« 吉田屋が閉店してました | トップページ | 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 »

五反田、家のみ、お好み祭

 会社の仲間数人と仕事あがりで家のみをやる。
 誰が言い出したのか、今日はお好み焼を肴にビールを飲むことに。

 ということで、お好み焼きの簡単レシピは以下のとおりです。

1.食材を買う

 材料は以下のとおり、分量は適度に
 キャベツ、卵、山芋、小麦粉、紅しょうが、万能ねぎ、天かす、豚肉、小エビ、お好みソース、マヨネーズ、青ノリ

2.食材を切る

 食材をそれぞれ切る。キャベツは千切りよりもやや太め。山芋はすりおろす。紅しょうがはみじん切り。万能ねぎは細切れ。豚肉は一口サイズくらいに切っておく。

3.粉を混ぜる
0610041
 小麦粉と卵と水をボールに入れる。小麦粉は一人分が約1カップ、水は0.8カップくらい。キャベツからでる水の分も考えてちょっと少なめに入れましょう。水が多いとじゅくじゅくお好みになってしまいます。後はだまができないようにとにかく混ぜる。

4.食材を混ぜる
0610042
 小麦粉のだまがなくなってまんべんなく混ざったら、その他の食材を入れる。
 キャベツはちょっと多めにいれるといい。小エビ、天かす、紅しょうが、万能ねぎをお好みで入れる。
 すりおろした山芋はやや多めにいれる。山芋が多いとふっくらとしたお好みに仕上がります。

 食材をいれたらまたまんべんなく混ぜる。ちょっとゆるいかなと思ったらキャベツを足して調整する。

5.焼く
0610043
 熱した鉄板に油をひく。まず、豚肉を軽く炒める。焦げ目がないくらいに焼きあがったらちょっとそばにおいておく。
 そして、お好み焼きのもとを鉄板に丸くなるようにいれる。量は適度に。そのお好み焼きの上に炒めた豚肉をのせる。焼けたらひっくり返す。両面がこんがりきつね色になればOKです。

6.皿に盛る
0610044
 完成したお好み焼きを皿に盛ります。
 お好みソースをかけてマヨネーズ、青のり、鰹節、紅しょうがをそれぞれ適量ふりかければ完成です。


 かなりお手軽にできあがるお好み焼きでした。

|

« 吉田屋が閉店してました | トップページ | 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 »

「酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/12169493

この記事へのトラックバック一覧です: 五反田、家のみ、お好み祭:

« 吉田屋が閉店してました | トップページ | 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 »