« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年2月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。


200802291ザ・シークレット
 宗教チックな自己啓発書。
 偉人たちが用いていたある法則を解説し、読者の明日を明るくする。

 すべては考え方一つでどうにでもなるものだということ。自己啓発書なのでおいしいエッセンスだけ得れればそれでよいと思う。
★★★☆☆


200802292流しのしたの骨
 三女こと子19歳の視点で描かれるちょっと変わった家族の話。
 規律を重んじる家族想いの父、こだわりをもつ母、おっとりして頑固な長女そよ、妙ちきりんで優しい次女しま子、末子で長男の律。6人家族の宮坂家でおこる晩秋から春までの出来事を描いた物語。

 ゆったりとした時間が流れる物語。何気ない家族の日常がつづられている。
 でも、このゆったりとして妙ちくりんな世界になじめなかった。よくわかりません。
★★☆☆☆


200802293本棚
 誰もが覗きたくなる人の本棚。
 著名人の本棚と本に対する想いを語る本。登場する著名人は、石田衣良さん、角田光代さん、中島らもさん、みうらじゅんさん、喜国雅彦さんなどなど。偶然にも直木賞をとった桜庭一樹さん、芥川賞をとった川上未映子さんなどタイムリーな方々もいる。
 それぞれ個性的な本棚で、本や本棚にたいする想いが書かれててよい。
 思わずビジュアルに目を惹かれてしまう川上未映子さんはかなりの純文学少女のようです。
★★★★☆


200802295発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
 友人やらいとこやら、周りにちびっ子が増えてきた。
 子どもたちの行動にはいつも驚かされる。何やるかわからないし、突然機嫌を損ねてしまったり。そんな中で最近のニュースでみる発達障害の子どもも気になる。
 発達障害とはなんなのか?先天的なものなのか?それとも躾によるものなのか?どのように接していけばよいのか?というわけで、この本を手にとってみた。
 
 本書は、発達障害の子とかかわった場合にどうするべきかを事例をあげながら丁寧に書かれている。発達障害児の能力に一長一短があり、適切に接し、その能力にあわせた生活を支援することができるようにすることが大事であると。また、親としての決断も重要な意味をもつこと、行政の対応の遅れなども書かれている。
 新書という手に取りやすい形で様々な視点から書かれた良書。子どもたちと接することがある人には一度手にとって読むことをすすめたい。
★★★★☆


200802294見えないドアと鶴の空
 クールでちょっとエロい男が主人公で、自分をみつめる骨太小説が多い白石一文。今回もクールな男性が主人公で、2年前に会社をやめてフリーライターである。関係が冷めた妻がいるが、その妻の友人と抜き差しならない関係になる。と、ここまでは、思っていた展開だった。しかし、中盤なぜかオカルトっぽい展開に....。
 自分も含めて、すぐそばにいる妻でも、長い付き合いの友人でも、実は知らないことばかりである。なんて本旨はわかりつつも、どうも物語に入り込めなかった。
★★☆☆☆


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
映画館と観客の文化史 (中公新書)
もえない―Incombustibles
日本数寄(ちくま学芸文庫)
その数学が戦略を決める
ほんとはこわい「やさしさ社会」 (ちくまプリマー新書)
数学でつまずくのはなぜか (講談社現代新書 )
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
蓼喰う虫 (新潮文庫)

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『呑者家 銅羅』

200802261
 会社帰りに新宿にて飲み。
 新宿三丁目にある『呑者家 銅羅(どんじゃか どら)』に行ってきた。

 三丁目飲み屋界隈の端にあるビルの地下1階の大衆居酒屋。
 居酒屋的な定番メニューが目白押し、味付けはちょっと濃い目、お酒がすすみます。他にも鍋などあり、1次会、2次会、3次会といろんな用途で使えそう。

 価格設定が新宿にしてはかなり良心的でよい。焼酎のボトルもかなり良心的な設定で好感がもてます。


呑者家 銅羅(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『NY Style Dining』

200802201
 会社の面々と飲み。銀座のコリドー街にある『NY Style Dining』へ行く。

 店名のとおり、ニューヨークにある日本風居酒屋をイメージしたつくり。おしゃれなダイニングバーだけど、テーブルに畳が使われていたり、壁にかかった写真が合気道だったり、ところどころに日本が見え隠れしている。グループ席もいくつかあるけど、デートなんかに使うとポイントアップしそう。

 食べ物は欧米的でコース料理風になっている。ビールはエビスとギネスが用意されている。なんかこだわりが見える。ハーフ&ハーフもあり、エビスはエビスの白と黒のハーフ、ギネスは、エーデルピルスというビールを使ってハーフにしてある。いづれもまろやかで苦味がきいてうまかった。

 グループで行って、個室を使いましたが、店員さんが呼んでもなかなか来なかったり、飲み物がでてくるのが遅かったりしたのがちょっと残念でした。

 次回は、デートにでも使いましょ。

NY Style Dining(ぐるナビ)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

人のセックスを笑うな、陰日向に咲く

 久しぶりに映画を観た。
 新宿武蔵野館にて『人のセックスを笑うな』、銀座にて『陰日向に咲く』を観る。いずれも同名小説の映画化。

200802241
人のセックスを笑うな
 山崎ナオコーラの芥川賞候補にもなった同名小説の映画化。
 美術学校に通うみるめは、偶然出会った20歳年上の女性講師ユリと恋に落ちる。永作博美、松山ケンイチ、蒼井優が出演。

 小説と比べると登場キャラクターの扱いが大きくなっている、小説とはかなり違う印象がある。もちろん小説と同じことをやられても困ります。
 多くの場面で、長まわしや、素のような会話の演出がある。こういう演出はいい、特に長まわしは個人的には好きなんだが、それはもちろん映画の本題に絡んでということ。みるめとユリのシーンはいいけど、信玄餅やら蒼井優が演ずるえんちゃんの菓子食べまくりなど余計なものが多すぎる。シーンとしては好きです。でも、多すぎですよ、これ。
 小説は2人だけに焦点を絞って、年上女と若い男の恋愛だけじゃなく他にも2人の関係にポイントをあてた内容になってましたが、映画じゃ年上女との恋愛にも微妙になりきれてなかった。たぶん、他のキャラが立ちすぎてたんだろう、特に蒼井優の存在感が大きすぎます。
 一番、えっ?と思ったのは最後に言いたいことを『字』でだしてしまったこと。これ、映画でやっちゃダメでしょ....。しかもしっくりこないよ。

 というわけで、こういう作りにするんなら、『花とアリス』ばりに永作博美と蒼井優をとにかくキュートでかわいくみせるだけの映画にすればよかったのにと思いました。

200802242
陰日向に咲く
 こちらは劇団ひとりの同名小説の映画化。小説ではオムニバス形式の小説だけど、映画ではその小説を組み合わせて群像劇として再構成されている。
 借金苦で借金とりにおわれるシンヤは、母親の過去を探る寿子と出会う。また、サラリーマンのリュータロウはたまたま見かけたホームレスのモーゼに傾倒する。岡田准一、宮崎あおいが出演。

 日陰に生きる9人が再生するまでの映画。群像劇にしたのはいいが、9人に起こる様々なことが妙に近すぎてちょっと違和感があったり、無理に関係づけなくてもよかったのでは?(群像劇というとマグノリアを思い出して比較してしまいます。)
 あと、人が多すぎて、それぞれの行動がよくわからんかったり...。シンヤとジュピターの関係が最後までわかりませんでした。あとでゆっくり考えたらわかったけど。やっぱ、群像劇にしてはそれぞれが俳優まかせでキャラ立ちしてない。そのなかでも、西田敏行の怪演が光る。特に西田敏行演じるモーゼとプロ野球選手の息子のやりとりにはおもわずグッとくるものがあった。
 でもラストは納得、最後はやっぱり再生ですね。最後のカメラのひとオチが特に良かった。


人のセックスを笑うな(公式サイト)
陰日向に咲く(公式サイト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディスク故障?!データが消える(かも)

200802171
 我が家ではデータの保存用にバッファローネットワークHDD(HD-120LAN)を使ってます。
 数日前、自宅に帰ってくるといつもゴリゴリと音をたてているHDDは無音。しかも、いつもは光ってない赤いランプが点灯中。もしやと思いパソコンで確認してみたものの接続できず....。
 かれこれ10年分くらいのデジカメ写真やらなにやらがつまったディスクだけに、使えなくなるのはかなり痛い。モノ自体も古いしひょっとするとディスク故障か、ならデータのサルベージ業者に頼んでみるか等等思案。とりあえず、少し寝かせば復活するかも?という淡い期待を持ちつつ電源をオフにしてしばらく置いておくことにした。

 そして今日、のんびりと休みながらHDDを起動してみることに。
 結果は、、、、やっぱり赤ランプ点滅。

 ここで初心にかえって、バッファローのページからマニュアルをみる。
 赤ランプの点灯回数で故障状態が違うらしい。うちのは4回点滅。4回は、、、ファン故障。バッファローの機器ではファンが動いてないと起動しないとのこと。ファン!良かったディスクじゃない。
 問題は経年劣化のディスクじゃなくて、たぶん長年使ってきてたまったほこりだ!これがわかれば対処は簡単、掃除機をひっぱりだして、ファンのほこりをこれでもかと吸いだす。

 そして、電源ON。

 今回は、赤ランプつかず。パソコンからのアクセスもできた。見慣れたフォルダ構成がみえる。
 でも、復活したと思ったのもつかの間、またもや赤ランプ点灯。うーん、こりゃほこりだけが問題じゃないのかも。修理を頼むしかないか。

 データがなくなってなくてよかった。皆さん、こまめにバックアップをとりましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『もつ鍋ろくまる』

200802151
 11月に行なった駅伝大会の打上げの余りを使った駅伝壮行会。今年の11月もモリモリ走るぞ!という思いもこめつつ、銀座にある『もつ鍋ろくまる』に行きました。

 ろくまるはチェーン店で、以前、渋谷店に行ったことがあります。銀座店は最近できたばかりで、プランタン銀座近くのベルビア館というビルの7Fにある。ビル自体がおしゃれ、内装もおしゃれです。カウンター、テーブル、座敷があり、座敷がなぜか通路にオープンになってます。

 本日は大人数ということで、宴会コースをあらかじめ予約。
 宴会コースは、酢もつ、レバ刺し、豆腐、サラダなどのサイドメニュープラスメインのもつ鍋がでてきます。もつ鍋は5種類の味から選択でき、今回は鍋が3つ用意されていたので、しょうゆ、塩、ゆずを選びました。

 ここのもつ鍋はどの味もとってもあっさり、塩はちょっと薄味すぎて物足りないかも、ゆずはその名のとおりゆずの風味と香りがいい。ポン酢と紅葉おろしをまぜながら食べるとちょっともつ鍋とは違う味わいになります。しょうゆが味加減といい一番よかったかも。

 しめは麺でいただきました。

 座敷席もいいけど、少人数できてわいわいと楽しむのがよさそうな店です。


もつ鍋ろくまる 銀座店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはなにチョコ?

200802141
 意味もなくそわそわしてしまう2/14。
 見ず知らずの娘から突然チョコなどもらえるはずもないのに。なぜにこんなにも期待してしまうのか....。

 まだまだ心は高校生というおバカな某サラリーマン氏。30年培ってきた妄想に別れを告げるべく。自らチョコを買って配ることにした。


 ということで、大量の袋詰めチョコを買って、朝から打合せ卓に置いておきました。このチョコ食べると男として一皮向けます(意味不明)。男性陣には食べるのをためらうメールを送信、共に独り者の寂しさを分かち合おう。

 チョコは意外と大人気。あっという間になくなりました。でも、食べてる皆のリアクションが少ない。持ってき損?
 とりあえず、来月期待しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本棚談義

200802113
 昨日の家のみ。飲みながらいろんな話もさることながら、我が家の本棚が気になるようす。

 最近の悩みは、本が飽和しきって、置く場所がないこと。午前中をかけて掃除しましたが、テーブルに山積みになっている本を別の場所に移動するのがやっと。捨てきれないのが難点ですが、本好きには切っても切り離せない問題です。

 うちの本棚は、主人の私が雑食なのも手伝って、ミステリ、SF、純文学、歴史モノ、漫画、実用書、技術書、写真集、映画のパンフ、etcと揃い踏み。途中から、本とかその周辺の話ばかりになってしまいました。それはそれで悪くない飲みです。ウンチクが聞きたいときは是非うちで家飲みを。

 そうそう、見たらいかんとこに限って見つけられてしまうのはなんでだろ...。それはいかんってsweat01


 さてさて、著名人の本棚を覗くというコンセプトの本はいろいろとあり、興味本位に買ってしまいます。ちょっと紹介。

200802111本棚が見たい!
 10年以上前に出版された本。週刊ダイアモンドの連載を1冊にまとめてあります。ビジネス誌だけあって、登場する方々も筒井康隆氏、細川護熙氏、山田風太郎氏などなどちょっと硬派?揃い。この人にこの本棚ありといった楽しみ方ができます。特に内藤陳氏の本棚は必見。すでに棚ではなく本でできた山、いつか本にのみこまれてしまうんじゃないかと思ってしまう。そんな内藤陳氏の一言は『読まずに死ねるか』です。あっぱれ。

 ちなみに、この本は伯父の本です。よかったら一読ください。

200802112書斎曼荼羅 1 ― 本と闘う人々
 文庫情報誌「IN・POCKET」の連載を1冊にまとめたもの。講談社の文庫情報誌ということで、登場する方々は有栖川有栖氏、大沢在昌氏、京極夏彦氏などなど講談社で本を出している方が多い。
 本棚の様子は全部漫画になっているが、コメンテータの観察の様子も描かれていて写真よりもわかりやすいかも。本棚の中身よりも、まさに書斎と本棚についてそれそれの持ち主が語った1冊。本の上を歩くなど、本の収納方法に驚かされる。

200802293本棚
 最近、刊行された本。石田衣良氏、角田光代氏、中島らも氏などなど純文学とか文化人よりな人選?こちらは本棚についてというよりはどんな本を読むかとかそういう内容が多い。
 今年の芥川賞受賞者・川上未映子氏、直木賞受賞者・桜庭一樹氏など旬な人が載っているのも面白い。ちなみに川上未映子氏は純文学少女のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりにいえなべ

200802101
 久しぶりにいえなべ。

 大学時代には家で飲むのが普通、適当に集まってはしょっちゅう鍋をやってました。社会人になってからは、店が多め。で、久しぶりに家で鍋です。
 午後すぎに近くの駅に集合。上京するときに持ってきてたと思ってたコンロが見つからず、鍋とコンロもあわせて購入しつつ、鍋の具材を購入します。鍋はもつ鍋、スープさえあればお手軽です。
 ということで、簡単レシピ

【材料】
・もつ鍋のスープ(ダイショーのもつ鍋スープ しょうゆ味を使いました。)
・キャベツ
・もやし
・にんじん
・ニラ
・豆腐
・もつ

 あとは、薬味に唐辛子とにんにくがいりますが、今回はゆず胡椒を買いました。ゆず胡椒をつけながら食べるもつ鍋もなかなかです。

【作り方】
・にんじんの皮をむいて、輪切りする。
・キャベツはざく切り、ちょっと大きめに切って水洗い。
・もやしは袋からあけて水洗いのみ。
・ニラは1/3ほどに切ります。
・豆腐は適当な大きさに切ります。
・もつは塩で軽くもんでぬめりをとります。
・鍋にスープ、もつ、輪切りにしたにんじんを入れて沸騰させる。
・鍋が沸騰してきたら、豆腐、キャベツ、もやしを入れて、また沸騰するのを待ちます。
・唐辛子とにんにくを入れる場合はここで入れましょう。
・されに沸騰したら、上にニラを置いて、ニラがしんなりするのを待ちます。
・ニラがしんなりすれば食べごろです。

 というわけで、味はスープまかせなお手軽な鍋。
 しめはちゃんぽん麺といきたいところですが、東京のスーパーには置いてないのが難点。替わりにラーメンのふと麺を入れていただきました。

 かなり満腹。大量に買ってきた具材もきれいになくなってました。ゆず胡椒の賞味期限が短くてかなり驚きました、こりゃ来週あたりまたやらんと。
 安価で楽チン、たまにはいえなべもよいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重洲で飲む日々 『Big-Pig』

200802081
 東京駅八重洲口方面にある飲み屋街にて飲み。

 広島風お好み焼きの店、『Big-Pig』へ行ってきました。
 ビルの2階にある小さな店。カウンターとテーブル席あり、かなり小さいが4人が座れる座敷席もある。店員さんがみんな広島カープのキャップをかぶっているのも広島風。

 さて、メニューはぐるナビコースを選択。
 ねぎ焼きとかとんたま(オムレツ)とか、ボリュームがある一品ものが盛りだくさんででてくる。どれも美味いけど、サラダのようなあっさりしたものが欲しくなるところ。
 最後に、メインの広島風お好み焼きでしめ。これは文句なく美味い。

 飲み放題で食べ物のボリュームある割には安い。
 デザートにでてきた黒ゴマプリンもなかなかでした。


広島お好み焼き Big-Pig(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門前仲町で飲む日々 『大衆酒場 門仲市場』

200802071
 先輩の昇進祝いで、会社の面々と飲み。

 門前仲町の、富岡八幡の近くにある居酒屋『大衆酒場 門仲市場』。
 店の入り口は大きく開かれて開放感あり、寒い時期ですが、入り口にはエアカーテンがあり、入り口近くにいても寒くないようにできてます。

 店の前にはアントキの猪木の看板。モノマネタレントがきて時々ライブをするらしい。

 料理は居酒屋の定番メニューが一そろい。ふらりとよって気楽に飲める良店です。


大衆酒場 門仲市場(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の降る街を、免許更新

200802031
 いやに冷える朝。起きて外をみると銀世界になっていた。関東で雪が積もるのは2年ぶり?前回つもった時は雪が数日溶けないで残っていたのをよく覚えている。今回はどうだろう?
 昼過ぎに外へ。昼を過ぎても雪はとける様子はなく、雪は朝から降り続いている。道に積もった雪はシャーベットに近い。さすがにこの天気だと車は少ないので雪が少ない車道を歩く。

 雪がつもった道を歩くと『雪の降るまちを』を口ずさみます。
 ちょっとさびしい曲。藤子不二雄の『エスパー魔美』で同名タイトルの話があって、さびしい曲を使いながら暖かい話でした。

 さて、午後からは免許の更新へ、免許センターへ。
 雪の影響が心配でしたが、電車は通常運行。それにしても寒い。免許センターは雪の影響か、前回行ったときよりも人が少なめでした。ゴールデン(ペーパー)ドライバーなので、今回も優良更新!講習も30分ほどで終わりです。
 今回の更新から、免許がICカードに変わった。前回の更新では、大きなサイズからカードサイズへ、そして今回はICカードと10年ほどの間にいろいろと変わってきます。ICになってなにができるかまでは知りません。

 免許センターからの帰りも雪は相変わらず積もったまま、明日の朝にはとけとるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »