« 平成19年神田祭 神幸祭 | トップページ | 鳩って... »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのご)

 今月読んだ本のコメント

ぼくのともだち0705311
 エマニュエル・ボーヴの処女作(とのこと)。
 主人公のバトンは、孤独でひたすらいやなやつ、でも、寂しがりや。孤独さという自由を捨て切れないながらも人とのつながりを求めてしまう。都会的な孤独、ネット社会のような話。
 こういうマイナスな話は個人的に好きになれない....。でも、きっとわかる人にはわかる話なんだろう。

坂の上の雲〈4〉0705313
 黄海会戦が始まる。ロシア艦隊に対して必勝を余儀なくされる東郷ひきいる日本艦隊の雄姿が描かれる。秋山兄弟も登場するもののすでに日露戦争を描く時代小説となり語られてゆく。
 海軍と時を同じくして、陸軍も遼東半島を攻める。ロシア軍に対して、苦戦の連続から兵をいたずらに死に至らしめる乃木、伊地知には、司馬遼太郎の容赦ない批判が浴びせられる。本書の後半はほぼ司馬遼太郎のコラムといってもいい。
 ただ、リーダという役割の重要さ、そしていかに無能なリーダについた部下の無念さをありありと伝える四巻でした。

鴨川ホルモー0705314
 ホルモーというなぞの競技を始める青春活劇。
 読み終わってすっきりする爽快感があってなんとなく懐かしい。そう、この懐かしさは.....中学くらいに読んでいたライトノベルに似てるかもしれない。そんなちょっと若さを感じる物語。ただ、ホルモーの正体がわかってちょっと残念だったりしたのは、きっと大人になったってことだろう。

イナイ×イナイ0705312
 森博嗣の新シリーズは、Xシリーズ。前シリーズであるGシリーズで東京へ向かった萌絵と交錯する。
 そして、東京で発生する殺人事件。森ウォッチャーとすれば、四季と萌絵とそのほかの人々がどうなってゆくのかがとにかく気になるところ。今回も個性的なキャラクターが殺人事件を解決する。ただ、今回はいままでにいたような天才は不在?これまでとは一味違う森ミスティでした。

レバレッジ・リーディング0705315
 本は自分の投資のためにとにかく買って、とにかく読むべし。


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
坂の上の雲〈5〉
眉山
太陽の塔
裁判官の爆笑お言葉集

|

« 平成19年神田祭 神幸祭 | トップページ | 鳩って... »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/14905966

この記事へのトラックバック一覧です: 今月読んだ本with今年からのツン読(いのご):

« 平成19年神田祭 神幸祭 | トップページ | 鳩って... »