« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのはち)

 今月読んだ本とそのコメント

200708311夜は短し歩けよ乙女
 森見登美彦氏が描く青春の片想いストーリー。京都の町の中でサークルの後輩に恋焦がれる主人公の先輩がひたすら彼女の姿を追い求める。
 「太陽の塔」に心打たれて森見登美彦氏のこの本を読んでみた。男の悲哀がポップでキッチュに書かれていてなんとも面白かった。どこか屈折しているがここまで男子をストレートに表現した本は読んだことがなかった。そして、風が吹いたら桶屋が儲かるようなストーリー展開がまた心をつかまれる。

 この男心は女にわかるまいと思ってしまう男子必携の一冊。


200708313年中行事覚書
 民俗学の祖・柳田國男氏の著書。昭和30年にかかれたもの。
 前書きには『季節がくれば行われる年中行事。毎年くりかえしただけでは意味がない。そしてこれからどうあろうとしているのかを考えるため、なぜ行うべきか、どのような年中行事があるのかを記録する。』とある。すでに50年前に年中行事は形式化の憂き目にあると感じられていたようだ。事実、いまの年中行事はコンビニの季節の販促製品のためにあるかのような存在に感じる。もちろん、ライフスタイルの移り変わりも大きな一因ではある。

 なぜ年中行事を行うのか、またどのような年中行事があるのか、当時の視点で細かくかかれていて面白い。
 もっとも興味深かったのは旧暦の影響が強く感じられたこと。年中行事というならば、季節ごとの必然性により行われており、当然旧暦を基準とされていた、もしくは旧暦の伝統を残したものが多々ある。明治6年より新暦が採用されているが、昭和30年まで色濃く残っているようだ。


200708312坂の上の雲〈7〉
 奉天会戦の火蓋が落とされる。日本にとっては陸軍の総力戦となった戦い。戦力は圧倒的にロシア軍に分があり、旅順は陥落後の傷がいえないままの戦いとなる。日本の運命を決める戦いの火蓋がきって落とされる。
 また、バルチック艦隊は、ロシアからの旅も終わり、長い旅路から開戦へと船を進める。

 時代の流れ、国や人の動きが戦争の結果を紡ぎだしていく。
 勝利へ近づいていく日本の姿には、江戸・幕末期に培われてきた日本人の姿勢が感じとれる。が、同じくらい偶然や運命で物事の趨勢が決定される運命のイタズラのような背景もみせてくれるのが面白い。
 次巻で終わり、長かった日露戦争と読書もとうとう完結する。


200708314岸和田だんじり讀本
 毎年9月中旬に行われる大阪市泉州地区の秋祭り・だんじり祭。
 勇壮、豪快で知られるだんじり祭の中の人が書いた岸和田だんじり祭についての一冊。

 祭の当事者が取材と執筆を行っており、岸和田だんじり祭について、だんじりの組織、祭のあり方、だんじりの彫刻そして彫り師まで幅広く解説されている。また、各町の紹介についても細かく書かれている。
 観光とは違う、祭の視点で書かれた1冊は、祭や地域に対する情熱と愛がひしひしと伝わってくる。

 祭とは、年間を通して行われる様々な地域行事の一つであり、地域のその年の始まりと終わりが凝縮された日が祭だと思っている。そして、この本の中にあるのは、だんじりとは何かではなく祭りとは何か、地域とは何かということ。

 あと半月ほどで行われるだんじり祭。数年前から9月の連休に開催日が変更になったらしい。今年行ってみようかな?


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
逆立ち日本論
幸福な食卓
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
見えないドアと鶴の空
坂の上の雲〈8〉
四畳半神話大系
言い寄る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

原宿、表参道、スーパーよさこい

200708261
 天気のよい日曜日。表参道で行われているスーパーよさこいを観に行ってみた。

 毎年8月の終わり頃に原宿、表参道で行われてるスーパーよさこい。いま、日本を席巻しているYOSAKOI系のお祭。いくつかの会場があり、今日は表参道の通りで行われていたパレードを観た。
  木陰が心地いい表参道の通り。普段とあまり変わらない人通り、でも今日はちょっとだけ年齢層が高めな気がする。通りに着いたときにはすでにパレードが始まっていたので、適当な場所をみつけて見物する。

 スピーカと唄い手さんを載せたトラックを先頭にして、カラフルな衣装を着た踊り子が列をなしてパレードする。
 どのグループも衣装、音楽、踊りと趣向を凝らしていて見事でした。でも音楽のジャンルなんかはグループごとで様々、はて?鳴子を持って踊っていれば『よさこい』なんだろうか?
 暑いなか、元気に踊っているさまは観ているほうも気持ちがよい。


 さて、今日本中でブームになっているYOSAKOI系のお祭。なぜ、どこの地域もこぞってYOSAKOIなんだろう。一過性なブームで終わってしまうのか、はたまた根付いていくものなのか。
 自分も含めて今を生きる人のライフスタイルにあった一つの祭の在り方なのかもしれないと思う部分もある。なんとなく、マニュアル化されていて、簡単に作ることができるお祭のような感じもする。
 う~ん、YOSAKOIってなんだろう?よくわからない。

 でも、みんなが作って、続けていけるといいんだろうなと思います。


原宿表参道元氣祭スーパーよさこい(オフィシャルサイト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝高校野球全国制覇!佐賀北


 今日は、高校野球決勝戦。佐賀北対広陵の試合は5対4で佐賀北が勝利!

 全国制覇を成し遂げたことも、試合内容も『すごい!』の一言につきます。佐賀北ナインの皆さん、おめでとう。


 仕事のため、試合の模様は観れず。
 シフト勤務だったので、お昼の時間に試合開始から2回表まで観てましたが、先制点を取られてうーん、やはりここまでか?と思いつつ食事を終えて仕事へ。仕事に戻ってからはこっそりと速報サイトを観ながらこまめに更新して確認してました。

 8回表を終わって4-0で広陵がリード。広陵強いな~、ここまで頑張ったからなぁと思いつつサイト更新。
 8回裏になっていて、佐賀北が1点を取り返していた。おお、取り返した、ちょっとは返せるかな~、と思いつつサイト更新。

 8回裏、5点。えー、5点!こりゃ、すごい。
 で、なんでかと思ってサイトの実況を読んでみてまた驚いた。

 起死回生の逆転満塁ホームラン!

 文字読んだだけで、鳥肌立ちました。なんか急にテンションあがってきて、仕事が手につかない。会社休んででも中継観たかった!

 すごい!の一言で固まってしまいました。これぞ高校野球。最後までなにがあるかわからない。
 たかだか1点だけど、この点数のインパクトは大きく、9回表の広陵の攻撃は危なげなく終わったようで試合終了。

 ホント、試合を観てないけど、震えました。そして、感動しました。
 みんな普通の高校生ですよ。野球好きの高校生。それでも頂点に立てるんだと、すごい。そこはかとなく、嬉しさがこみ上げてきます。


 というわけで、今日は祝杯!
 ホームランシーンは是非観たいので後輩に熱闘甲子園の録画を頼んで、飲みました。今日の酒はきっと美味い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Googleマップをサイトに貼り付ける

 以前からGoogleマップが簡単にWeb上に貼り付けられたらと思っていて、APIをあれこれいじりながら結局できなかったんですが、とうとう簡単に貼り付けることができるようになりました。

 貼り付け方は簡単。Googleマップで貼り付けたい箇所を表示して、地図の右上にある『このページをリンク』をクリック。すると『HTML を貼り付けて....』という欄が登場するのでそこにあるHTMLをサイトに貼り付けるだけ。YouTubeの動画を貼り付ける感覚です。

 試しに貼り付けてみる。ついでに、マイマップで作成した唐津くんちの巡行図を貼り付けてみる。ちゃんとできるかな?



拡大地図を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆休み終わり、佐賀北ベスト4!

200708191
 盆の帰省を終わって、明日から仕事です。まずは職場復帰のためのリハビリが必要かも....。

 今年の盆休みはほぼ家でのんびりとしてました。その分、普段よりも多めに高校野球を観ていてこれほど面白かったのかと驚いてしまいました。かなり拮抗した試合の中でちょっとした安打やエラーから流れが変わったり、手に汗握る面白さです。プロ野球にはない緊張感もたまりませんね。

 さて、特に地元志向で佐賀北高を応援していたわけですが、思わぬ快進撃でかなり驚いております。毎試合の逆転され、追いついてのシーソーゲームも観ていて面白い。

 本日終了時点でベスト4進出。はっきり言って、今日の対帝京戦でお疲れ様と思ってました。だってね、佐賀の高校なんてどこもほぼ烏合の衆です。特待生制度とかで問題がありましたが、やっぱりエリート集団の常連校とじゃ雲泥の差、佐賀県の高校が野球漫画にでもでようもんなら強豪校の1回戦の当て馬的な存在でしょうね。
 でも何が起こるがわからないのが高校野球、1人の天才よりも、チーム力が勝利の鍵なのかもしれない。

 私が高校3年の時に、佐賀商が佐賀県初の全国制覇を成し遂げました。そのときのチームはチーム力が勝利の鍵だったはず。今は勢いもあるだろうし、是非、がんばって全国制覇を果たして欲しいものです。


第89回全国高校野球選手権大会(asahi.com)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幕洗い観れんかった

200708185
 夏の町田川に囃子が響き渡る幕洗い行事。昨年から市をあげての観光行事扱いになってます。今年の7月から週末ごとに各町が船をだして舟遊びに興じておられます。

 帰省している間に観に行きたいと思ってましたが、タイミングがあわず、本日(8/18)は木綿町さんの幕洗いでしたが行けずじまいでした。残念。来年こそは。

 ちなみに、3才になる甥っ子は別の機会に観たらしく町田川近くを通りかかった際に囃子の音に誘われて走っていったらしい。甥っ子いわくヤマがいると思ったのにいなかったので、すぐに戻ってきて「酔っ払いしかおらんやった」と一言。(笑)
 まぁ、幕洗いだからなぁ。

 さて、幕洗いは9月まで行われているようです。


唐津くんち「幕洗い行事」開催(唐津市ポータルサイト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今泉で飲む日々 『餃子屋 弐ノ弐』

200708171
 お盆と言えば同窓会。福岡で高校時代の友人たちとプチ同窓会をやりました。
 ネットで調べて、最近話題になっていそうなお店『餃子屋 弐ノ弐』へ行ってきました。

 『弐ノ弐』はその名のとおり、餃子をメインとした中華のお店。4月頃にできたらしく、本店は熊本にあり、そこも人気の店だとか。内装はアジアの料理店風、テラス形式で外にもテーブルがありすでにいくつかのグループがわいわい飲んでました。

 メニューはメインの餃子が焼餃子、水餃子、汁(スープ)餃子の3種類あり、あとはえびチリなどなど中華系が多い。そして、種類が多くてどれもかなりリーズナブルだ。

 まずはビールを飲みながら、ミミガーをつまみに飲む。こりこりが少なくてベーコンのような感じ、とりあえずにもってこい。

 そして、メインの焼餃子。外側がカリカリ、中がとってもジューシーな餃子で、これもつまみにもってこい。つまみといいながら、思わず白ごはんを頼んでしまった。ごはんにもよくあいます。
 水餃子、汁餃子はもちもちの皮が美味しい。

 ほかにも、えびチリやニラもやしなどなどを注文、どれも小ぶりなのでいろいろと食べたいときにはよい店です。

 ちょっと賑やか過ぎてちょっと話すのが大変ですが、ビールが似合う夏にもってこいのお店です。


餃子屋 弐ノ弐(食べログ)
餃子屋 弐ノ弐(グルメWalker)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精霊流しと送り火

200708151
 盆の終わりは精霊流しをしに松浦川へ行く。親戚が集まり、送り火のかわりに花火をするのが毎年の恒例行事。昔は帰郷したいとこと一緒に打ち上げ花火を盛大にあげていた。今は甥っ子やいとこの子が主役になって手持ち花火で遊ぶ。

 盆も今日で終わり、これからは残暑が厳しくなる季節になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子守

200708131
 甥っ子が夏風邪で高熱をだしたために、看病で付きっ切りの姉に代わって、姪っ子の子守をすることになった。

 甥っ子に比べて、姪っ子のおとなしいこと。ぐずって泣きそうになってもちょっとあやしてあげるとすぐに落ち着く。とっても子守がしやすい。3才の甥っ子は暴れん坊っぷりがさらにパワーアップの真っ最中。逆だったら楽なのに....。
 一姫二太郎とはこういうことかと再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総体模様、松浦川、ボート決勝

200708121
 今年の高校総体は、佐賀県で開催中。唐津でもいくつかの競技が行われている。

 今日は天気がいい、風が強くて心地いい。家でのんびりしていると、どこからか声援が聞こえてきた。どうやら、松浦川で総体のボート競技があっているらしく。甥っ子を連れて観戦に行ってきました。

 汐留め堤防までいくと、松浦川ボートハウスの前にはたくさんのテントが張ってあり、川には即席のコースが作られている。橋の上には数名の観戦者がいる。
 すでに競技は進んでいて、1人乗りのボートが数隻浮かんでいる。ボートハウス付近がゴール地点らしく、競技が終わって戻っているところらしい。

 それにしても、今日はとにかく風が強い。川も荒れていて普段は適度に凪いでいるのにひどく波がたっている。
 で、その川で競技をやっているわけですが、数隻のボートが転覆してました。こんな状態で競技をするのは大変そう。しばらく眺めてから家に戻ります。

 ちょうどぴーぷる放送でボートの中継をやってたので、続きはそちらで観戦。佐賀勢は決勝には残ってませんでした。


2007青春・佐賀総体公式ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省して、土曜夜市へ

200708111
 夏休みをとって、帰省しました。
 羽田空港は、朝10時の時点でかなりごった返してましたが、それでも搭乗はスムーズにできました。飛行機はもちろん満席。昼過ぎには到着、福岡空港も人が多い。そして、一路唐津へ。

 よく晴れている。暑いけど、こちらのほうが東京に比べて涼しい。東京は熱がこもりすぎてます。
 唐津に近づくと、白砂青松の海岸線が見えてくる。見るだけで癒される景色です。


 今日は、土曜日。唐津の夏の土曜日といえば、土曜夜市がある。小さいころは露店を見ながらアーケードを一通り周って、最後に中町の池田屋でカキ氷を食べるというのがお決まりのコースでした。でも、行かなくなってかれこれ数年経ちます。
 今日の土曜夜市では、赤獅子と金獅子が出動するとのことで、久しぶりに行ってみることにしました。

 赤獅子は展示場から刀町までをちびっこ限定で曳かせるというので、甥っ子を連れて参加。
 17時半頃に展示場に行きましたがすでにたくさんのちびっこが集まってました。展示場からでている赤獅子と金獅子を眺めながらヤマがでるのを待ちます。

 18時ちょっと前に綱が張られて、いっせいにちびっこが綱につきます。ちびっこだらけの綱と側につく親御さんたち(自分も含めて)で大変な大所帯になりながらゆっくりとヤマが移動します。最初は綱の外側だけにしかつけてなかったようですが、子どもが多すぎたため、急遽内側にもいれて曳いてました。
 参道をでてから、普段とは逆に曲がり、市役所前のとおりをあがり、刀町へ。少しだけの巡行でしたが、曳いてたちびっこはどの子も満足そうでした。甥っ子もハニカミながらまんざらでもない様子です。いい思い出になってくれるといい。

 久しぶりの土曜夜市なので、甥っ子と一緒に周る。甥っ子のあれ欲しいこれ欲しいという攻勢を右から左に受け流しながら楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻布十番で飲む日々 『角打割烹 玄海きよし 麻布十番店』

0708041
 唐津くんちをモチーフにしたお店『玄海きよし』に行ってきました。唐津っことしてはどうしても行っておかないと行けません。
 上京して初めて麻布十番に上陸しました。どんな街かはよくわかりませんが、駅をでるとでっかいでっかい六本木ヒルズが見えます。そして、大きな通りからちょっと中に入ると通りがある、外灯の光がちょっと明るくておしゃれな通りに感じます。

 そんな初上陸の麻布十番をちょっとだけ迷いながら、見つけた『玄海きよし』。看板は、5番ヤマ 鯛が元気よくあばれてます。神祭図の鯛っぽいですね。ちなみに正面からみると鯛独特のふっくらした厚みがなくて、普通の鯛でした。

0708042
 さて、店内ですが、入ると右手に土人形がぶら下がっています。どうせなら、テーブルとかに置いて欲しいところ。さらに、店内には宵山の時に使う各町の提灯が飾られています。この提灯、自家製でしょうか?

 店内は奥行きがあるつくりになっていて、カウンター、テーブル、座敷があります。今日は、座敷に通してもらいました。座敷にはテーブルが2つあり、それぞれのテーブルの壁際には、武田信玄の兜と上杉謙信の兜のレプリカが壁に飾ってありました。謙信は....、残念。塗り替えが必要です。でも、雀は3羽のってました。

 落ち着いて座ってみると、かかっているBGMがなぜかピーヒョロピーヒョロ....。唐津ん囃子じゃなか!!しかも、店員さんも東京の祭りスタイル....。うーん、残念。こだわって欲しかった。

0708043
 料理のほうは、割烹というだけあってちょっと値段は高め。でも、唐津直送のお刺身をいただきました。これは味に保証付です。唐津っこからするとさしみ醤油がなかったのが心のこり....。

 他にも三瀬鶏の竜田揚げなどをいただきます。なぜか、むつごろうの甘露煮まである。せっかくなので初めてむつごろうを食べてみました。泥臭いかとおもいきや、しっかりと煮てあって美味しくいただきました。他にもいかしゅうまいがあったりします。

 この店は、焼酎のラインナップがすばらしい。酒造別にメニューが揃えてあり、ようわからんけど裏メニューが惜しげもなくでてきます。あいにく初めてみるような銘柄ばかりでした。


 さてさて、せっかく来たのでお店の方とちょっとだけ話をさせてもらいました。ここのお店は都内で数店の店があり、その店で唐津直送の魚を扱っているとのこと。その縁があって、くんちをモチーフにした店を作ったとの事でした。というわけで、唐津っこが来ると思わずいろいろとてこ入れをしたくなるところがあったります。でも、東京の地でこういう店があるのはうれしいもんです。東京で、囃子がきける店にして欲しいですね。


角打割烹 玄海きよし 麻布十番店

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノートPC、海を渡る

0708051
 注文したDellのノートPCです。Dellは海外にて注文したハードのキッティングを行っています。キッティング完了後、海を渡ってくるわけです。Dellのページには注文したノートPCの状況を確認することができます。

 現在の状況はキッティングが完了し、今は船で日本に向かっているところ。到着は8/10くらいらしい。
 ちょっとかかります。それまでは、漫喫で辛抱です。早く来い、Dellノート。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有楽町で飲む日々 『ニユートーキヨー 数寄屋橋本店屋上ビアガーデン』

0708031
 夏の風物詩と言えばビアガーデンです。すでに夏真っ盛りですが、暑気払いと題して、今年も会社の担当と仕事をしている方々を引き連れてビアガーデンに行ってきました。

 今年は、銀座の数寄屋橋交差点近くにあるニュートーキョーは老舗のビアホール、時々お世話になってます。夏場になるとビルの屋上が開放され、ビアガーデンになる。
 この日は飲み放題食べ放題コースを選択。好きなだけビールを飲んで、後はジンギスカンを食べたいだけ食べる。残念なことにサイドメニューは別料金。なので、ひたすらジンギスカンを食べまくる。飲んで話してるとあっという間なので特に飽きはしませんでした。たまには雰囲気を変えて、銀座と汐留の夜景を見ながら夜風に当たって飲むのもまた格別です。


ニュートーキョー
ニュートーキョー 数寄屋橋本店屋上ビアガーデン
ニュートーキョー ビアレストラン 数寄屋橋本店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートPC壊れる

 長年使用していたバイオC1が、昨日カラカラカラという乾いた音を出した後にブルースクリーンを表示させてお亡くなりになってしまいました。享年6歳.....。

 一昨日くらいから、ディスクにアクセスするたびに時々ガリガリ、カラカラと音をたてていてやばいかもと思っていましたが、耐え切れずにブルースクリーン。そのまま、シャットダウンさせました。まだ仮死状態かもしれませんが、ディスク内のデータもまだ取り出したいのでとりあえず沈黙させておきます。さて、困った。

 我が家には3台のPCがありますが、Macはすでに10歳超で、搭載OSはOS9。インストールされているブラウザがIE5だったり、icabだったり、ネスケ6だったり、まともに動きません。(こんなやつでも愛着あるから捨てられない)

 もう一台は自作のタワーPC。これも6歳超。このPCもなぜか数日前からマウスの左クリックが壊れて、キーボード操作のみで使っているがどうやらキーボードの動きも怪しい。熱のせい?まともに動きません。そして、キーボードのみのWebブラウジングのつらいこと、ひたすらタブです。タブ、タブ、タブ、リターン。サイトによって、タブの動きが違うのがちょっと面白い発見かな。

 仕事では、やれRAIDが1だ5だとか、バックアップはストレージだとか言ってますが、家のPCはもろいものです。バックアップをいろいろと考えなきゃなぁ。

 というわけで、勢いのままDellのオンラインストアでノートPCを即購入しました。簡単にカスタマイズで、欲しい構成にすることができて非常に便利。OSしか入ってませんが、メモリとかHDDとかもろもろ増強して13万ほどです。安い!(のかな?)。あとは来るのを待つばかり、でも確かDellって海外でキッティングして送られてくるんだっけ?いつ届くのやら....。当面は会社帰りに漫喫で満喫することになりそうです。

 一番困っているのは、iPodの充電ができないこと。そして、デジカメの写真が取り出せないこと。iPodはこっそり会社で充電しております。


 さて、バイオC1は今となってはちょっとトロいけど、サイズ的にはかなり重宝してます。付属の動画編集ソフトも結構便利で使いやすい。修理にだしてリフレッシュさせる予定。あとは家用にRAID構成のTBストレージとか欲しい。欲求は尽きず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »