« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年4月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。

200804302森博嗣の道具箱―The Spirits of Tools (中公文庫)
 道具についてのあれこれを書いたコラムを文庫化したもの。特に工作少年である森博嗣氏の道具に対するこだわりを強く感じる。また、そのこだわりの基点となる考え方や発想法があふれてくる一冊。

 自分の道具に対するこだわりはなんだろうか?いつも使ってる道具、万年筆、ノート、はさみ、かばん、携帯、デジカメ、etc。一つ一つの道具に対するこだわりを考えていると、自分がいままでに培ってきただろうライフハックのようなものを再認識できる気がする。また、同時に自分にとって何が足りてないかも考えさせられる。
★★★☆☆


200804301ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
 主人公は、ハンブルク空港に到着した飛行機の中で流れるビートルズの「ノルウェイの森」を聴き、18年前に死んだある女性のことを思い出していた。
 施設に入った「直子」との癒しと文通の日々。そして、講義が同じになった「緑」との日々。主人公の20代の思い出が描かれる。

 施設にいる「直子」とのやさしい日々で終わる上巻。そして、下巻からは、直子のルームメイト・レイコの回想が始まる。心の傷を負った日々を語るレイコに、若干ひいた。
 というか、やたら愛情表現や感情表現が、性描写なのはなぜなのか?そういう物語だとかメタファーだとか言ってしまうとそれまでだが、共感する部分がないではないので解せない。切なく優しい物語だけど、セックスと死がやたらとフューチャーされて、共感する部分もあるだけに、洗脳されそうな気味悪さが印象に残った。
★★★☆☆


200804303その数学が戦略を決める
 エール大学の気鋭の計量経済学者が書いた統計についての本。
 未来のワインの値段を決め、症状から病気を予測し、最適の結婚相手まで決める「絶対計算」とはなにか?

 ワインの値段を決めるのはそのプロの仕事。しかし、素人でも値段を決めることができるのが絶対計算と呼ばれるもの。
 どんな物事でも因果関係がわかっているものは実は少ない。プロはその経験や直感を使って結果を導き出していく。素人がそれをするためには膨大なデータを使ったデータ解析を行うことで予測するしかない。そんな相関関係をいろんな業界で導き出す実例をだしていく本書。
 相関関係を導き出すもとが幅広い、ワインでは降雨量との関係で美味いワインをはじき出し、はたまたクレジットカードの返済率から自動車事故の発生率をはじき出す。
 統計で相関関係を導き出すのは簡単かも知れない。しかし、安易に相関関係に頼るのも確かに危ない。どの業界でもその相関関係を導き出すためのバックボーンが必要そうだ。
★★★☆☆


蓼喰う虫 (新潮文庫)

 お互いが不倫を認め合うものの別れきれない不思議な夫婦関係。そして、時々はさまれる義父と義父の愛人と人形浄瑠璃で語られる浮世離れした世界。どこか人をくったような話ばかりだが、読み進めていくと違和感なくすーっと飲み込めてしまう。内容はどうあれ、純文学もたまにはいいもんです。
★★★☆☆

200804304映画館と観客の文化史 (中公新書)
 映画館の始まりから今までを書かれた本書。

 ここ10年ほどで映画を観る環境は劇的に変化してきた。ビデオとDVDの台頭、シネコンの興隆、町にある映画館の閉館。ホームシアターが安価になり、自宅で済ませる人も多いかもしれない。個人的には映画は映画館で観るものだと思う。テレビドラマも、演劇も、映画もそれぞれの出力媒体に応じた演出がされているはずだから。そして、娯楽や文化の原点がそこにあると思うからどんな街にも映画館があって欲しいと思う。
★★★★☆


200804305君たちに明日はない(新潮文庫)
 リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。メーカーや銀行など様々な会社に出向き、リストラを断行する。仕事と恋の人間ドラマ。

 5つの会社を1社1話として展開されるストーリー。クビを切った中間管理職からは殴られることもあるが、皆がハッピーになるような前向きなクビ切り話が多い。特に3話目ででてくる友人銀行マンのクビ切りは、浪花節で熱いものを感じる。
 リストラという重い話をテーマにしながらも笑って泣かせる展開は面白く、クビ切りにあった人たちも前向きに進もうとする姿が小気味いい。
 続編として、『借金取りの王子』がでています。
★★★★☆

で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
マチウ書試論・転向論
ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
もえない―Incombustibles
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
カンガルー・ノート (新潮文庫)
をんな紋―まろびだす川 (角川文庫)
持たない暮らし (中経の文庫)
街場の現代思想 (文春文庫)
タマや (河出文庫)


ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で飲む日々 『魚真』

200804281
 文化村通り沿いにある美味い魚が食べられる店。
 店内は間接照明でちょいと暗い。テーブルとカウンターがあり、奥には座敷もある。

 魚の店と言うことで、刺身盛りをいただいた。何を食べたか忘れたけど、わりと安価で美味しい魚が食べられる。他にも煮魚など魚料理が盛りだくさん。頼まなかったけど、毛がにがまるごと刺身?であったりします。

 アルコールは、ビール、焼酎、日本酒などなどあり。今日は刺身などを食べたので久しぶりに日本酒でいただきました。魚料理にはキリッとした辛口があいます。


Uoshin.web
魚真 渋谷店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京散歩 秋葉原~神田明神

 GWの前半。天気も良い今日は東京散歩にでかけました。
 今回は、池袋周辺の神社巡り。池袋を出発して巣鴨まで歩きます。行きたい神社のみ決めてその間の道は気ままに。池袋~大塚までは、vol.1を大塚~巣鴨までは、vol.2をご覧ください。

 池袋から巣鴨まで散々歩いた後は神田明神へ行くために電車に乗って秋葉原へ。

200804278
 最近、話題の秋葉原。GWともあって人が多い、大通りも人であふれかえっている。でも、コスプレの方々は少ない。ところどころに警官が目立つ。路上でのパフォーマンスは完全にできなくなった?模様。

 そのまま中央通りを北上し、蔵前橋通りに行く。蔵前橋通りに入った時点で、神田明神に行く道を通り過ぎたことに気付いた。とりあえず、道なりに進む。蔵前橋通りからだと、神田明神の裏門があった。
 道にたててある周辺地図をみると近くに妻恋神社なる別の神社があるようなので寄り道してみる。

200804279
 蔵前橋通りを道なりに歩き、清水坂下の交差点から北上し横道にそれると妻恋神社がある。日本武尊と妃を祀っている。「宝船」を描いた版画を配布していて、1月2日に枕の下に敷いて寝るとよい夢をみるらしい。

 さて、妻恋神社を後にして一路、神田明神へ。
 神田明神の例祭・神田祭まで間近にせまる社。すでに時刻は17時過ぎ、人はまばらで静かだった。今日、神田明神に来たのは、神田明神資料館にて行なわれている「江戸の祭礼と神田祭」という催し物をみるためだったが、あいにく閉館時間が16時ということで全く間に合わなかった。残念、また来よう。

 そんなこんなで今日の散歩は終わり。散々歩いた後は銀座でビールをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京散歩 池袋~巣鴨 vol.2

 GWの前半。天気も良い今日は東京散歩にでかけました。
 今回は、池袋周辺の神社巡り。池袋を出発して巣鴨まで歩きます。行きたい神社のみ決めてその間の道は気ままに。池袋~大塚までは、vol.1をご覧ください。

 大塚の天祖神社を後にして巣鴨へ向かいます。
 JR山手線では、大塚駅の隣が巣鴨駅なので、線路を辿りつつ住宅街を進みます。いつの間にやら線路は見えなくなり、気付くと巣鴨を大きく通り過ぎ、不忍通りまででてしまいました。道に立っている地図を確認しつつ、再度路地に入り巣鴨へ。

200804276
 途中、商店街のような通りを通ると柱には『巣鴨大鳥神社』の旗があがってます。近くに神社がありそうなのでそこを経由することに。商店街を抜けてちょっと道を反れるとそこに『巣鴨大鳥神社』と『子育稲荷神社』が建っています。社はそこまで大きくはありません。

 さらに巣鴨駅に向かって歩くと途中に櫻井マッハ速人選手のマッハ道場があり、ちびっ子たちが汗を流してました。

200804277
 マッハ道場をすぎると巣鴨駅は目の前。
 駅前を素通りし、巣鴨地蔵通り商店街へ。

 駅側から来ると、まずは江戸六地蔵の一つがある眞性寺があります。笠をかぶって座する巨大な地蔵。六地蔵と言えば、山の手七福神でまわった太宗寺にもありました。

 眞性寺を過ぎると巣鴨地蔵通り商店街の看板が見えます。看板をくぐるとかなり活気がある商店街へ。シャッターが閉まった店が多い昨今、これだけ賑やかで活気がある商店街はすごいもんです。もちろん、年齢層は高めですが、家族連れも多いし、観光客も多い。肉は肉屋、魚は魚屋的な雰囲気もよいです。

 巣鴨と言えばとげ抜き地蔵。とげ抜き地蔵がある高岩寺は商店街の中ほどにあります。現在は修復中ということでお寺には工事の足場が組まれてました。工事中ですが、中には入れます。
 とげ抜き地蔵は、そのお寺の敷地内にあり、たくさんの人が並んで参拝してました。ちゃんと参拝用の柵があるのがすごい。お参りのときは、地蔵様に水をかけ、自分の悪いところと同じ場所を洗うと治るということですが、あまりの人の多さに、遠くから眺めるばかりでした。

 さて、とげ抜き地蔵を後にして、さらに商店街を進みます。
 商店街の端っこまでくるとそこには『巣鴨庚申塚』があります。庚申塚は、昔の庚申信仰の名残です。ここには、猿田彦大神も合祀して祀られていて、庚申の日は催し物があるようです。


 一通り、巣鴨を見終わって、ちょっとブレイク。
 次は神田明神へ、さすがに歩くのは無理なので電車に乗って秋葉原を目指します。


巣鴨地蔵通り商店街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京散歩 池袋~巣鴨 vol.1

 GWの前半。天気も良い今日は東京散歩にでかけました。
 今回は、池袋周辺の神社巡り。池袋を出発して巣鴨まで歩きます。行きたい神社のみ決めてその間の道は気ままに。

 まずは池袋。昼食をとってさっそく雑司が谷方面に明治通りを南下します。ジュンク堂の大きなビルを過ぎるとあっという間に人がまばらに。通り沿いを歩いていると、大鳥神社参道と書かれた鳥居がありました。鳥居をくぐってもそこは住宅街へと進む道路しかありません。そのまま道なりに歩いてみます。途中、お寺などを眺めつつ、一向に神社の雰囲気がないので、道を反れて歩いてみると神社を発見。境内に入ってみるとそこは『鬼子母神堂』でした。

200804272
 静かな住宅街の中にある鬼子母神堂。鬼子母神は、近所の子をさらっては食べるという凶暴な鬼でしたが、お釈迦様から我が子を隠されたことで過ちを悟り安産や子育ての女神となりました。
 境内には大きな社がありますが、他にも境内社としてお稲荷さんが建っています。また、大きなイチョウの樹があり、樹齢は600年ほど、天然記念物に指定されているようです。イチョウの樹からは、イチョウの花が散っていてパラパラと降ってきます。

 境内に駄菓子屋があるのに驚きました。懐かしい昭和な駄菓子屋です。置いてある駄菓子も昔懐かしいものばかり、おばあちゃんが1人で店番されてました。

200804273
 境内を離れて歩くと、ケヤキの並木道があります。
 ホントは近くの駅から商店街を抜けて、鬼子母神堂の参道であるケヤキの並木道を通るのがちゃんとしたルート。今回は裏から入ってしまいました。このケヤキも樹齢が400年ほど経ち、天然記念物に指定されています。眺めもよいし、見ているだけで圧巻でした。

 鬼子母神を離れてさらに雑司が谷の街を歩きます。

200804274
 地図を片手に、大鳥神社を探してみると、鬼子母神堂から程近いところにありました。

 こちらはあいにく人がいず、ひっそりと佇んでいるようす。神社の側には町名が書かれた倉庫があったので、祭りのときに使う神輿でも入っているのかな?といった感じでしょうか。

 近くには都電の線路があります。

 大鳥神社を離れて、大塚方面に向かいます。
 ここからは雑司が谷の街を気ままに歩きながら進みます。雑司が谷は静かでちょっぴりハイソな雰囲気の街。ちょっとした路地裏が多いのは歩いてて楽しい。

 途中、雑司が谷霊園という大きな共同墓地があり、夏目漱石や小泉八雲のお墓があるとのこと。今回はお墓参りはパスしてそのまま大塚へ向かいます。


200804275
 あっという間に大塚に到着。
 JR大塚駅前にある商店街の入り口には大きな鳥居がある。その鳥居をくぐってちょっと歩くと『天祖神社』があります。7のつく日はなにかしら催し物があってるということでしたが....。今日はあいにく何もあってないみたい。
 ひととおり境内を歩いて天祖神社を後にしました。

 ここらでちょっとティータイム。大塚から巣鴨へ歩きます。続きは後半へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

池袋でちょいとランチ 『バーンイサーン』

200804271
 池袋にてランチバイキングの店を探していて発見。
 エスニック料理を880円で好きなだけ食べられるお店『バーンイサーン』に行ってきました。

 場所は池袋の東口をでて徒歩3分ほど。入り口には大きく店名の看板がでています。

 店自体はそんなに大きくなく20人も入らないくらい?
 この日はグリーンカレーやレッドカレーをはじめ、タイ風チャーハンや野菜炒めのようなものまでいろいろとありました。タイ風ラーメンもあります。いろいろと食べることができて、880円はなかなかの値段です。

 お昼はすぐに机が埋まってしまうようなので行きたいときは早めに行きましょう。

バーンイサーン
タイ国屋台居酒屋 バーンイサーン(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『わびすけ』

200804121
 新宿にて飲み。
 西新宿にある『わびすけ』という店で飲む。

 ビルの地下1階にある店。店内はカウンターのみで、20人も座れないほどの小さな飲み屋。厨房を眺めながら、酒を飲む。

 店の料理で有名なのは、大山地鶏の唐揚げ。どっちの料理ショーなどで紹介されたらしい。ジューシーな味わいのから揚げでした。他にも鶏料理がいろいろとある。とり刺しが美味い。
 他にも牛すじ味噌煮込みおでんがあり、おでんといいつつもつ煮込み。しっかりと煮込まれていてこれまた美味い。

 お酒はビール、日本酒、焼酎なんでも揃っている。ワインなどの洋酒が揃っているのも通好み。

 店が小さいので2~3人の少人数で行くのがいい店です。

手羽先唐揚・煮込おでん わびすけ(ぐるナビ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座で飲む日々 『沖縄料理ぱいかじ』

200804111
 会社帰りに、沖縄料理の店『ぱいかじ』へ。

 銀座にある沖縄料理店。ちょっと小さめのお店で、店内はカウンターとテーブルがり、ちょっとした個室もあり。青い内装と真っ赤なテーブルが印象的なお店です。

 食事は沖縄料理の定番は一揃い。なにがしチャンプルーがいろいろ揃っていて、この日は定番ですが、ゴーヤチャンプルーやらフーチャンプルーをいただきました。他にもしまらっきょうやら海ブドウやら美味いです。

 お酒のラインナップもなかなか。
 泡盛がいろいろとあるので飲み比べて自分にあう泡盛を探すのもいいかも。カラカラはないので、グラスじゃなくて、ボトルでいただきましょう。この日は自分の定番『菊乃露』をはじめいろいろと飲んでいたら3本もボトルが転がってました。

 なかなかのいい店です。少人数でどうぞ。


沖縄の台所 ぱいかじ
沖縄料理ぱいかじ 銀座三丁目店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨海公園、水族館、桜並木

200804061
 昨日に引き続き、よく晴れた日曜日。

 花見から午前様での帰宅だったけど、こんな天気のいい日に外に出ない手はないので、葛西臨海公園に散歩しに行きました。

 葛西駅からバスに乗って、臨海公園へ。バス停から降りてすぐに、観覧車が見えてきます。できた当時は世界最大級の観覧車だった花とダイヤの観覧車。いまでも帰りの電車の中からみると夜を照らすイルミネーションの一つです。

 公園内はかなりの人人人。カップル、家族連れなどなど。これだけ天気がよければ当然か。弁当をもって出かけて、午後は日がな広がる芝生の上にごろんと寝転ぶのがいい楽しみ方かもしれない。でも、到着時点ですでに15時過ぎ、今日はぶらぶらと歩きます。

 公園を歩きながら、公園内にある水族館に向かう。
 球形をした水族館。臨海公園という名のとおり、公園の向こうは東京湾が広がり、向かいにはディズニーランドが見える。水族館の建物付近からはそういう景色を一望できる。海風が気持ちいい。

 水族館には珍しく、スズキやカツオなど食卓でみかける魚がちらほら見える。ここの水族館の目玉はマグロが泳ぐ水槽。ドーナツ状になった水槽をぐるぐる廻るクロマグロを一望できる。目の前に拡がる大きな水槽とクロマグロの群れは圧巻。一匹いくらするんだろうといらんことを考えたりも....。

 水族館をあとにしてさらに公園内を歩く。
 公園の中には桜並木もあった。桜の木々が茂るまっすぐに延びる道。満開のときにくるとこれまた圧巻の景色だろうに、いい花見スポットだ。ちなみに、花見客は今日もいっぱいだった。しかし、散りゆく桜。桜吹雪を見ながらの花見になっている。

 これから暖かくなる季節。
 たまの休みにはこういう公園でゆっくりするのがいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見、品川、桜吹雪

200804051
 よく晴れた休日。桜は散り始めているものの今日も絶好の花見日和となりました。

 しかし、午前中は仕事のため会社へ。
 少しでも早く花見に合流するために早め早めの作業を開始、なんとか午後一には終了したので、花見をやっている品川へ向かう。

 お花見会場は品川駅を降りて、天王洲アイルへ向かう途中にある公園。桜がたくさん咲いている場所ではないけど、人も少なくて適度に広く格好の場所。会場に到着すると、ちょうど桜の木の下にブルーシートを広げて、鍋と鉄板を囲んでの飲みが進んでいた。開始から2時間ほど経過?何人かはできあがり、すでにまったりとしたムード。
 とりあえずビールを飲みながらついていく。

 桜はすでに散り始めていて、桜吹雪の中での花見になった。手に持った焼酎ロックのコップの中に落ちてきた桜の花びらが浮かぶ。散りゆく桜を眺めながらのお花見もいいものです。


 さて、酔っ払った大人たち。公園の広場を使って縦横無尽に走り回ります。童心に返ったと言えば聞こえはいいけど、ただの酔っ払いのお遊びです。あー、楽しかった。

 花見の後は、ボーリング、さらに飲みとしゃれこみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »