« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(いのじゅう)

 今月読んだ本とそのコメント

200710311NEXT 上 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
 ジュラシックパークでおなじみマイクル・クライトンの新作。SFは現代社会をうつす鏡と言わんばかりに最先端の事例、現象にスポットをあててエンタテイメントとして昇華させる作家。前作は、地球温暖化を扱った作品だった。今回のテーマとなったのは遺伝子技術と遺伝子にまつわる社会事象。
 遺伝子をテーマとしたのは今回が初めてではなくジュラシックパークこそ、遺伝子技術をもって現代に恐竜を蘇らせるという小説だった。今作はもちろん時代もすすみ、いままで動物相手だった遺伝子技術が人にもちいられたら、また実際に起こっている遺伝子技術による訴訟などに焦点をあてている。

 しゃべるチンパンジー、知能を持ったオウム、遺伝子研究にまつわる特許訴訟など複数のショートストーリーが交わる話。これまでのクライトン作品と比べるとショートストーリーでの展開は珍しい。しかし、読ませる腕はかわらない。いま、すぐ側にある事例かと思うほどの緊迫感を感じさせる。実際、いくつかは事実に基づいて構成されている。

 物語後半、遺伝子操作されたチンパンジーが登場するが、思わず猿の惑星への系譜かと思ってしまった。(いつものクライトンらしく、そういう展開を期待したわけですが、)


200710312
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 生物とは何か?考えをつきつめるとなかなか答えが見出せない。
 この疑問から始まる生物についての話。新書にしては珍しく、研究生活を基にエッセイのような語り口で生命とは何か?を解説する。DNAの発見について、DNAの働きについて、そして、人体の動きについて、科学的であり、どこか情緒的な感覚を覚える1冊。
 理系ってやっぱりロマンだと思います。


200710313
幸福な食卓

 北野きい主演で映画化された『幸福な食卓』の原作本。
 どこか歯車が狂っている家族の再生の話。厳しさを感じさせないやわらかい時間がむしろ不気味に思える。激しい展開がない部分が余計にリアルでドラマティックなのかも。


200710314ゾラ・一撃・さようなら
 森博嗣の書き下ろしミステリィ。
 ハードボイルド小説らしい。物語は、主人公・頸城悦夫に探偵の依頼がくることから始まる。『天使の演習』という美術品をある男から取り返して欲しいという依頼。また、その男には殺し屋ゾラからの殺人予告が届いていた。
 頸城悦夫の1人称で語られるストーリー、ラブロマンスもあり、映画のような展開だった。ただ、やや物足りなさもある。


200710315えんや!―曳山が見た唐津
 唐津くんちが近いので紹介。
 佐賀県唐津市で11月2~4日に行われる唐津神社の秋祭り・唐津くんち。唐津くんちにまつわる様々な事柄について、佐賀新聞紙上に掲載したルポルタージュの書籍化。
 曳山の塗り替えに関すること、くんちをする家々のことなど、曳山見物しか経験がない方には唐津くんちの一面を覗くことができる一冊。


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
見えないドアと鶴の空
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
NEXT 下 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
李陵・山月記 (新潮文庫)
街場の中国論
ぼくには数字が風景に見える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、今週末

 月曜日になりました。
 いよいよ、今週末は唐津くんち。あと数日ですが、いてもてたもいられないのは毎年かわりません。あぁ、はよ帰りたか。

 ネット上のブログでも週末ごとのヤマ掃除の記事をみつけて一喜一憂の毎日です。
 先週末に行われた本殿祭の模様も記事になってます。

唐津神社・本殿祭で安全祈願(唐津新聞)

唐津神社の秋季例大祭 「唐津くんち」 の本殿祭が29日、 同神社であった。 氏子総代会や唐津曳山取締会、 行政などから約80人が参列し、 くんち期間中の盛り上がりと安全を祈願した。

