わらず、天気はぐずついて小雨がぱらついている。昼もずいぶんと過ぎていたのでお昼をとるために長瀞駅をすぎたところにある商店街へ。そば屋の看板が目立つ。今日のドライブはるるぶ頼り、そば屋さんが紹介されていたので、昼はそのそば屋さんに行った。

0608161
 そば屋をでて、商店街を歩く。みやげもの屋が並ぶ中で店頭に浅漬け野菜を串にさして売っている店を発見。思わずなすの浅漬けを手にとった。美味い。
 串を持ったまま商店街の奥に歩くと、荒川が広がる。観光客も多くて、川にはライン下りの船やラフティングのボートがみえる。風が気持ちいい。

0608164
 ここまで来たらライン下りに乗らないわけがなく。60分コースの船に乗ることにした。
 船に乗るころには天気もすっかり回復し、むしろ日差しが厳しくなっていた。船から眺める景観もなかなかのものだった。ときおりある急流の水しぶきが気持ちいい、天気が回復してくれて良かった。

 河川敷にはキャンプや水遊びに来た人たちであふれていた。最近は海の水が温かいから、夏は川のほうがいいかもしれない。次は川遊びにでも来たいな。なんかいいぞ長瀞。

0608162
 さて、川下りを終えて、すっかり癒されてまた商店街へ行く。長瀞に来て最初に気になったのは川下りよりも駅の近くにあった『射的』の看板だった。
 そして、射的屋へ。祭りの露店にあるような射的場だった。でも、露店とは違ってて安っぽい商品は置いていないらしいし、普通より威力を強くしているらしい。射的屋のおじちゃんがいろいろと説明してくれる。

 番号札がついている的を落とせば商品をゲットできる。

 結果は2回やったけど1発もあたらず....。くやしい。でも、楽しかった。

 長瀞に来た際は川下りと射的がオススメ。


長瀞ライン下り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電の始末、通勤電車、送り火

 昨日の停電の話題はどこへやら、ニュースは終戦記念日と靖国参拝を伝える。
 規模が大きかった割には特に大きな被害はなさそう。都会のもろさを露呈なんて見出しが躍る中、結局の被害は電車が止まったことによる足止めくらい?あとは、小ぶりな被害がちらほらあるくらいか。オール電化でもなければ電気が止まってもなんとかなりそうだ。被害の少なさに、むしろ他の犯罪が裏で動いてるような三文小説を考えてみたりもする。

 うちの被害は、電気製品についてる時計が止まってるくらい。それでも古いものだけ。最近のやつだと、停電くらいでは消えなかった。


 上京してからは2度目となるお盆の時期の通勤。前回はどうだったのかさっぱり忘れてしまったけど、今朝の通勤電車はピークタイムなのにとにかくすいていてビックリ。そして、いつもより電車が早くついて2度びっくり。人が多い影響はすごいとあらためて感じた。

0608151
 さて、お盆も今日で終わり。
 いつものお盆であれば、親戚のおじちゃんやおばちゃんと祖先を偲び、祀る。子どもの頃は松浦川でわらで作った船を流し、いとこと一緒に花火をしながら送っていた。

 遠く離れていてもせめてもの想いとともに、近くの公園で静かに花火をし、送る。

 盆が終われば夏も終わる。例年、暑さは続くけれども、夏の終わりは少しの寂しさがある。そして、想いをもちつつもうすぐ秋が訪れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から停電、そのとき首都機能は?

 今朝方の停電、かなり驚きました。そして、あせりました。

 7:30。目覚ましがなって、テレビが自動でつく。とりあえず、目覚ましを止めていつものように二度寝。
 なんか変な感じがして起きたのが7:40頃。ついているはずのテレビは消えてる。そして、よく見るとコンポとかスカパーのチューナーとかいろんなものが消えてる。寝ぼけながらも周りを見回す、やけに静かなのが不気味。いつもは冷蔵庫のモータ音だったり、パソコンの稼動音だったり、いつもじゃない状況はかなり不安だ。

 ブレーカを確認しようと布団から飛び起きる。台所には湯気をあげる炊飯器が見えた。まだ、炊け終わってない。どうするよ、オレの朝飯!?。しょうがないので、ふたを開けてみるとどうやら蒸らしの真っ最中。ほっとけば出来上がりだ。

 そして、ブレーカへ。見るとしっかりと『入』。ON/OFFを繰り返すもダメだった。電気代ちゃんと払ってたっけ?と微妙な不安がよぎる。
 とりあえず、停電なんだろうと思いつつ、出社の準備をする。

 8:00ちょっと前。いきなり電気がつきはじめ、全てが復旧。
 テレビがつくと占いカウントダウンが始まったばかりだった。今日の運勢は2位。

 家の状況は普通の朝に戻った。普通に着替えて、普通にメシを食べて、家を出る。

 駅に着く。駅には人があふれていた。停電の影響で、電車の地下部分が停止中とのこと。振り替えで移っても動いている保障はなく復旧を待つことにした。とにかく暑い。ただ、お盆中ということもあってか人は少なめ?だったかもしれない。

 8:50頃、電車が普通運転を開始した。そのまま乗って出社する。
 電車はおもったほど混まなかった。やっぱりお盆だから?

 車窓からディズニー方面を見ると数機のヘリが見えた。

 会社について、東京電力のサイトをのぞいてみるたもののその手の情報は見当たらなかった。お知らせに速報もなし。普通にニュースみたほうが早い。

 かなりオオゴトの停電?規模は大きそうだけど、影響は少ないように見える。
 とりあえず、続報はどうなるやら。この停電の落としどころが早く知りたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『Standing Bar S』

0608101
 月に一度の唐津飲み。
 一次会を終えて、ふらふらと新宿をさまよいながら次の店を探す。

 靖国通り沿いで、歌舞伎町の向かいにあるなにやら白い建物。さらに白いだけじゃなくて、レゴで作られたような概観がひときわ目立つ。入ろうかどうか迷っているところに外に貼ってあった一杯目100円につられてとりあえず中へ。
 店内はオーソドックスなバー、もしくはおしゃれな立ち飲み屋といった感じ。立ち飲み屋といいつつ、ちゃんと腰を引っ掛けるところがあるので楽に飲めます。この日は一次会でたらふく食べてたので飲むばかり、ビールと焼酎をいただきました。寄ったついでにカウンターにいたお兄さんにいろいろと話してましたが、そんな気軽な話を楽しめるのもいいかも。
 気軽に立ち寄れて、楽しく飲めるいいバーです。

Standing Bar S
Standing Bar S(ホットペッパー.jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門前仲町で飲む日々 『ちゅらさん家 門前仲町店』

 門仲にある沖縄料理の店で同期と飲み。

 『ちゅらさん家』は門仲・深川の飲み屋街の中にある。店内は飲み屋チェーン店のように広くてびっくり。こんな広々とした沖縄料理店はなかなか見たことない。会社の飲み会とかで使えそう。沖縄料理の定番メニュー、ゴーヤチャンプルとか、ミミガーとか、海ぶどうとかは一通りそろい踏み。ボトル用の焼酎がたくさん用意してあるのも嬉しい。

 とりあえず、軽く泡盛を飲みたいときにいいかも。

ちゅらさん家
ちゅらさん家 門前仲町店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の想い出

 いつもはお盆の時期の帰郷、夏休みの終わりは夏の終わりを感じさせていた。
 梅雨があけて、夏の始まりと共に帰郷した今年。空の広さと海の青さが、気分を高揚させてくれる。

 爽快なあおぞら。福岡から唐津へ向かう海辺の道は、いろいろな想い出をよみがえらせる。
 車窓から海を望む。

Bucho016summer


 夏になるといとこが集まって、いろんな悪さをしてたんだっけ、

Bucho014summer

 『短かったけど、楽しかったよね。夏。』

 いやいや、まだまだこれからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄海エネルギーパークにて

0608032
 甥っ子とたまたま帰郷していたいとこの子を連れて、玄海町にある玄海エネルギーパークへ行く。

 玄海エネルギーパークは、玄海町にある玄海原子力発電所ないにある自然と原子力をテーマにしたテーマパーク。館内には原子力に関する展示物があり、外には遊具がある広場がある。休みの日は、いろいろなイベントがあり、子ども連れの家族でにぎわっている。

 今日は、普通の日だったので、広場には数人の家族連れがいるのみ。 そんな広場に着くなり甥っ子は遊具に向かってダッシュ。遊具を独り占めにして走り回る。大人たちは木陰にシートを敷いて、そんなちびっ子たちを眺める。今日もいい天気、ビールが美味い。

 ひととおり遊具に飽きると、素っ裸になって池に飛び込む。そこからは、手が付けられない。池→走り回る→池→走り回るを延々と繰り返す。どこにそんなパワーが....、ちびっこ恐るべし。こっちは、そんな子どもたちを観ながらビールを飲むだけで気疲れ。

 楽しい1日でした。

玄海エネルギーパーク(九州電力)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

博多で飲む日々 『沖縄料理 SIKINA』

 大学時代の友人たちと沖縄料理の店『SIKINA』で飲む。

 キャナルシティのすぐ近くにある沖縄料理の店。ちゃんぷるー、海ぶどう、ミミガーなど定番は揃い踏み、安くて美味しい。泡盛のラインナップはすごし、焼酎も一通り揃っている。グラスになみなみとつがれたお酒が魅力的、これで一杯400円は安い。ちょっと隠れた位置にある店ながらなかなかの名店かも。

 さて、この日は大学時代の友人2人と飲み。一人は大学時代からコックを目指し、今は福岡にある某レストランバーにて雇われシェフをしている。もう一人は数年前まで東京でサラリーマンをしていたが家業を継ぐために、帰郷し野菜問屋として奮闘中である。
 久しぶりにあってつもる話もありそうなもんだが、飲食業界と八百屋業界の裏話ばかり、とりあえず中国野菜は危険らしい。

 職種が近いせいか、あれやこれやと話が広がる。今日は完全に聞き手にまわって二人の語りをじっときいてみる。「シェフと経営者って違うね」とか、「もっと小さい店舗にも顧客を広げないと」とか、飲食だろうがITだろうが、業界は違えど悩み事や考えることはなんとなく似ているものだと思ってみたり。
 なんだかんだでみんな頑張ってますね、仕事。違うことをしながらもちょっとつながってるところが面白い。これから三十路に入ってみんなどうなることやら。(とりあえず、誰か一人でも伴侶をみけんとなぁ)

沖縄料理 SIKINA(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »