« 月島温泉で汗とアルコールを流す | トップページ | 江ノ島散歩と撮影会 その2 »

江ノ島散歩と撮影会 その1

 写真部再起動。1月の写真展が終わり、アーティスト?っぽく鳴りを潜めて半年が経ってしまいました。夏頃に始めた写真部なので夏になったら始動です。

 今回は、『散歩写真会』と題して、現地集合、即解散、自由行動、現像して飲み屋に集合、写真を観ながら語らうという企画です。第一回目は『江ノ島』、すでに初夏の陽気は通り過ぎ、夏真っ盛りといっても過言じゃないこの頃なだけに、海と町と人を撮るのにもってこいのはずです。

0707081
 自分にとっては、初江ノ島。江ノ島といえばやはり江ノ電。ということで、藤沢から江ノ電に乗って江ノ島駅に向かいます。
 レトロな江ノ電。外でも駅の中でも写真を撮る人が多い、そんな人たちにまぎれて撮ります。藤沢から江ノ島だと景色はそこまで風光明媚ではないようです。10分ほどで江ノ島へ到着。単線の江ノ電は江ノ島で上りと下りが離合するようになっています。

 11時に駅集合でしたが、ちょっと早く着いたので駅前の通りをぶらぶらと歩きます。
 数店ある飲食店の軒先にはどこも『生しらすあります』の看板がかけてある。和食もピザ屋もなんでもしらす入りらしい。江ノ島名物=しらすってことがわかりました。

 11時になり部員がちらほら集合。約1名の遅刻者は後ほど合流ということで、一路、江ノ島へ。

0707082
 商店街には、海に近いこともあって、サーフショップが並ぶ。そんな並びの中に、原色が漏れ出すような鮮やかな店があった。スマートボールと射的が遊べる店(店名は忘れた)。
 早速入って、スマートボールを打つ。スマートボールは手打ちのパチンコのようなもの。そういえば、唐津くんちの露店でむかしスマートボールもあった。3×3の穴が開いていて、一列揃うとお菓子がもらえる。ここでは、普通にパチンコのようにひたすら打って楽しむのみ。盤上に開いた穴に玉が入ると追加で玉がもらえる。1回200円でかなり遊べました。

 女性陣は射的に夢中。こちらは並んだ景品に向けてコルク玉を飛ばし、台から打ち落とした景品がもらえる。
 狙っているのはライター、ライターに書かれた絵がエロい。店のおばちゃんも優しいのかどうかわからないが、何回もやっていると落としやすくしてくれていた。そして、ゲット!どこで使うんだろ?
 ちなみに他にも牛の置物など間違いなく置き場に困るアイテムが目白押しでした。

0707083
 さて、射的屋をすぎれば江ノ島は目の前。江ノ島入口から江ノ島弁天橋が延びる。
 橋を渡りながら海を眺めると、左手にはヨットの群れ、右手にはジェットスキーが走る。ウィンタースポーツまっさかり、ほのかに潮の香りがして風が心地いい。シャッターを切りながら歩くとあっという間に島についた。

 島に着くと橋の道なりに神社の参道がつながっている。

0707084
 ちょうどお昼時だったので、そのまま参道にある飲食店を物色。路地裏にある島唯一の漁師さんが経営する店に入ってみた。江ノ島といえば、しらす!ということで、しらすのかきあげ定食をいただく。揚げたてさくさくで美味しくいただきました。他にも魚介類が豊富なメニューがたくさんあります。

 腹ごしらえをして、引き続き江ノ島を歩く。撮影会というよりも、観光になってないか?!(つづく)

江ノ島マニアック

|

« 月島温泉で汗とアルコールを流す | トップページ | 江ノ島散歩と撮影会 その2 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/15702642

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島散歩と撮影会 その1:

« 月島温泉で汗とアルコールを流す | トップページ | 江ノ島散歩と撮影会 その2 »