唐津くんちは以前、 毎年10月29、 30両日に行われていたが、 観光客誘致などのため1968年から 「文化の日」 を挟んだ11月2~4日に変更された。 しかし本殿祭だけは、 この日を忘れることがないようにと当時のままの日程で行われている。

くんち成功祈り本殿祭 唐津神社(佐賀新聞)

 唐津くんちは1968年から現在の日程となり、以前に開催されていた10月29日に本殿祭の神事と2基の御輿(みこし)の飾り付けだけを行っている。

 この日は当番となっている総行司町の材木町と京町が、3日の「お旅所神幸」で曳山を伴って巡行する御輿を入念に飾り付けた。出席者は拝殿に並んだ御輿とともにおはらいをうけ、期間中の無事を祈願。くんち本番に向けて気持ちを引き締めた。

くんち特集サイトも目白押し

西日本新聞 唐津くんち2007
ひびの情報生活サイト 唐津くんち特集(佐賀新聞)


 先週末の東京は突然発生した台風に戦々恐々とした土曜日があって、台風一過で暑いくらいに晴れた日曜日を送りました。不気味な天気模様です。家に電話をかけて、許可証と肉襦袢の準備を確認。用意は万端、あとは本番を待つのみです。

 今年は特別な見所となるところはないかと思っていましたが、なんでも宵ヤマの巡行前に呉服町の広場にて、大石町と江川町のヤマを並べて、『龍頭鷁首(りゅうとうげきす)』を再現するとか。み、観たい。でも、巡行前ならムリですね。どなたか写真をお願いします。

 晴れの特異日と言われるくんち期間、心配なのは天気のみです、雨さえ降らなければよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久敬社、東京でくんちを楽しむ その2

200710211
 昨日に続いて、再び新百合ヶ丘へ。
 昨日はバスに乗って千代ヶ丘まで行きましたが、今日は駅からのんびりと歩いて向います。すっきりとした秋晴れで、絶好の祭日和となりました。

 千代ヶ丘地区に近づくと、お囃子が聞こえてきます。すでに巡行は始まっていました。昨日よりも長い綱に地区の子ども達がついており、かなりの数のちびっ子達での巡行に驚きました。

 もともとはくんちの時期に唐津に帰れない塾生が始めたこの祭り。久敬社があるこの地区が新興住宅街ということもあり、いつからか自治会と合同で祭りを行うこととなり、今ではこの地区の年に一度の楽しみとなっているらしい。昔、参加をしていて嫁いでから子どもを連れてくる親御さんもおられるとか。すでに地区に根付いた祭となっているようです。

 そのまま、ヤマにくっついて歩きます。初のヤマの追っかけ気分と囃子を楽しみながらついて歩きます。
 子供だけで200~300人と大所帯ですが、巡行自体は実にスムーズです。というか、この人数でヤマを動かすとは、自治会の方々の助けもありますが、塾生たちの采配もなかなかのものです。
 新興住宅街なのでたぶん山を切り開いて開拓された場所かと思いますが、そのためか巡行路の高低差が非常に激しく特に登りはヤマについている人たちが懸命に押すという場面がいくつか見られました。特に下り坂なんかはブレーキ役がかなり大変だったのでは?
 全体的にゆっくりとした安全巡行でした。


 久敬社には現在30名ほどがいます、そのうち現役の曳き子は数名とのこと。このくんちに備えて、みんなで笛と太鼓を練習しているようです。
 巡行中の太鼓はたぶん現役の方が叩かれていたようで、中町、新町、刀町どれもお見事でした。一人だけどこの町かよくわからない太鼓があったような気がしますが、そのときにどの町の寮生が先生になるかで曳き子でない寮生の太鼓の叩き方が変わってくるのかなと思いました。特に新町、中町が先生ならなおさらですね。


 ちょうどお昼頃に久敬社に戻り、自治会の方々にセリ囃子とタテヤマ囃子を披露し、午前の巡行は終了。その後、久敬社のグラウンドでは、自治会の方々のバザーなどが始まります。

 バザーが終わり、自治会の方々がいなくなると午後の部が開始。午前は安全巡行だったため、塾生だけで思いっきり曳きたいらしいです。午前と午後がお旅所と町廻りのようなものですね。

 これからもずっと地区と一緒になって続けていって欲しい行事です。
 そのうち、自治会でヤマを作ったりすると面白いですね。


 宵ヤマの動画は某コミュニティにアップしたので、昼間の巡行の模様をアップします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

久敬社、東京でくんちを楽しむ その1

200710201
 唐津くんちまで後2週間。

 唐津から遠く離れたこの関東の地にも、唐津くんちの囃子の音色が響く。
 神奈川県川崎市の千代ヶ丘地区には、唐津出身者用の塾舎『久敬社』があり、関東の大学に通う学生の寮となっている。ここでは、毎年10月に唐津くんちを行っている。このくんちで使われるヤマは1番曳山 赤獅子、昭和53年に塾生の手作りで作られていて毎年塗り替えが行われるとのこと。
 今日はこの久敬社の唐津くんち(正式名称は千代ヶ丘祭?有楽曳山祭?)で宵ヤマが行われるということで、上京して7年目で初めて観に行きました。

 久敬社がある千代ヶ丘地区は、川崎市にある新百合ヶ丘駅で下車し、そこから徒歩だと15分ほどのところにある。絵に描いたような閑静な新興住宅街で、家が立ち並ぶ中に塾舎が建っている。
 新百合ヶ丘駅を降りてバスで千代ヶ丘まで行く。静かな住宅街、地図を片手に久敬社を探すために歩いていると聞きなれた囃子が聞こえてきた。

 次第に暮れていく住宅街のなか、囃子の方角に向かうと赤獅子が姿を現す。本物と同じかちょっと小さいくらい。宵ヤマらしく提灯とライトで装飾されている。ちなみに提灯には「久若」の文字。せり囃子とえんやの掛け声が心をくすぐり、今にも参加したい気分になる。
 土台は廃車のトラックを流用しているらしく車輪はタイヤだ。方向を変えるときは舵棒ではなく、ハンドルを使って曲がる。かなり操作が難しいようで、蛇行しながら巡行していた。電線にもちょこちょこ引っ掛かったりする。

 そのまま曳山について歩くと、囃子の音色に誘われて、家々からちびっこが走ってくる、窓から顔を出す人もちらほらいる。ぼちぼち集まってくるギャラリーの皆さん。

 途中、休憩で止まったら、そこでタテヤマ囃子が始まった。タテヤマまでやってしまうとは本格的。思わず聞き入ってしまう。

 町を一周して、塾舎へ。敷地の入り口では、前後で押し合い、梶棒と曳き子の押し合いってお旅所の再現か?
 敷地に入ってからはひたすら競り続ける。東京にいても変わらない唐津人の心ここにあり。

 ひととおり眺めて、今日は帰宅。
 明日が、本祭です。


久敬社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント・フォー

0710171
 甥っ子に誕生日プレゼントで、ウルトラセブンのDVDをプレゼント。
 ウルトラマンが大好きな甥っ子、盆に帰ったときも「セブンがよかっ、セブンがよかっ」と言われたもんだから、ウルトラセブンにしてみた。

 そして、甥っ子からのテレビ電話。

 甥っこ「おじちゃん、ありがとー。ウルトラマン面白かったばい。」
 オレ「そかそか、よかった。」
 甥っこ「でも、こうちゃん電王がよかった。」
 オレ「....。」

 セブンじゃないんかい!恐るべし4歳児(なりたて)
 あれだけウルトラマンが好きだったのに、いつの間にやら仮面ライダーに心奪われてます。ちびっこの気持ちをつかむのはわからんね。
 とりあえず、電王は来年ね、ってことにしときました。 ん?来年いるのか電王?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初くんち、近づくくんちの足音

 毎年10/9は初くんち奉告祭として、唐津神社にてお囃子の奉納が行われます。
 唐津に行けない寂しさをネットのニュースで斜め読み


佐賀・唐津神社で「初くんち」…競り囃子など奉納 (YOMIURI ONLINE)

 昔は曳山(やま)を持つ14町が、1年間それぞれ保管してきた曳山の試しひきをしていたが、戦後は曳山囃子(ばやし)を奉納する行事となった。

 え、そうなんですか?初くんちが試し曳きの日だったとは初耳です。


唐津くんち 祭りの安全と成功を祈る 初くんち奉告祭開く 曳山囃子を神社に奉納 (西日本新聞)

 雨模様の神社には、唐津曳山取締会や各町の幹部らがそれぞれの法被姿で集まり、同会の牧川洋二総取締が「くんちもいよいよ間近です。今日は雨を吹き飛ばす演奏をしてください」とあいさつした。

 今年の初くんちは大雨だったそうで、自分の記憶の中では比較的に初くんちが雨ということが多いような。本番さえ晴れてくれれば問題なしです。


唐津神社で 「初くんち」 行事 (唐津新聞ニュース)

続いて唐津曳山囃子保存会のメンバーが笛、 鉦、太鼓で厳かな 「道囃子」、 うきうきとした 「たてヤマ囃子」、 勇壮な 「競り囃子」 を演奏した。 このあと、曳山を持つ14ヵ町の囃子方が順番にその町独特の 「競り囃子」 を奉納。 くんちを待つ曳き子たちの心意気を伝え、集まった市民らも11月のくんち本番への思いを募らせ目を輝かせて聞き入った。

 ”うきうきとした「たてヤマ囃子」”って....


初くんち (STS FLASH NEWS)

唐津くんちのシーズン幕開けを告げる「初くんち」が、昨夜、唐津神社で行われ、勇壮な曳山囃子(ひきやまばやし)が奉納されました。

なかでも、4番曳山(やま)呉服町の前田父さん、前田jrくんの親子は父が太鼓(たいこ)、長男が鐘(かね)をはやし、太鼓と鐘の親子競演は、160年以上続く4番曳山の歴史の中で初めてのことだということです。

 リンク先で初くんちの様子を動画で観ることができます。親子競演、生で観たかった。でも、画面からでも伝わる力強い囃子が印象的です。


 さて、後20日ばかり、周りの普段と変わらない空気の中に1人おかしなテンションでいることが多い10月です。もう少しで、唐津くんち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新人配属される

200710021
 うちの会社の新入社員の配属は、10月。半年間におよぶ研修を終えて、やっとの配属となる。
 ということで、今日は定時であがって、さっそく飲みに連れて行った。主にノミニケーションに重きが置かれる担当だけに最初が肝心です。

 さて、新人くん。あまり飲みは慣れていない様子でした。最近は大学で飲んだり、飲み方を覚えたりせんのやろうか?これではいかんので、ジョッキをやめて、瓶ビールにシフトする。あとはみんなでビールをさしあい。注ぎ方を知らない、すすめ方を知らない。ってことで、歓談しながら飲み方と礼儀を最初に教えておきました。

 うーん、時代錯誤なのか?最近、飲まない人も増えてるし、こんなことやるとパワハラだと言われかねない面倒くさい今でもあります。

 でも、うちの担当の一員となったからには、外に出たときに変な振る舞いをするのは担当の恥です。ということで、最低の礼儀は最初に叩き込むのが方針。
 小島よしお似でなんでもやってくれそうなので、頑張れ新人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月になりました、後一ヶ月

 早いものでもう10月。ついこの間まで暑かったのに、暑さ寒さも彼岸まで、肌寒いほどになりました。
 さて、そわそわしきりの10月になりました。唐津の町は、囃子の音色が聞こえる季節です。あぁ、はよ帰りたか。

 じゃ、景気づけに


えんやー!


唐津くんちに来んね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »