« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年3月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。

200803311悪魔とプリン嬢 (角川文庫)
 パウロ・コエーリョの『そして七日目には....』三部作の完結編。2作目は『ベロニカは死ぬことにした』。
 一週間で人と社会はどう変わっていくのか?をテーマにした『そして七日目には....』
 今回は、1週間以内に人が1人死ねば莫大なお金が手に入ると言われたらどうするのか?難題を突きつけられたプリン嬢とさびれた辺境の町・ヴィスコスの人々が悪意の誘惑との葛藤に1週間を翻弄される。ストーリーの中にはいくつもの宗教的な神話や寓話が織り交ぜてある。そこには問いかけられた誘惑に対する個人の選択の有無、そして選択をしなかったとしてもその結果を背負わざるを得ない人としての運命のようなものが綴られる。また、小さな町で起こった出来事だけどそれが世界の縮図たるとも。小難しいようですが、後味はスッキリする小説です。
★★★☆☆


200803312散歩もの
 ふと立ち寄った町の食堂でただただ食事を取るだけなのに虜になってしまう『孤独のグルメ』の久住 昌之、谷口 ジローのコンビがおくる漫画。今回はタイトルのとおり散歩もの。ふと立ち寄った街を歩きながら主人公が物思いにふけっていく。
 今回は、散歩ということで、街によって視点が変わるのでグルメよりも若干落ち着かない感じがした。それでも、読んでると散歩がしたくなる本。自分が住んでいる街も知らない道を歩くと違うものが見えてくるかもしれない。
★★★☆☆


200803313ほんとはこわい「やさしさ社会」 (ちくまプリマー新書)
 最近、社会がどこか窮屈になってきた感じがする。その一つの答えが本書。

 いつの間にか「やさしさ」を強要するようになってしまった社会。でも、その「やさしさ」が従来とは違うものになっていると指摘する。これまでの「やさしさ」とは、間違ったことや失敗したことを許す『治癒的なやさしさ』。しかし、いま求められている「やさしさ」は、間違ったことをしないようにする『予防的なやさしさ』だという。

 この「やさしさ」の違いの一例として例えば電車で席を譲る行為があげられていた。お年寄りや妊婦さんに対して席を譲る行為は確かにやさしさだ。しかし、予防的なやさしさが働くと断られた場合に相手に気を使わせてしまうと感じてしまい、結果なにもなかったことにしてしまうという。他にも授業中の私語は、話しかけてきた友人の言葉を断ると悪いというやさしさだという。どこか納得してしまう内容。
 こういう木をみて森を見ずなやさしさが浸透することで、間違いが起こせない窮屈な社会になってきている気はする。そして、なるべく揉め事を起こさないようにしようという社会でもあるかな。

 とはいえ、窮屈は窮屈だ。で、どうするか?あまり打開策的なものはないのだけど、入社時に言われた「失敗を恐れずにやりましょう」という言葉よろしくなにをやるにもガツガツするのと、友人・知人に対してはコミュニケーションを闊達にして理解してもらうしかないのかな?
★★★☆☆


200803314ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
 村上春樹のベストセラー小説。オススメされたので読んでみることにした。
 主人公の大学生活が始まる。自殺した幼なじみのキズキの影を心に持ちつつ、その恋人だった直子と同じ学部の緑との日々が過ぎていく。

 静かに優しくすすんでいく恋愛小説。
 女性に人格がなく男視点な小説の印象。恋愛表現が全部セックスなのはどうなのよ思いつつも、結構面白く読めてしまった。さて、下巻はどうなることやら。
★★★☆☆


200803315数学でつまずくのはなぜか (講談社現代新書 )
 中学、高校で習う数学。得意な人もいれば苦手な人もいる。また、数学が何のために必要なのか?なぜ数学を学ばなければいけないのかという疑問はたえずわいてくる。そんな数学嫌いだったり、数学への疑問への回答を示したのが本書だ。数学がわからなかった人もこれから数学を学びたい人もこの一冊を読むだけで心構えがかわってくるはず。

 内容は、代数、幾何、解析など中学で習う数学を一つ一つ掘り下げつつ純粋に数学の話となっている。しかし、やさしい。なぜそのようになるかの理解を提供してくれる。
 たまには数学を楽しむのもいいんじゃなかろうか。
★★★★☆

で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
映画館と観客の文化史 (中公新書)
もえない―Incombustibles
日本数寄(ちくま学芸文庫)
その数学が戦略を決める
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
蓼喰う虫 (新潮文庫)
森博嗣の道具箱―The Spirits of Tools (中公文庫)
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『ちゃんぷるう家』

200803303
 浅草を離れて、銀座へ。
 銀座にある沖縄料理の店『ちゃんぷるう家』に行ってみた。

 銀座三丁目のビルの地下1階にある。店内はいかにも沖縄料理の店といった感じ、カウンタあり、テーブル席が多め。かなり広いので大人数でも楽しめそう。

 料理は、ゴーヤチャンプル、ミミガー、ソーキソバなど一そろい。どれもうまい。
 酒のおつまみとしてもいいけど、どちらかというとご飯が欲しくなる。

 お酒はもちろん、オリオンビール。そして、泡盛のラインナップもなかなかよい。泡盛は、琉球ガラスのコップで登場。今日も菊の露をいただきました。

 大人数でわいわい飲むのがちょうどいいお店です。


ちゃんぷるう家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草、演芸ホール、デンキブラン

200803301
 日曜日に浅草へ。

 地下鉄から地上へでると人でごった返している浅草。雷門前だけに収まらず、仲見世通りも脇にあるアーケードも人だらけ、こんなに人って多かったっけ?そんな人ごみをかきわけつつ、浅草を歩く。

 今日の浅草の目的は落語。演芸ホールに向かう。ちょうど昼どき、美味しそうな店は人の列ができている。演芸ホールの前に食事。空いている定食の店に入って昼食をとった。食事が終わって、演芸ホールへ。途中、タミヤ模型主催のラジコン大会に出会う。昔、テレビのRCカーグランプリでよくラジコンレースをみていたが、まさにそれだった。

 そこからまたしばらく歩いて演芸ホールに到着。
 昼の部はすでに始まっているので途中から観覧する。入ったところで、紙切りが開始される。お客さんのリクエストに答えて、一枚の紙から絵が切り出されていく。カブトムシ、宝船、パンダ等など、どのリクエストもあっという間に仕上がるからすごい。
 むかし、なんかの番組で、紙切りの師匠と弟子がでてきたのがあった。お客のリクエストは、『闇夜のカラス』。さぁ、どうする?といった内容。弟子はカラスに懐中電灯を持たせた。師匠は「若いね、オレは提灯もたせたよ。」と一言。そんな師匠にも出来なかったのが『紅梅白梅』だった。こんなリクエストだしたら、さてどうなるんだろう?

 他にも話芸が目白押し。昭和のいるこいるが登場したときはホールがわいた。

 話芸を聞くのは楽しい。プロのすごさをあらためて感じさせる。

200803302
 浅草演芸ホールの昼の部は16時半くらいに終了。話芸で楽しんだ後はちょいと一休み。
 浅草一丁目一番地にある神谷バーへ行った。バーとはいうものの昭和風にオシャレな大衆居酒屋。そして、ここには『デンキブラン』が置いてある。

 『夜は短し歩けよ乙女』のなかには偽デンキブランなるアルコールが登場する。その原型が神谷バーにあるデンキブランというお酒。日本にもここにしかたぶん置いていない。

 ブランと名のつくとおり、ブランデーベースのカクテルで、飲んでみるとお屠蘇のような味でした。ちょっと甘いけどかなり度数がある強いお酒。どのテーブルにもあって、神谷バーにくれば誰でも飲むもののようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見、市ヶ谷、桜並木

200803291
 今週中ごろくらいから桜の開花宣言がだされて、街にある桜の木々は満開の花びらをつけてきた。

 春の陽気で暖かい今日、会社の後輩に誘われてお花見へ。
 まずは電車にて移動、九段下駅で乗換えをしたが、駅はひとでごった返して大変だった。そして、市ヶ谷へ。駅をでて、河川敷の桜並木を歩く。人も花見客もとにくかく多い。

