« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年1月)

 今月読んだ本とそのコメント。今年から5点満点で評価します。

200801311ホルモー六景
 京都を舞台にした大学生の青春活劇を描いた『鴨川ホルモー』。その鴨川ホルモーのサイドストーリー6編を描いたのがこの『ホルモー六景』。前作の周辺でおきていた恋のまつわる話ばかりだ。第一景・鴨川(小)ホルモーは、京都産業大学玄武組の二人静と呼ばれる二人の女性オニ使いの話。女性の友情と恋と約束がホルモーを動かす。第四景・同志社大学黄竜陣では、芦屋君の元彼女であるトモエが登場し、本編の恋愛話の裏側を語る。当然、前作は必読。本筋ありの本作ですが、どちらかといえば、こっちのほうが面白かった。
★★★★☆

200801312タカイ×タカイ(講談社ノベルス)
 Xシリーズ3作目。地上15メートルに掲げられた他殺体の謎を小川と真鍋が追う。
 トリックというトリックではないと思ったが、目的と手段を考えればなんとなくわかる。でも、最後に明らかになる本当のトリックは、『藪の中』の話のよう。ミステリーにもとめるのは、誰が犯人なのか、トリックの答えなのか、動機なのか...。森作品はついつい別の視点で読んでしまう。
 さて、今回は椙田や西之園の動きが活発化。シリーズを通して動いているなにかがそろそろでてくるのか?
★★★★☆

200801314日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)
 学校で習ったりして一般的に知られている歴史は、習ったその時点でわかっている歴史だ。中学校の頃、歴史で習った源頼朝の絵も、実は頼朝ではない可能性があり、今の教科書では『伝源頼朝像』として習われている。本書はそうしたいままで一般的に知られている歴史的な事実を研究結果をもとに再考されている。再考の対象は生活だったり、男女だったり、天皇だったり、また歴史を学ぶことにでわかる日本人の原点にもメスをいれてある。
 いま何を考え、何をするかは、過去を学ぶことでいろいろと助けになる。歴史認識や、当時の人たちが何を考えどういう様式で生活していたのかという視点は非常に興味があり、現実の諸問題を考える手助けになるものだと思う。本書は女性社会、女性の地位についてや、日本と日本人の成り立ちなど常識をゆさぶられるものばかりで面白い。是非一度読んでみてください。
★★★★★


200801313リピート(文春文庫)
 最後の2行でどんでん返しがあった『イニシエーション・ラブ』の作者・乾くるみ氏のSFミステリ。タイムトラベルもの。過去へのタイムトラベルをはたした主人公たち、しかし、仲間たちはまた1人また1人と亡くなっていく。謎が謎を呼び、タイムパラドックスをうまく使った展開は面白い。ただ、ミステリとして読むとなんとなく情報(伏線?)が消化不良、しかも謎解きが突然な感じをうける。SFとしてみると、登場人物たちの人間的な部分がよく書かれているせいか、余計なものが多い気がする。どこを視点にして読み進めていくかがちょっと難しかった。
 もっとシンプルに、視点をしぼって映画にすると面白そうです。
★★☆☆☆


200801315Love,Peace & Green たりないピース2
 宮崎あおいと宮崎将の宮崎兄妹の旅エッセイ。『1』では貧困をテーマにインドへ行った。今回のテーマは『環境問題』、そしてデンマークとグリーンランドへ行く。
 デンマークは世界幸福度ランキング1位の国。福祉が充実しており、学校と病院にお金がかからない(そのかわり、税金は高い。)そんなデンマークに住む生き生きとした人々と町の姿がまぶしい。
 氷の大地が多くをしめるグリーンランド。地球温暖化の影響をうけてか、氷山の減少など地形の変化を目にすることができる。
★★★☆☆


200801316孤独のグルメ (扶桑社文庫)
 仕事である街にきた一人の男が食事のためにふらりと食堂に入る。そして、食事をしながら街と食事について物思いにふける。ただこれだけのプロットの漫画。オチもないようなもの。
 でも、面白い!
 美味いものは腕が立つシェフが作ったものじゃなくて、シチュエーションがすべてなんだと言っているわけじゃないんだが、読んでいるとじわりじわりと心をくすぐるものがある。良書。
★★★★★


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
見えないドアと鶴の空
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
ザ・シークレット
流しのしたの骨 (新潮文庫)
映画館と観客の文化史 (中公新書)
発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
もえない―Incombustibles
日本数寄(ちくま学芸文庫)
その数学が戦略を決める

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新橋で飲む日々 『博多もつ鍋 ねこ家』

200801292
 新橋駅烏森口から歩いて3分ほどのところにあるもつ鍋や『ねこ家』でもつ鍋を食べた。

 烏森口をでてニュー新橋ビル沿いを歩いて左手に曲がる。ちょっと路地に入ったビルの2階にある。カウンター数席と座敷が4卓ほどの小さなお店。

 とりあえず、しお味のもつ鍋を頼み。鍋ができるまで、酢モツといか明太を肴にビールを飲む。酢モツはゆず胡椒をつけながらいただく。絶妙な美味しさ。他に、モツのから揚げも食べた。普通のから揚げと違い独特の食感だった。

 さて、モツ鍋。
 東京のもつ鍋は濃い味が多いのでしお味があるときはよく頼む。ここのお店はすごくあっさりとしたしお味で、キャベツやニラの素材の味がそのまま楽しめるほどだった。こういうもつ鍋は東京じゃなかなか出会えない。濃い目が好きな人は薄味すぎて物足りないかもしれないが、ゆず胡椒とあわせて食べるとよりこのもつ鍋の美味しさがわかる。
 次にしょうゆ味を頼む。こちらは、唐辛子をお好みでいれて食べるいたってベーシックなもつ鍋。こちらも、ほどよい感じで美味しかった。
 しめはもちろん、ちゃんぽん麺。しお味専用の麺もあったが、これは食べなかった。他にもおじやがあり、こちらは店員さんが作ってくれる。

 福岡で食べるもつ鍋に近い。また来たいもつ鍋やの一つです。


博多もつ鍋 ねこ家(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋で飲む日々 新橋駅前ビルで0次会

200801291
 今日は新橋で飲み会。新橋で飲みがあるときは集合時間よりもちょっと早めに行き、一人で0次会を楽しむ。

 大江戸線汐どめ駅を降りて、左手にある日本テレビとドラマの看板を眺めながら新橋駅に向かう。新橋駅前ビルの地下を通ってJR新橋駅にでるが、駅にでる階段を上がる前、右手に飲み屋街がみえる。この飲み屋街がついつい立ち寄りたくなる雰囲気をかもしだす。

 パッと見はただの地下の飲食街だが、店を覗くとカウンターのみのたち飲み屋が目立つ(立ち飲みスナック?)。どこも会社帰りのおじさんが酒をあおりつつ、店の人と談笑している。どこも一品300円ほどの良心的な値段が看板に掲げてある。並びにあるもつ鍋『がんこ』からは美味しそうな匂いがただよってくる。今度行ってみよう。

 ひととおり店をながめて、地下道の入り口付近にある『たち飲み 吟』で待ちあわせの時間まで軽くひと飲み。生ビールもおつまみも350円という安さ。並んでいるつまみをカウンターまで持っていって精算するセルフ形式。
 テーブルの一角にたたずみつつ、夕方のニュースをみながらビールをあおる。酒もつまみもなんてことないけど、雰囲気がなんともいえない。
 つまみで買った冷奴をつまみながらゆっくりとビールを飲む。一杯そこそこ飲むとちょうどよい時間。職場の近くにあると入り浸りそうなとこです。


たち飲み 吟 新橋店(食べログ.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙高高原でスノボ

200801201
 会社の面々とスノボ旅行へ。一泊二日の予定で妙高高原まで行ってきました。

 東京に来てから始めたボード、毎年同期に連れられて行ってましたが、同期も地方に帰ってしまい昨年のシーズンは行かずじまい。今回は2年ぶりのボードです。

 後輩の車で一路、妙高高原へ。助手席で寝てる間に気付くと雪景色。到着早々着替えて、9時頃からゲレンデへでます。ゲレンデにはすでに大勢の人たちが滑ってます。リフトに乗りながら眺めるとスキーヤーが多いようです。

 とりあえず、リフトを乗り継ぎながら頂上へ。頂上からの眺めは絶景。周辺の山々と大きな湖が一望できます。そこから、一気に滑ります。どうなることかと思いきや、いがいとすんなり滑れてびっくり。そのまま快適に下まで滑ります。そんなこんなでリフトが終わる16時頃まで滑りっぱなし。

 夜は近くでどんど祭があるということで、行こうと思ってましたが、みんな疲れて撃沈。しかも、夕食を食べた後で急激に腹が痛くなって宴会どころでなくなってしまいました....。

 翌日は腹痛で動けず一人宿で留守番。なんのために泊りがけで行ったのやら....。
 まま、いろいろありましたが、楽しい旅行となりました。


妙高杉ノ原スキー場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『つくね十番』

200801171
 会社のプロジェクトチーム一同が集まって、銀座にある『つくね十番』にて新年会をやった。

 『つくね十番』は東銀座にある最近できたばかりの居酒屋。
 屋号に書いてあるとおり、30種類ある『つくね』がメインのお店。軟骨つくねや月見つくねのような定番なつくねから、ハラペーニョつくねやゴルゴンゾーラつくねなどの変り種までいろいろと揃っている。個人的にはハラペーニョが美味かった、かなり辛いけど酒のつまみにちょうどよい。
 つくねの他のメニューでは、豆腐料理などいろいろあり、上品な品揃えの居酒屋です。


つくね十番(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『もつ煮込み専門店 沼田』

200801120
 もつ鍋屋をでたのが20時頃。それから店をさまよいつつやっぱり、行き着く先は3丁目しかない。
 ということで、新宿3丁目にある『もつ煮込み専門店 沼田』に行った。

 いかにも大衆酒場といった店。扉は大きく開かれ、中には大きなテーブルが一つ、外にはドラム缶をテーブルに立ち飲みもできる。店内は昭和の居酒屋をイメージされていて、かかっている曲は往年の植木等である。思わずメロディーを口ずさんでしまう懐かしさ。

 もつ専門店の看板どおり、いろいろなもつ煮込みを食べることが出来る。定番の味噌、醤油仕立ては懐かしい感じ、日替わりで登場する塩仕立てはゆず胡椒のもつ煮込みでビールが進みます。変り種のカレー仕立てはパンにのっけて食べるというちょっと洋風、もちろんうまい。
 もつ煮込み専門ですが、一番うまかったのはレバテキ。軽くあぶったレバーの上に大量のきざみネギがのっていて、口に入れるとまったりととろけるようなうまさ。これもよくお酒にあいます。

 かなりオススメなお店です。

もつ煮込み専門店 沼田(い志井グループ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『もつ鍋クロキ』

200801129
 新宿西口一番街にあるもつ鍋クロキへ。

 繁華街ではよくみかけるもつ鍋クロキ。西口店は、ビルの地下深くにある、携帯はギリギリ届くかと言った感じ。
 店内は若干小さめ、カウンターとテーブルと奥に大人数用?の座敷がある。

 メインはもちろんもつ鍋。赤、黒、辛子にんにくという3種類の鍋から選べる。今回は、赤を選択した。もつ鍋の他にもいろいろな一品料理を楽しませてくれる。鍋ができるまで、餃子やサラダをいただきました。肴としてはせんまいをつまむのがオススメ。

 さて、もつ鍋。具はキャベツ、ニラ、豆腐、ごぼうなどと定番。もつはコラーゲン(脂肪?)がたっぷり。コラーゲンがありすぎて、煮込みすぎると最後はスープがどろどろになってしまった。しめのスープがどろどろってのはちょっといただけない。ラストのアフター麺までさっぱりとしたスープで楽しめるとよかった。
 


もつ鍋クロキ 新宿西口一番街(ぐるナビ)
黒き(一六堂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の手七福神をめぐる その2

 年も明け、写真部で初詣として、七福神巡りながらの散歩。
 連休の初日と言うのにあいにくの雨模様、傘をさしながらの散歩となりました。


 さて、福禄寿が祀られている法善寺を後にして、一路新宿へと向かいます。七福神も残り、2社です。

200801126
 新宿に近づくとビルがだんだんとビルが多くなり、通りも広くなってきます。東新宿駅をすぎ、歌舞伎町のはずれにあるのが、稲荷鬼王神社。大通りからちょっと入ったところにあり、大きく茂った木に囲まれて静かです。境内には、いろいろと案内板が立てかけられており、祈り方や神社の解説など親切にかかれてます。正月ということで、新宿周辺にお住まいの方々(氏子さん?)の各家のお雑煮を写真で展示されてました。新宿内だけでもいろいろなお雑煮があるんだとしばらく眺めます。

 この稲荷鬼王神社には、境内社として恵比須様が祀られています。

200801127
 本殿となる社の左右にいる阿吽。うち、吽の狛犬は、子持ちでした。子持ちの阿吽とは珍しい。

 ちなみに境内の入り口付近にある阿吽も形が珍しい。狛犬というよりは、きつねに近いような姿でした。稲荷社だからでしょうか?

200801128
 鬼王神社を離れるとさらに新宿の中心に向かって歩いていきます。こちらの方向から新宿へ来たことがないのでちょっとだけ迷い気味。途中、新宿花園神社の前を通り、新宿御苑近くへ。新宿御苑前駅の近くにあるのが太宗寺です。
 太宗寺は、かなり広い敷地があり、入り口には巨大な地蔵菩薩像があります。他にも様々な仏像と社が建っており、閻魔像、奪衣婆像が安置されているお堂や塩かけ地蔵といってその名前のとおり大量の塩がかけられた地蔵様が安置されている社などがあります。それらの社の中の一つに祀られているのが布袋尊です。


 ということで、七福神の7社をすべてめぐり終わりました。あいにくの雨の中でしたが、強く降ることもなく散歩しながらのちょうどよい七福神めぐりです。各社では、それぞれの神様像を販売しているらしく、買い揃えると七福神の置物ができあがるようです。これを目当てに歩いてみるものいいかもしれません。

 今回歩いた行程をGoogleマップのマイマップで作ってみました。



大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の手七福神をめぐる その1

 年も明け、写真部で初詣として、七福神巡りながらの散歩。
 連休の初日と言うのにあいにくの雨模様、傘をさしながらの散歩となりました。

 さて、昨年のGWにまわった日本橋七福神のほかにも都内にはいくつかの七福神ポイントがあるようで、今回は新宿山の手七福神の7社を巡ります。
 ちなみに、七福神とは、『恵比寿』、『大黒天』、『毘沙門天』、『弁財天』、『福禄寿』、『寿老人』、『布袋』の七柱の神で、縁起物として古来より信仰の対象とされています。


 まずは、神楽坂からスタート。大江戸線牛込神楽坂駅をでて、神楽坂通りへ向かいます。

 200801121
 神楽坂通りにある日蓮宗のお寺・善国寺。賑やかな通りの中腹にあり、赤を基調にした門と建物が目をひきます。
 寺のなかに入ることが出来ますが、残念ながら毘沙門天像はみることができませんでした。毘沙門天像のご開帳日は限られているようです。
 ここには、毘沙門天が祀られていることから、神楽坂の毘沙門天と呼ばれているようです。


200801122
 神楽坂を離れ、大久保通りをひたすら道なりに歩きます。
 大久保通り沿いにあり、大江戸線牛込柳町駅からも近くにあるのが、経王寺。ここも日蓮宗のお寺です。
 ここに祀られているのは大黒天。大黒天が祀られている場所には、木製の打出の小槌があり、参拝の時にはこの打出の小槌を振るうことができるようになっています。

200801123
 さらに大久保通りを道なりに歩きます。途中、若松町の三叉路を左手に進み道なりに進みます。
 弁財天を祀っているのが厳嶋神社。社自体は小さく、人は常駐していないようです。この社は南北への通り抜けができることから苦難を切り抜く弁天社ということで、別名・抜弁天とも呼ばれています。

200801124
 この近辺はいくつかの七福神が集中しており、厳嶋神社から程なく歩いたところに、永福寺がある。
 ここに祀られているのは、福禄寿。寺とは別に祠のように祀られていた。


200801125
 さらに、厳嶋神社側に戻り、細い路地に入ると商店街がある。そこに、法善寺がある。
 ここには、寿老人が祀られている。寿老人があるのは寺務所の中のようで、[寿老人→]と書かれた看板があったので、扉を開けると部屋がありそこに寿老人像が祀られています。建物の中に入ると住職さんがこられていろいろと説明していただきました。

 ここまでで、5社。残り2社は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大名で飲む日々 『もつ料理 幸』

 友人たちと新年会。
 大名にあるもつ料理のお店、『もつ料理 幸』へ行った。

 事前予約しておきましたが、店に着いたときには待っている人もちらほら。人気店です。

 もつ料理ということで、もつ鍋をメインにいただきます。とっても上品な味でした、そしてさっぱり。サイドメニューももつが多い、レバ刺しなどもあり、鍋ができるまでのビールの肴にちょうどよいです。最後は、やっぱりちゃんぽんで締め、ちょっと細めのちゃんぽんが美味いです。

 福岡の店にしてはちょっと値段が高めですが、それだけの味を提供してくれる店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大名で飲む日々 『海亭』

 大学時代の友人と新年会。大名にある『海亭』に行く。

 時々、お邪魔している『海亭』。カウンターと座敷があり、比較的小さなお店。
 店名のとおり、美味しい魚料理を出してくれる店。刺身も新鮮で美味しい。他にも一手間かけた一品料理が揃ったいい店。この日はもつ鍋をいただきながらいろいろとつまんでみました。
 いいお店です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年、初詣、年始参り

200801011
 大晦日の年越し番組をみたおかげで遅く起きた正月の朝。
 家族と年始の挨拶をして、お屠蘇を飲む。甥っ子にあげるお年玉はコイン多めで質より量。昨年生まれたばかりの姪っ子にはお年玉じゃなくて御手毬料でこれからの元気を祝う。

 一休みして、午後から初詣と年始参りに行く。
 唐津神社はいつものように人が多い。おみくじの結果は『吉』でした。

 そのあとは、親戚、知り合いの家へ年始参り。近況を報告しあいつつ、飲みました。

 今年もいいとしになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »