« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのさん)

 今月読んだ本のコメント

0703311卒業
 何かの終わりという意味を持つ『卒業』の二文字を新しい旅立ち・始まりの意味を込めて綴られた四篇の短編集。特に死というイメージから前向きに進み始めるための話である。
 ただ、各話にでてくる登場人物たちの影の設定がどこかあざとく感じてあまり感情移入できなかった。人物設定はほどほどに

0703312下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち
 ニートや学力低下のおこりはどこから来て、どこに行くのか一つの考え方を提示してくれる。
 大上段からの言葉なので、いま問題を抱えている人に対してどうすればいいのかという答えにならないが、これからを考えるためには意識しておかなければならない提言がある。

 いろいろな捉え方や考え方があるだ、この本には個人的には非常にうなずけることが多く。近頃、人と接するたびに感じていた違和感を補完してくれた。
 この本は講演をもとにしているらしく『オレ様化する子どもたち(諏訪 哲二)』の引用が多いのでこちらを読むのもいいかもしれない。


0703313坂の上の雲〈2〉
 時代は明治中期へ。日清戦争が始まり、終戦をへて、日露戦争へと時代が動いていく。
 時代の成り行きは、その時代の人々の考えた方や生き方が色濃くでてくるものだが、この本を読むとそれに加えて個人の力や想いが新しい日本を築いていたのかと秋山兄弟を含めこの時代に生きた人々から強く感じる。


0703314多生の縁―玄侑宗久対談集
 現役の僧侶で芥川賞作家でもある玄侑宗久氏と著名人との対談集。禅、仏教、社会、生と死などなどの話題について、京極夏彦氏や五木寛之氏らと語ります。
 禅や仏教の考えたかは数百年にもわたり人々の中で今を生きるために、そして社会との交わりを理解するために培われてきたものだと思います。その考え方は生活の一部となるようなものです。
 宗教といくとトンデモな印象を受けてしまう今を生きる自分たちに対して生き方や考え方について改めて問いかけるための対談集かもしれません。


で、とりあえず積んでおく本。

ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ
道をひらく
坂の上の雲〈3〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『不思議ダイニング 洞きあ』

 一次会、二次会を終わって、駅へ向かう人ごみを逆流しながら歌舞伎町方面へ向かう。
 靖国通りへ面したビルにある『洞きあ』という店に行く。

 洞窟をイメージした店、入り口は洞窟っぽいけど店内は明るい。
 個室っぽい二人がけテーブルなどもあり、カップルで飲んだりするのにちょうどよいところかも。

 3件目ということで、特に食べる必要もなかったけど、トルコ料理の店らしいので、なにかしら頼んでみた(名前忘れた...)。なすとトマトをチーズであえて焼いたもの。どこかしらトルコっぽくて美味しかった。
 飲み物もこだわりのメニューがいろいろとあってようだけど、とりあえず焼酎を飲んだ。
 チリワインとか、トルコビールとかあり、今度行ったら飲んでみよう。


不思議ダイニング 洞きあ(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『しゃ菜り』

0703201
 今年に入ってはじめての地元飲み。新宿にある『しゃ菜り』という豚料理のお店に行ってきた。

 店内は間接照明でちょっぴり暗い。テーブルとボックス席があって、少人数のグループが来るのにぴったりなところ。カップルでもよいかも。

 豚料理の店だったけど、普通にコロッケやポテトなど普通に飲み屋な料理をいただきました。


しゃ菜り(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町で飲む日々 『東京ホルモン本舗』

0703151
 春闘でストライキという名の残業拒否中。早く帰るときにやることと言えば、会社帰りに飲むしかない。

 ということで、有楽町の高架線沿いにある飲み屋街の一角にある『東京ホルモン本舗』なる焼肉屋に行ってみた。細長いビルの中、延々と続く螺旋階段を昇ると4階にある小さなお店、10人ほどが入ればいっぱいになりそう。

0703152
 まずは、ざくざくキャベツともやしナムルを食べつつビールを飲む。一品モノとして申し分なし。
 そして、ホルモン3点盛をいただく。ジンギスカン風の鍋を使用。まずは自慢のホルモンを店員さんが焼いてくれる。中央に置かれたホルモンからあふれてくる油がなんとも食欲をそそります。食べればとってもやわらかい食感が嬉しい。これは美味いぞ。

 3点盛のあとはもつ鍋を頼む。(初心者は3点盛→もつ鍋コースがオススメらしいです。)
 このもつ鍋もなかなかの味でした。

東京ホルモン本舗(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しもの好きのタイムライン

 @niftyで続々提供されているWeb2.0なサービス群『@niftyラボ』に新しいサービスが登場しました。
 その名も『@nifty TimeLine』。サービスを簡単に説明すると年表を作るサービスです。

 で、さっそく作ってみました。→偉人の一生(幕末)
 まるで小学生の宿題を作っている気分です。

 ブログに貼り付けられたりするところは便利ですが....、使いどころが微妙にわかりません。ブログよりかは、歴史系サイトの一コンテンツとしだしてみたり、個人の一日を表現するなら『ライフストライピング』のほうがよさそう。とりあえず、いろんな人の使い方をみて様子見ですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »