« 2007年のくんちポスターできました | トップページ | 堺、船待神社、ふとん太鼓 »

勇壮!岸和田だんじり祭 その1

200709151
 大阪・岸和田地区の秋祭り、岸和田だんじり祭に行ってきました。

 昼過ぎに関西空港へ到着、電車に乗って一路、岸和田へむかう。
 岸和田駅に近づくと電車の中からさっそく走っていくだんじりが見えた。なんとなく気がはやります。駅はかなり人がごった返していて、構内も外にでても人だらけ、特に商店街側にはすでにたくさんの人垣ができている。さっそく、のぞいてみると商店街の入り口にだんじりが1基あり、だんじり上から観客にむけてものが投げ込まれていた。そして、それが一通り終わった後は派手にクラッカーがなる。そして、駅前を豪快にやりまわして行った。
 これは、パレードという催し物が行われていたらしい。

 次のだんじりのやりまわしを見て、駅を離れた。そこからだんじりと人の流れにのって町を歩くことにした。大阪もだんじりも初めてなので、地図を片手に町を歩くことにした。せっかくだから間近でやりまわしもみたい。
 ちなみにやりまわしというのは、だんじりが方向を変えるときの動作のこと。方向転換は前梃子、後梃子が舵役となりだんじりの向きを変える。スピードをのせて曲がるため、豪快なやりまわしがだんじりの見所の一つとなっている。

 駅をでて、道なりにあるくと、大通りにぶつかる。通りには露店が並んでいて人がとにかく多い。だんじりが曳行する箇所は人がたまっていてなかなかみることもできない。だんじりはひとまずおいて、岸和田城と神社を見に行くことにした。

 岸和田だんじり祭は岸和田城城下町の祭であり、岸城神社と岸和田天神宮の例大祭となっている。16日に行われる宮入りもこの岸和田城の堀を周り岸城神社へと向かうこととなっている。

200709152
 地図を片手にまずは、岸和田城へ。城へ向かう坂をこなから坂といい、この坂が宮入りの際の一つの見せ場となっているらしい。岸和田城の天守閣はそんなに高くないようだった。ここで、微妙な天気から一転、夕立のような雨が降ってきて、城の中でちょっと休む。なんでも、だんじり祭は雨が多く、下駄祭(げたを履いてでも見に行く)とも呼ばれているらしい。

 雨があがったのを見計らって、神社へ。神社は、城のすぐ近くにあった。現在、本殿は改修中とのことで、境内にある岸和田戎神社がそのかわりとなっていました。
 神社にきて驚いたのは、神社周辺に露店がなく、あまり神社に参拝客がいないこと。通常、神社の祭礼と言えば神社を中心として、祭が行われていることが多いので、一番の賑わいをみせるのは神社周辺だと思っていた。これは、岸和田特有なのかはたまた神社の決まり事があるのか、なぞです。

 神社をでて、地図を片手に曳行コースへと向かう。ひたすらぶらぶら。
 だんじりでは、曳行コースは決まっているものの、各だんじりはそれぞれで曳いているためどこにだんじりがいるかがよくわからない。とりあえず、コースをぶらぶらするしかない。

 商店街に近づいたときに、たまたまだんじりが通ったので動画にとってみました。商店街を駆け抜けていくだんじりも見ごたえ十分です。

 というわけで、一通りみて、今日は岸和田を後に。
 明日は、朝から見る予定です。

岸和田市:岸和田だんじり祭
岸和田だんじり祭 年番公式サイト

|

« 2007年のくんちポスターできました | トップページ | 堺、船待神社、ふとん太鼓 »

「祭り・フェスティバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/16461020

この記事へのトラックバック一覧です: 勇壮!岸和田だんじり祭 その1:

« 2007年のくんちポスターできました | トップページ | 堺、船待神社、ふとん太鼓 »