 しばらく桜をみて合流。15時くらいに到着したけどすでに周りの面々は出来上がっている。そのテンションについていくためにさっそく飲みはじめ。昼間っから酒を飲める、花見はいい文化です。

 後輩がギターをだして演奏し始めると、歩く人、周りの花見客も一緒に手拍子と歌で盛り上がる。周りの人たちといろいろと話しながらいい酒が飲めました。

 寒くなってきたので夕方くらいに解散。
 来週も会社の花見。週末は雨らしいが来週まで桜はもってくれるかな?


200803292


| | コメント (0) | トラックバック (0)

春が並ぶ食卓で

200803271
 早朝から甥っ子の襲撃で目が覚めた。
 「早く帰ってきてね」というリクエストがあったけど、昨日帰ってきたときにはすでに力尽きていた甥っ子。起きておはようと言った次の第一声は「お土産は?」だった。今回は買ってきてない....。期待にそえないおじちゃんでごめん。
 とりあえず何が欲しいとか聞いてみると「キバのベルト」が欲しいらしい。GWに帰ってくるときにでも用意してやろう。

 起きて台所に行くとすでに朝食が待っていた。起きると朝食がある生活なんて、嬉しいかぎり。そして、食卓の中につくしの卵とじがあった。ちょうどテレビでは、桜の開花を告げるニュースがかかっている。まさに春。そんな春を告げるようなつくし料理。なんでも、姉と甥っ子がわざわざ採ってきてくれたとのこと。
 昔は松浦川の土手やら、学校の行き帰りやらよく採ってたっけ。春ですね。

 つくし自体はそんなに美味いもんじゃないんだけど、懐かしさと春を感じさせるそんな食卓でした。


 食事が終わって、はいはいで激しく動きまくる姪っ子と元気のかたまりの甥っ子に見送られて東京へ。
 一時帰郷はいい清涼剤になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出張という休息

200803261
 会社のリクルート活動の一環で、母校での就職説明会をするため、九州出張。
 福岡空港におりると天気は良好だった。春の陽気まであと少しというところ。そのまま大学に足を運ぶ。

 卒業してからもう8年。当時あった棟がなかったり、サークルで使ってた広場が芝生になっていたり、それでもあまり変わらない久しぶりのキャンパスを歩く。すでに春休みに入っていて学生はまばらだった。


 就職説明会。採用のやり方はいろいろとあるんだろうけど、地方ではリクナビなどは使わずに大学の推薦を推奨していたりする。売り手市場のいまとなっては、有望な人材を確保して、入社させることがかなり難しいとのこと。

 説明会には数人の学生が来てくれたので、ざっくばらんに会社のことを話してみた。ためになったか参考になったかは定かじゃないが、一緒に仕事ができるといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家なべできりたんぽ

200803211
 だいぶ暖かくなってきた今日この頃ですが、まだまだ鍋が美味しい季節。
 ということで、家できりたんぽ鍋をやりました。

 きりたんぽ鍋はネットで発注、具材の一揃いが届きます。中身は、スープ、きりたんぽ、だまこもち、地鶏、セリ、ササガキごぼう、舞茸、ネギ、糸こんにゃく。


 先に集まっていた野郎数人で準備を開始。
 作り方をみながら、スープは希釈して沸騰させ、きりたんぽは凍っているので軽く水でぬらしてからレンジで温めます。ほとんど入れるだけなのでこれは楽チン。

 そうこうしてると、遅れてきた面々が駅に到着したので、自分は駅に迎えに。その間に鍋はおまかせました。駅から家に到着すると、鍋は完成してました。


 ビールを片手に鍋をつつきます。地鶏のスープが美味い。そして、きりたんぽももちもちとしてこれまた美味い。
 後は野菜を食べようと舞茸に箸をのばしてみると....、きのこのかたまり。舞茸、切っとらん!
 まかせたのが悪かったのか、切らずにそのまま入れられた舞茸がでてきた。他にも肉のかたまりやら、とにかく長い糸こんにゃくやら.....。

 まぁ、こんなハプニングも鍋の醍醐味です。

 そして、しめには茹でたうどんを入れてみました。が、うどんとスープがからまないこと....。
 ちょっと鍋を火にかけすぎてしまったのか、きりたんぽが崩れて、スープがちょっとだけおじやのようになったみたいです。きりたんぽ鍋はあまり火にかけすぎないほうが良いのかもしれません。あと、うどんよりは、雑炊のほうがあうのかも。

 というわけで、今回の家なべも美味しい時間が過ごせました。


佐田商店のきりたんぽ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『茶良ら~SALALA~』

200803151

 銀座一丁目の桜通り沿いにある和食ダイニング『茶良ら~SALALA~』に行ってきました。
 店内は、間接照明をいかした小粋な空間、カウンターとテーブルあり、ロフトもあって、ロフトは貸切もできるらしい。

 さて、ここのとりあえずビールはエビス。和風の店と言えばやはりエビスはかかせない。他のビールにはギネスあり、エビスとギネスのハーフ&ハーフもあった。

 料理は京風。最初に頼んだ湯葉包おぼろ豆腐は、豆腐の風味が抜群によいです。もつ煮込みやサラダなどなど、定番なメニューもどこか上品な感じ。

 大人数よりかは少人数で行ってしっぽりと飲むのがよい感じ。値段はちょっと高め、財布の余裕があるときに行きましょう。

銀座 茶良ら~SALALA~(ぐるナビ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伯父がいた街へ

 部屋の片づけをしていたら、10年前くらいに伯父にもらった名刺がでてきた。カードケースの中をあさっていると黄色い名刺がでてきた、伯父の名前とニフティサーブのIDと住所が書かれていた。

 10年前、当時大学生だった自分は、新聞社が主催する講演会に参加するために上京した。小学生以来の上京、飛行機を手配したり、宿を手配したりと初めてに近いことをいろいろとやった。そんなこんなで宿は伯父の家に泊まることにした。
 自分が小学生ぐらいの頃は年末年始に帰郷していた伯父。祖母もいて、正月はとにかく賑やかだったように覚えている。田舎もんの小学生の目には東京の伯父ちゃんは毎年持ってくるお土産も変わったものが多くて、未知の都会と同じように憧れの的だった。そんな伯父も仕事の関係から帰郷が難しくなり、自分が中学をあがる頃には帰って来れなくなっていた。
 そんなで、数年ぶりの伯父との再会。駅に着き、商店街で待ってくれていた伯父、伯父の家はぼろい1Kのアパートで、壁一面の本棚があった。近況を報告しつつ、なかなかうまいこと言えない自分がいたり。翌日は講演会で一人有楽町へと行ったが、伯父はニフティサーブにある自転車フォーラムのオフ会だと、さっそうとスポーツサイクルに乗って朝からでかけていった。大学生からみても憧れの伯父さんだった。

 そして、7年前に上京。すでに伯父の姿は東京にはない。

200803051
 なにをするわけでもなく先週末、中野区の野方駅に行ってみた。散歩がてら昔を思い出してみる。

 野方駅は、西武新宿線沿線にある駅。駅をおりるとすぐに商店街がある。昭和の商店街を思わせる店が軒を並べている。人通りも割りと多い。近くには、環七と新青梅街道が交差している。

 この商店街を新青梅街道方面に向かうと伯父の住むアパートがあった。
 たった2日いただけだったけど、何もかわってないような気がする。

 新青梅街道にあたると商店街は終わる。幹線道路沿いを歩くと、立ち寄ったコンビニや夕食を食べたデニーズやらが見えた。ぼろアパートは見つからず....。

200803052
 しばらく歩いてから、住所を確認してみたところ、どうやら駐車場になってしまったようす。
 なにか物悲しい。

 そのまま商店街を戻って、中野駅まで歩いてみた。
 環七沿いを歩いて向かう。幹線道路の散歩はあんまり面白くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »