« 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 | トップページ | 10月になりました、後一ヶ月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのく)

 今月読んだ本とそのコメント

0708315誤解された仏教
 日本で根強く信仰されている仏教。今では主に死者・仏様についてお世話になることが多い。しかし、本来の仏教とは何か?その問いに対する答えがこの本にはある。

 「霊魂は存在しない。」「本来の仏教に死者儀礼は存在しない。」など、今自分が信仰の対象にしている仏教を否定されているかのような内容だった。

 この真意は始まりの地・インドで作られた仏教の概念は何か?ということだ。本来の仏教には霊魂や死者という概念はなかった。しかし、インドから日本へ伝わるまでに変化し、さらに日本土着の宗教と結びつき現在の姿に変化していったということ。日本の仏教は、また別の概念であり、仏教を語るでのあれば、原理に立ち戻るべきだと感じた。

 また、宗教には二つの種類がある。悟りを求めるものと救いをもとめるもの。もともと悟りを求める仏教が、日本に入り、救いを求めるものへ変化し、民衆に受け入れられた背景があったことがあったらしい。

 いろんな意味で、興味深い本だった。ただ、専門的な記述が多々あり、軽い感じでは読めないし、中途半端な知識ではついていけない部分も多かった。

200709301言い寄る
 30年前に書かれた田辺聖子さんの恋愛3部作。最近、カバーを刷新し、リニューアル刊行された。

 愛してないのに気があう剛。初めての悦楽を教える大人の男、水野。恋、仕事。欲しいものは手にいれた、31歳の乃里子。でも、唯一心から愛した五郎にだけは、どうしても、言い寄れない。

 恋の形は30年経ってもまったく色あせない、変わらない。その内容に驚きつつ読んだ。
 言い寄るという絶妙なタイトルどおり、女も男もとにかく不器用というか、伝わらない想いがあふれていてやきもきする。男にとっては女心を勉強するための一冊と言えるかも。

200709302坂の上の雲〈8〉
 坂の上の雲、完結。
 日露戦争もとうとう大詰め、日本海海戦の火蓋が切って落とされた。日本側に要求されているのは完全な勝利。ただ、勝つだけではなく、1隻残らず露軍の軍艦を沈めなければならない。
 結果、史上まれにみる「完全な勝利」を得て、日露戦争の終結となった。

 巻末には、「坂の上の雲」刊行当時のあとがきが6編掲載されており、司馬遼太郎氏の言葉や追記などを読むことができる。

200709303逆立ち日本論
 日本人とは何か?について、内田樹氏と養老孟司氏の対談をまとめた一冊。

 なぜ逆立ちとなっているか?ユダヤ人とは何かを問う章にこうある

 「ユダヤ人は殺せ」という声が上がったときには、「あなたはどのような根拠によって私を『ユダヤ人』だと定義するのか」というような悠長な問いを発している暇はない。とりあえず逃げ出すしかない。そして、「ユダヤ人を殺せ」と言ったらあいつは逃げ出したという事実が、からは紛れもなくユダヤ人である根拠に登録される。

 このような視点で語る日本論。

 このお二人の本を読んでいて助かるのは何を前提とすればよいのか?この本の中の前提が正解というわけではないのだけど、最近のネットやテレビの議論って前提なしでいいか悪いかを杓子定規にやってることが多いですね。そんな議論のきっかけになる本でした。

200709304キラレ×キラレ (講談社ノベルス)
 森博嗣氏のXシリーズ2作目。
 地下鉄で発生した連続切り裂き事件を鷹知祐一朗と小川令子が解明していく。
 軽快な会話を主として事件を捜査する二人、事件のインパクトとしては大したことはない。Gシリーズと平行で刊行されているこのXシリーズ。大きな流れもしくは結末を意識させる中の1編という感じがする。

 次回作にも期待。

200709305岸和田だんじり祭 地車名所独案内
 観光案内用として購入してみました。
 前ページがカラーで見やすい。だんじりの紹介に始まり、各町の紹介なども掲載されている。町ごとにページをさいてあり法被の柄、だんじり、その町の曳きかたや見所といったところが詳しく書かれている。
 曳行路の説明では、見所となる要所を一つ一つピックアップしてあり、昔の写真などを取り入れて書かれており、非常に見やすい。

 これ一冊で観光のお供と、だんじりと、岸和田の歴史を把握できる一冊です。

200709306四畳半神話大系
 大学3回生の主人公。薔薇色のキャンパスライフを送るつもりが気がついてみれば、なにもないまま3回生に。いったいなぜこうなってしまったのか。そして、不毛な独白と波乱の学生生活が続く。
 まさに神話となる4本の短編からなる四畳半に住む主人公の物語。

 もし、入学するときに別のサークルに入っていれば。もし、あんな友人さえいなければという、しょうもない後悔とこの屈折した学生生活に思わず共感してしまう。

 最後にはすがすがと屈折したさわやかさが残る物語。森見登美彦はおもろい。


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
幸福な食卓
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
見えないドアと鶴の空
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
ゾラ・一撃・さようなら
NEXT 上 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
NEXT 下 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
李陵・山月記 (新潮文庫)
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)


|

« 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 | トップページ | 10月になりました、後一ヶ月 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/16329011

この記事へのトラックバック一覧です: 今月読んだ本with今年からのツン読(いのく):

« 新宿で飲む日々 『馬鹿とけむり』 | トップページ | 10月になりました、後一ヶ月 »