« 山の手七福神をめぐる その1 | トップページ | 新宿で飲む日々 『もつ鍋クロキ』 »

山の手七福神をめぐる その2

 年も明け、写真部で初詣として、七福神巡りながらの散歩。
 連休の初日と言うのにあいにくの雨模様、傘をさしながらの散歩となりました。


 さて、福禄寿が祀られている法善寺を後にして、一路新宿へと向かいます。七福神も残り、2社です。

200801126
 新宿に近づくとビルがだんだんとビルが多くなり、通りも広くなってきます。東新宿駅をすぎ、歌舞伎町のはずれにあるのが、稲荷鬼王神社。大通りからちょっと入ったところにあり、大きく茂った木に囲まれて静かです。境内には、いろいろと案内板が立てかけられており、祈り方や神社の解説など親切にかかれてます。正月ということで、新宿周辺にお住まいの方々(氏子さん?)の各家のお雑煮を写真で展示されてました。新宿内だけでもいろいろなお雑煮があるんだとしばらく眺めます。

 この稲荷鬼王神社には、境内社として恵比須様が祀られています。

200801127
 本殿となる社の左右にいる阿吽。うち、吽の狛犬は、子持ちでした。子持ちの阿吽とは珍しい。

 ちなみに境内の入り口付近にある阿吽も形が珍しい。狛犬というよりは、きつねに近いような姿でした。稲荷社だからでしょうか?

200801128
 鬼王神社を離れるとさらに新宿の中心に向かって歩いていきます。こちらの方向から新宿へ来たことがないのでちょっとだけ迷い気味。途中、新宿花園神社の前を通り、新宿御苑近くへ。新宿御苑前駅の近くにあるのが太宗寺です。
 太宗寺は、かなり広い敷地があり、入り口には巨大な地蔵菩薩像があります。他にも様々な仏像と社が建っており、閻魔像、奪衣婆像が安置されているお堂や塩かけ地蔵といってその名前のとおり大量の塩がかけられた地蔵様が安置されている社などがあります。それらの社の中の一つに祀られているのが布袋尊です。


 ということで、七福神の7社をすべてめぐり終わりました。あいにくの雨の中でしたが、強く降ることもなく散歩しながらのちょうどよい七福神めぐりです。各社では、それぞれの神様像を販売しているらしく、買い揃えると七福神の置物ができあがるようです。これを目当てに歩いてみるものいいかもしれません。

 今回歩いた行程をGoogleマップのマイマップで作ってみました。



大きな地図で見る

|

« 山の手七福神をめぐる その1 | トップページ | 新宿で飲む日々 『もつ鍋クロキ』 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/17686774

この記事へのトラックバック一覧です: 山の手七福神をめぐる その2:

« 山の手七福神をめぐる その1 | トップページ | 新宿で飲む日々 『もつ鍋クロキ』 »