« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

帰省して

 帰省して、のんびりする間もなく年末の家の手伝いをいろいろと、
 まずは、墓参りに行く。それから家の中の正月飾りなどを用意する。

200612301
 ひと段落ついてから、アルピノに行ってくんちビデオとくんちステッカーを購入する。ビデオについては、毎年同じやろうにと言われながらもついつい買った。確かにアングルや撮る場所がさほど変わってないと言われればそれまで、後は自分が映っているかどうかが気になるところ。刀町の曳山にのって撮っているのはなかなか面白い。

 くんちステッカー(=からつっ子がノッテいます)は、いきおいで買ってしまった。ただ、唐津市内を走っていると高頻度でこのステッカーを貼った車を見かけるような気がします。

 200612302
 アルピノに行ったいきおいで、そのまま友人宅の餅つきに行く。
 毎年、この家では恒例で餅つきが行われる。昔ながらにもち米を炊いてから石臼でつく。親戚や知り合いに頼まれたり配ったりするようで量が多い。飲み放題の人足だけどかなりの重労働。久しぶりにあった友人達と炭火を囲みながら談笑するのは楽しい。

 そんなこんなで2006年が過ぎていきます。来年もいいとしになりますように~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大名で飲む日々 『イソラ』

200612291
 年末年始の帰省。福岡の大名にて大学時代の後輩と飲む。

 大名にあるダイニングバー『ISORA(イソラ)』にて飲む。
 リゾート地をイメージした大人の空間でイタリアンを味わうことができる。テーブル席あり、カウンターあり、奥にはソファー席がありゆったりとできる。値段はちょっと高め。少人数やデートに最適な場所。

 ワインをボトルでキープしつつ、パスタやピザなどをいただく。オシャレな器に盛られて見る楽しさも演出してくれた。

 ただ、残念ながらメニューの半分ほどが品切れ?ただでさえちょっとしかないメニューなのにだったら書くなよと思わず突っ込まずにはいられない。

ISORA(ホットペッパー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NHK番組公開ライブラリー』に行ってきました

 今日は代休のためお休み、昨日の忘年会の二日酔いを引きずりつつ、『NHK番組公開ライブラリー』に行ってきました。

 『NHK番組公開ライブラリー』は、これまでNHKで放映されたドラマ、ドキュメンタリーなどの番組を無料でみることができる場所です。無料で利用することができます。関東でもいろいろな場所でみることができ、今日は渋谷区のNHK放送センターに行ってきました。

 NHK放送センターはまさにNHKの中枢がある場所。公開ライブラリーは、その敷地内にあるみんなの広場ふれあいホールにあります。席は7席ほどで、独自の検索システムから簡単に番組を探すことができて、大画面薄型テレビで観ることができます。

 さて、11月末に九州で放送された唐津くんちのドキュメンタリーですがまだ観ておりません。で、ネットで他にくんちにまつわるドキュメンタリーがないか探してみたところ、ドキュメンタリーではないですがNHKが放映した番組は2本みつかりました。そこで、今回はその番組を観ようとでてきたわけです。

 NHK放映の番組は↓の2本。
 『新日本紀行 伝統の家並み 第三集 唐津・おくんちの頃 ~佐賀県唐津市~』
 『ふるさとの伝承 三代の曳山囃子 ~佐賀・唐津くんち~』

 1つ目の新日本紀行は、1980年11月に放映された番組で、くんちにかかわる人々の側面やなぜ曳山が作られたかといったルーツに迫るといった内容でした。25年前の映像ということで、今とはかなり町並みがかわっていたのが印象ぶかいです。竹屋のご主人、水主町の方、先代の宮司様などなど、登場されておりました。

 2つ目のふるさとの伝承は、1997年11月に放映された番組で、木綿町の自転車やさんが三代にわたり、曳山囃子を伝えていくという内容です。昔は近隣の町から囃子方を呼んでいたため町の方々が囃子を始めたのはおじいさんの代からとか、お囃子には楽譜がなく人から人へ伝えられていることが紹介され、おじいさんから若干2歳のお孫さんに囃子が伝えられていくといった内容でした。いまではそのお孫さんももう中学生くらいですね。

 せっかくなので手元においておきたいですが、さすがに録画はできませんでした。


 早く帰省してドキュメンタリーが観たい!

NHKアーカイブス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座でちょいとランチ 『和・旬菜 かなえ』

 最近、銀座ではランチに自然食バイキングをやる店をよくみかける。この店もその一つ。

 肉や魚はほとんどなく野菜、豆腐、こんにゃくなどヘルシーな惣菜ばかりが多い。メインと呼べるものがなくてちょっとビックリしてしまうけど、煮つけやら和え物やらの種類が豊富でいろいろと味わってみるとそれだけでお腹がいっぱいになってしまう。

 たまにはこんなランチもよいかも

和・旬菜 かなえ
和・旬菜 かなえ(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門前仲町で飲む日々 『炭火焼しちりん』

0612081
 同期の送別会兼忘年会のため、門前仲町にて飲む。

 門前仲町にある炭火焼しちりんはその名の通り、七輪を使って肉を焼く焼肉屋。店内は20人ばかりが座ればあというまにいっぱいになりそうなほどの広さです。肉はなんでもあり、でもこの店は特にホルモンがオススメです。
 少人数で七輪を囲んで肉をつつきつつ、わいわい楽しむにはもってこいな飲み屋です。

 さて、入社してかれこれ6年経ち、年も大台を越えたり越えなかったりな年頃。みんないろいろと考えているようです。順調なライフプランを歩む人もいれば、曲げられない信念を持って大きな決断をする人もいる。
 そして、人生なんてなにがおこるかわからないことも多いのかも。自分で決めたことだから、次のステップを頑張ってください。


炭火焼しちりん(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『旬彩酒庵 おねぎや』

0612061_1
 新宿三丁目にて2件目を探しつつふらりと入った店。おしゃれな店内、1Fはカウンターのみのカップルにはもってこいな場所でした。

 でも、1Fの端っこに一つだけあるテーブル席に座ってさっそくビールをいただく。
 料理はダイニングバーでよくみかけるメニューが目白押し、アルコールも焼酎が程よくあってまずまずです。屋号が『おねぎや』というだけあって、ねぎを食材に使った料理が特に多くて、どの料理にも何かしらねぎがアクセントとして入ってます。なかでも下仁田ねぎの炙り焼きが香ばしくて絶品でした。

旬彩酒庵 おねぎや
旬彩酒庵 おねぎや(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『鉄板酒場 こて屋』

 地元仲間との忘年会。といいつつ、新宿でさし飲み。
 すでに遅い時間の始まり。場所も決めずに新宿三丁目をぶらつく。 ここは、飲み心をくすぐるような店があって、好きな界隈です。

 飛込みで、鉄板料理をメインにした居酒屋『こて屋』に入ってみる。店内は十数人も入ればいっぱいになるくらいのこじんまりとした広さがある。店を入ってすぐのところには立ち飲み用のバーカウンターもある。

 料理はもちろん鉄板で作る焼きものやたこ焼きが多い。この日は寒かったのでおでんをメインでいただきました。たまご、こんにゃく、だいこんどれもしみウマです。

鉄板酒場こて屋(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くんちのドキュメント、早く観たい

 11月末、RKBにて『えんや!が街にあふれる日~唐津くんち2006』という唐津くんちのドキュメンタリーが放映されていました。ただ、残念なことにこの放映は九州だけなのです。

 ネット上の掲示板やブログを見ると絶賛の嵐、是非とも早く観たいとおもっていたら、たまたまネット上に落ちていたドキュメンタリーの動画を見つけました。

 千代ヶ丘祭(久敬社の東京くんち)の部分で、唐津から東京にでてきたわっかもん達と祭を知らない地元の方々が一緒になってくんちをやる姿にちょっとほろりときてしまいました。早く全編を観てみたい。

 唐津の実家には、DVD/HDDレコーダがありますが、買った父は全く使い方がわからずじまい。くんちから上京するさいにドキュメンタリーの録画予約をしてきましたが果たしてちゃんと録画できていることやら....。録れていることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »