« 新宿で飲む日々 『妻家房』 | トップページ | 調布、鬼太郎、布多天神社 »

府中、大國魂神社、武蔵野ビール工場

0704305
 GW前半の最終日。ぶらり東京近郊をめぐる旅にでてみました。今回は府中市です。

 府中市は、東京都のほぼ中央に位置している。江戸時代は宿場町として栄えた町だ。今回は、新宿駅より、京王線に乗って府中へ向かった。新宿駅からだと準急に乗り20分ほどで到着する。
 府中駅に到着して外にでると、いきなり駅ビルの中にでる。駅ビルにはシネコンも入っていてでかくちょっと驚いた。

 府中見物。まずは、府中市の産土神である『大國魂神社』へ向かう。駅から5分ほど歩くと2本の巨大な御神木が見えてくる。その御神木を通るとそこが大國魂神社となる。
 今日(4/30)からこの神社のお祭りである『くらやみ祭り』が始まるとのことだったが、境内はまだまだそんな雰囲気を感じさせないほど静か。ちょうど参道では、的屋のおじさんたちが白線を引きながら場所の割り振りに大忙しだった。また、境内にある樹木や灯篭には鉄柵が備え付けてあり、最初は修理中かと思っていたが、どうやら祭り際に倒れたり傷をつけないための対策らしい。
 せっかくなので出店の雰囲気でも味わえればと思っていたが残念だった。宝物殿に格納されているお神輿とこの祭りの目玉である大太鼓をながめて神社を後にした。

0704306
 神社の次は、サントリーの武蔵野ビール工場へ向かう。

 神社からだと歩いて10分~15分ほどかかる。途中には、東京府中競馬場があるが今日はお休み。静かな競馬場を遠くから眺めて一路ビール工場へ。

 サントリーの武蔵野ビール工場では、モルツやプレミアムモルツなどのビールを作っている。ここでは、工場見学をすることができ、サントリーのこだわり製法を材料の選別から醗酵・醸造、そして缶に詰めるまで細かに説明してもらえる。見学が終わるとビールの試飲(おつまみ付)をすることができ、プレミアムモルツと普通のモルツを昼間っからたらふくいただきました。作り立てだからなのか、ひときわ美味いビールです。
 見学は無料。飲めない人にはビールの変わりにジュースがでてきます。


大國魂神社
サントリー 武蔵野ビール工場

|

« 新宿で飲む日々 『妻家房』 | トップページ | 調布、鬼太郎、布多天神社 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/14907429

この記事へのトラックバック一覧です: 府中、大國魂神社、武蔵野ビール工場:

« 新宿で飲む日々 『妻家房』 | トップページ | 調布、鬼太郎、布多天神社 »