« 新橋で飲む日々 『さっぽろ ジンギスカン 金の羊』 | トップページ | クリーニング屋が閉まる日 »

Googleカレンダーを使って、唐津のイベント情報を

 Googleカレンダーが日本語化されてブログではけっこうな数がエントリとして登録されている。とりあえず、面白そうなので使ってみた。

 Googleカレンダーはインターネット上で利用できるフリーのスケジューラ。同様のサービスだとYahoo!カレンダーなんかがある。カレンダーをグループで共有できたり、Google内にあるGoogleマップなどと連携して使用することもできる。使い方は、『日本語化されたGoogleカレンダーを使ってみました(ITmedia Biz.ID)』を参考にしてみるとよいかも。

 まず、Googleカレンダーとか抜きにして、普段のスケジュール管理は仕事もプライベートもまとめて会社で使っているOutLookを使っている。会社のメールサーバがExchangeなので、社内のいろいろなスケジュール管理が非常に楽。ただ、スケジュールを社外に持ち出せないのが難点。OutLookをメインにして、ネット上のスケジューラに同期とって外部でみれるとちょっといいかなと思った。
 で、さっそくインポートを確認してみる。OutLookからのデータインポートは可能。ただし、ファイルに一度エクスポートしなければならない。ボタン一つで出来れば非常に嬉しい。


 さて、たぶんGoogleカレンダーの真骨頂はここにないんだろう。これくらいの使い方なら他のフリーのスケジューラで十分に事足りるんでしょうね。

 で、共有化と連携性を考えながら、『唐津ん暦』なる公開カレンダーを作ってみました。内容は唐津で行われるイベントや行事などを掲載してます。(今は、主にくんち関係のイベントや行事しか掲載してませんが....。)
 今度、平野町の塗替えお披露目もあるでしょうから有志がイベント情報を掲載してくれると良いし、開催場所をGoogleマップ上にマッピングして掲載してくれるとよいですね。
 こういうパブリックな地域のスケジューラとして使えば、便利かもしれません。

 唐津市のポータルサイトでは、唐津で行われるイベントなどをカレンダー形式で公開していて、メールで通知してくれるサービスがあります。すでに登録していて、ほぼ毎日通知してくれるんですが、受け取るだけになってますね。たぶん、一方的な情報の配信とか、メルマガのような機能ってちょっと前までサービス形態で今となっては時代遅れなのかもしれません。
 いま、唐津市ポータルサイトで掲載されているイベントカレンダーもこういうWeb2.0な双方向性を持ったサービスに移行できるとネットで公開する利便性や唐津市内外への宣伝できるメリットなんかも享受できるのかなと思いました。

 自治体とかで、ブログやGoogle、はてなのAPIを使ったサービスを提供しているところってどれくらいあるんでしょう?

Googleカレンダー

|

« 新橋で飲む日々 『さっぽろ ジンギスカン 金の羊』 | トップページ | クリーニング屋が閉まる日 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/11987269

この記事へのトラックバック一覧です: Googleカレンダーを使って、唐津のイベント情報を:

« 新橋で飲む日々 『さっぽろ ジンギスカン 金の羊』 | トップページ | クリーニング屋が閉まる日 »