« ノートPC、海を渡る | トップページ | 帰省して、土曜夜市へ »

麻布十番で飲む日々 『角打割烹 玄海きよし 麻布十番店』

0708041
 唐津くんちをモチーフにしたお店『玄海きよし』に行ってきました。唐津っことしてはどうしても行っておかないと行けません。
 上京して初めて麻布十番に上陸しました。どんな街かはよくわかりませんが、駅をでるとでっかいでっかい六本木ヒルズが見えます。そして、大きな通りからちょっと中に入ると通りがある、外灯の光がちょっと明るくておしゃれな通りに感じます。

 そんな初上陸の麻布十番をちょっとだけ迷いながら、見つけた『玄海きよし』。看板は、5番ヤマ 鯛が元気よくあばれてます。神祭図の鯛っぽいですね。ちなみに正面からみると鯛独特のふっくらした厚みがなくて、普通の鯛でした。

0708042
 さて、店内ですが、入ると右手に土人形がぶら下がっています。どうせなら、テーブルとかに置いて欲しいところ。さらに、店内には宵山の時に使う各町の提灯が飾られています。この提灯、自家製でしょうか?

 店内は奥行きがあるつくりになっていて、カウンター、テーブル、座敷があります。今日は、座敷に通してもらいました。座敷にはテーブルが2つあり、それぞれのテーブルの壁際には、武田信玄の兜と上杉謙信の兜のレプリカが壁に飾ってありました。謙信は....、残念。塗り替えが必要です。でも、雀は3羽のってました。

 落ち着いて座ってみると、かかっているBGMがなぜかピーヒョロピーヒョロ....。唐津ん囃子じゃなか!!しかも、店員さんも東京の祭りスタイル....。うーん、残念。こだわって欲しかった。

0708043
 料理のほうは、割烹というだけあってちょっと値段は高め。でも、唐津直送のお刺身をいただきました。これは味に保証付です。唐津っこからするとさしみ醤油がなかったのが心のこり....。

 他にも三瀬鶏の竜田揚げなどをいただきます。なぜか、むつごろうの甘露煮まである。せっかくなので初めてむつごろうを食べてみました。泥臭いかとおもいきや、しっかりと煮てあって美味しくいただきました。他にもいかしゅうまいがあったりします。

 この店は、焼酎のラインナップがすばらしい。酒造別にメニューが揃えてあり、ようわからんけど裏メニューが惜しげもなくでてきます。あいにく初めてみるような銘柄ばかりでした。


 さてさて、せっかく来たのでお店の方とちょっとだけ話をさせてもらいました。ここのお店は都内で数店の店があり、その店で唐津直送の魚を扱っているとのこと。その縁があって、くんちをモチーフにした店を作ったとの事でした。というわけで、唐津っこが来ると思わずいろいろとてこ入れをしたくなるところがあったります。でも、東京の地でこういう店があるのはうれしいもんです。東京で、囃子がきける店にして欲しいですね。


角打割烹 玄海きよし 麻布十番店

|

« ノートPC、海を渡る | トップページ | 帰省して、土曜夜市へ »

「酒」カテゴリの記事

コメント

東京に行った時はぜひいってみたかです!
大阪にも唐津ん店あるんですけど、
かなり遠くて未だにいけてません(汗)
やっぱり細かくこだわっててほしいですね~。

投稿: かえ | 2007/08/09 23:21

>かえさん
東京に来たときは是非行ってみて下さい、ちょっと高いけど。
まだまだテコ入れするとこがいっぱいあるので遠慮なく突っ込んであげなくちゃ。

投稿: dktalk | 2007/08/10 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/16016299

この記事へのトラックバック一覧です: 麻布十番で飲む日々 『角打割烹 玄海きよし 麻布十番店』:

« ノートPC、海を渡る | トップページ | 帰省して、土曜夜市へ »