« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのよん)

 今月読んだ本のコメント

0704302ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ
 地域の活性化のためにウェブやネットワークを活用しようと言っていたのはもう5~10年ほど前の話。いまとなってはウェブやネットワークというインフラは存在して使えて当たり前となっている。また、インフラの拡充とともに変化したのは地方や地域という存在、そしてそこにいる人そのものでり、今の人の中に郷愁を感じる郷土をもつ人がだんだんと少なくなっているのも事実だという。そのなかで、ウェブは地域を活性化させるためのモノではなく、地域内のコミュニティで活用させるものとして広がっているようだ。
 人の在り方や考え方が変化しているのは間違いないけど、前者と後者では明らかにユーザやウェブを使用する目的が違っていて、サービスを提供する側の視点としてウェブをどのように使っていくべきか、提供していくべきかと解説している本のような気がします。

0704301坂の上の雲〈3〉
 正岡子規の逝去。そして、日露戦争の開戦される。
 東郷平八郎、山本権兵衛が登場し、開戦にいたるまでの軍部の動きが司馬遼太郎節をもって克明に描かれていく。激動の幕末を経て、明治期の人々の心情や世の中の流れを感じとるための3巻。
 鬼気迫る開戦後の日本軍の戦いも見所の一つ。

声の網0704303
 日本が代表するSF作家・星新一の電話にまつわる12の短編の連作集。高度に成長したコンピュータとネットワークがある時代。メロンマンションの住人にかかってくる電話、そして電話により様々な出来事が引き起こされます。
 30年前に発表された作品、しかし今読んでもなんの遜色もない正当なSF作品。読みながら『1984年』、マイクル・クライトンの小説群、『マトリックス 特別版』などなどの話を思い浮かべた。素朴な雰囲気がある星新一の文体の中にある骨太なSF魂をあらためて感じる名作。

で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
ぼくのともだち
坂の上の雲〈4〉
鴨川ホルモー
坂の上の雲〈5〉
眉山

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『世界の山ちゃん 新宿靖国通り店』

0704309
 ぶらり旅を終えて、ぶらりと飲み屋に入る。

 名古屋発、手羽先が自慢の居酒屋『世界の山ちゃん』へ行きました。一度は行ってみようと思っていたお店。新宿には数店あり、今回は靖国通りに面している新宿靖国通り店へ行ってきました。

 手羽先は小ぶりな大きさ。割り箸が入っている袋には手羽先の食べ方が書いてある。初心者に優しい。
 味はコショウがきいててかなりのピリ辛、おもわずビールが進みます。手羽先専門だけあって、焼き鳥の串入れのように手羽先の骨を入れる容器が机においてあった。

 手羽先のほかにも飲み屋によくあるメニューがそろい踏み、ゴーヤチャンプルまである。値段もリーズナブルで使いやすいお店でした。

世界の山ちゃん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調布、鬼太郎、布多天神社

0704307
 ぶらりと府中を離れて次に向かったのは調布。府中からだと京王線ののぼり電車に乗って、準急だと一駅で到着する。

 5月号の散歩の達人を参考に調布へ来てみました。ここには、ゲゲゲの鬼太郎のモニュメントが置かれた通りがあるらしく。モニュメント見物のため、天神通りへ向かう。

 調布駅北口をおりて、5分ほど歩くとビルの影にある商店街が天神通り。布多天神社の参道がそのまま通りとなっていて長い通りの各所に鬼太郎やねずみ男などのモニュメントが置かれている。
 昔ながらの店舗が多く、周辺にデパートが立ち並ぶなか懐かしさを感じさせる通りです。

 まずは、通りの入り口で鬼太郎がお出迎え、それからねずみ男や一反もめんに乗ったねこ娘がいます。子泣き爺はあいにく修理中となっていて見ることができませんでした。残念。

0704308
 通りを過ぎ、バイパスを越えると布多天神社があります。
 境内は木が多く、鳥居をくぐるとバイパスを通る車の音が聞こえなくなるほど静かでおごそかな雰囲気です。

布多天神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中、大國魂神社、武蔵野ビール工場

0704305
 GW前半の最終日。ぶらり東京近郊をめぐる旅にでてみました。今回は府中市です。

 府中市は、東京都のほぼ中央に位置している。江戸時代は宿場町として栄えた町だ。今回は、新宿駅より、京王線に乗って府中へ向かった。新宿駅からだと準急に乗り20分ほどで到着する。
 府中駅に到着して外にでると、いきなり駅ビルの中にでる。駅ビルにはシネコンも入っていてでかくちょっと驚いた。

 府中見物。まずは、府中市の産土神である『大國魂神社』へ向かう。駅から5分ほど歩くと2本の巨大な御神木が見えてくる。その御神木を通るとそこが大國魂神社となる。
 今日(4/30)からこの神社のお祭りである『くらやみ祭り』が始まるとのことだったが、境内はまだまだそんな雰囲気を感じさせないほど静か。ちょうど参道では、的屋のおじさんたちが白線を引きながら場所の割り振りに大忙しだった。また、境内にある樹木や灯篭には鉄柵が備え付けてあり、最初は修理中かと思っていたが、どうやら祭り際に倒れたり傷をつけないための対策らしい。
 せっかくなので出店の雰囲気でも味わえればと思っていたが残念だった。宝物殿に格納されているお神輿とこの祭りの目玉である大太鼓をながめて神社を後にした。

0704306
 神社の次は、サントリーの武蔵野ビール工場へ向かう。

 神社からだと歩いて10分~15分ほどかかる。途中には、東京府中競馬場があるが今日はお休み。静かな競馬場を遠くから眺めて一路ビール工場へ。

 サントリーの武蔵野ビール工場では、モルツやプレミアムモルツなどのビールを作っている。ここでは、工場見学をすることができ、サントリーのこだわり製法を材料の選別から醗酵・醸造、そして缶に詰めるまで細かに説明してもらえる。見学が終わるとビールの試飲(おつまみ付)をすることができ、プレミアムモルツと普通のモルツを昼間っからたらふくいただきました。作り立てだからなのか、ひときわ美味いビールです。
 見学は無料。飲めない人にはビールの変わりにジュースがでてきます。


大國魂神社
サントリー 武蔵野ビール工場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『妻家房』

0704081
 新宿をぶらぶらしつつ、『妻家房』に寄ってみた。

 『妻家房』は韓国料理のお店。テレビでは、ちょくちょく紹介されているようで、店頭には有名人と番組の写真がたくさんあった。

 店内は、カウンターと座敷席があり、いずれも掘りごたつになっている。落ち着いてくつろげる雰囲気。大勢でくるよりは、少人数かカップルで行くのにちょうど良い。

 韓国料理ということで、プルコギ、パチヂミなどを頼んでみる。プルコギは韓国風の焼肉で、ジンギスカンのような鉄板に盛られた形ででてきて、最後まで店員さんが付いて焼いてくれる。味は甘め、焼肉というよりはすき焼きより?チヂミは海鮮風、辛味のタレをつけて食べるのが美味しい。
0704082
 せっかくの韓国料理店なので飲み物はマッコリを頼む。濁り酒のような甘いお酒。韓国料理にはぴったりです。


韓国旬彩料理 妻家房(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見、靖国、寒の戻り

0704041
 毎年の恒例行事となっている会社の花見。今年は、靖国神社で夜桜見物となりました。

 しかし、なんとも運が悪く昼間はカミナリがなるほどの雨と風が吹き荒れる始末。すでに見ごろはすぎてるし、夜には葉桜になってるんじゃないかと、気もそぞろです。

 そして、仕事も終わり靖国神社へ向かいます。雨はやんだものの寒い。せっかく暖かくなってきたはずなのに、ここにきて寒の戻りとあいなってしまいました。
 それでも桜はまだ散らずに見事に咲いています。わずかな外灯にライトアップされた桜は見事でした。

 今回は花見客向けの露店の裏に用意されている場所を貸しきって飲みました。
 あいにくの雨で人がいないせいか、露店でだしてくれるおでんやもつ煮込みの量がかなり多め、ちょっとだけお得です。甘酒もサービスしてもらいたらふくいただきました。

 さて、来年の桜もきれいに咲いてくれるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は桜か、

0704021
 春になり、ほのかに暖かい季節になりました。
 近くの公園の桜はすでに満開。少しだけの桜の暖かいぬくもりを感じながら出社できる季節。

 街を見渡せば、どこにも桜が咲く。桜、桜、桜。
 やっぱり桜をみるのはすごくいい。

 昔を思い出すと、春と言えば、家の庭に植えられた梅の花をみたり、じいちゃんの桃畑で満開の桃の花をみたりしてた。近くの土手につくしを取りにいって夕飯で食べたりとか
 いろんな春がそこかしこでみてとることが出来た気がする。

 春は桜って、散ると終わりなんだろうか?

 たまにはいろんな春を味わってみたいと感じる今日この頃です


| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月になって

 新年度の始まり、そして7年目の東京生活の始まり

 結局、不器用なまま6年が過ぎた。もっとも不器用な6年目。
 おかげで、いろいろな人に支えられて生きていることを再認識した

 この想いを込めて、7年目の春をはじめます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »