« 日本橋七福神を巡る その1 | トップページ | 日本橋七福神を巡る その3 »

日本橋七福神を巡る その2

 GWも残り2日。天気もよく、あたたかい今日は日本橋にある七福神を祀る神社を巡るりながら、都内を散歩する。

07050505
 人形町駅をすぎ、路地を歩く。人形町付近は先ほどのビル街と違い町の雰囲気が残っていて散歩のしがいがある。
 人形町駅から清洲橋通り方面へ歩くと『笠間稲荷神社』がある。この神社は、日本三大稲荷のひとつである茨城県の笠間稲荷神社の分社であり、分霊とともに寿老神を祀っている。
 境内にはお稲荷さんの石像が多数見られる。

07050504
 笠間稲荷を後にし、日本橋の路地裏を歩き、『末廣神社』へ。毘沙門天を祀っている。こちらもちょっとこじんまりとした入り口ですが、奥行きがあって鳥居をくぐるととたんに厳かな雰囲気を感じます。
 来週に例大祭を控えているらしく、提灯が飾り中でした。

07050506
 『松島神社』は大黒様を祀っている。他の神社と違い、ビルの1階が神社用のスペースになっている。虎ノ門にある金比羅神宮もこのような形、虎ノ門であれば再開発の影響をうけてしまいそうだが、まだまだ商店街のような町並みが残る人形町だけにかなり驚いた。

07050507
 人形町通りを越えて、『茶の木神社』へ行く。ここは、布袋様を祀っている。路地の中に入りさらに路地の入ったところにある小さな社。なかなか見つけにくいかもしれない。
 ちょうど例大祭の準備か、町の人たちが万国旗を町中に張り巡らせていた。東京で見かける祭りでは、町内に万国旗を張り巡らせるのをしばしば見かける。お祭り気分で?なぜでしょう?

07050503
 『小網神社』は福禄寿と弁財天を祀っている。日本橋小学校の裏手にあり、神社は町の一区画に出現した森のようだった。小さいながらも荘厳で、社の装飾もいままでになく立派な印象を受けた。
 この七福神巡りでみた社の中では町中の佇まいといい、社のかまえといい一番よい。

 さて、最後は水天宮。(続く)

|

« 日本橋七福神を巡る その1 | トップページ | 日本橋七福神を巡る その3 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/14968266

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋七福神を巡る その2:

« 日本橋七福神を巡る その1 | トップページ | 日本橋七福神を巡る その3 »