« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

玄海町の棚田

 一昨日、YouTubeを覗いてみると『佐賀県 玄海町 浜野浦の棚田』という動画がトップページのおすすめにあがってました。

 いやはや、絶景です。
 唐津にいくつかある棚田。棚田百選に選ばれている棚田もちらほら。でも、観にいったことはまだない。今度の帰郷のときに棚田めぐりでもしてみようかな。

日本の棚田百選

| | コメント (4) | トラックバック (0)

WindowsVistaは触らぬ神にたたりなしか?

200805281
 マイミクさんの記事に触発されてWindowsVistaについて書いてみます。

 GWに帰省したときの話。親と姉夫婦がパソコンを購入したいというので、購入に付き合うために電器店に行きました。まずは機種選びからということで、前日にネット上で売れ筋パソコンなどを物色しつつ、初心者なのでNECか富士通あたりが無難だろうと目算をつけます。ただ、個人的にはVAIOがいいかなとおもったり、Vistaの評判が悪いのでXP搭載のパソコンがいいかなとおもったりしてました。しかし、今の大手メーカ製パソコンはVista搭載モデルしかない様子。さすがに初心者向けにDellのPCみたいに真っ白なパソコンを渡しても使えきれないので、大手のVista搭載モデルを買うことに。

 電器屋さんに行ってからは即決。親も姉もその店の売れ筋だった富士通のノートPCを購入しました。

 そして、家に帰ってからセットアップを開始。メモリは十分に積んでいるので動き自体は全然トロくない。初期セットアップを完了して、起動。発売から1年をすぎ初めてちゃんとさわるVista。
 いやいや、しかしインターフェイスの変わり様にびっくりしました。特に気になるポイントは

1.デフォルトがシャットダウンじゃなくてスリープ

 Windiowsを終了するときに使うスタートメニューから開く停止ボタン。でも、この停止ボタンを押すとスリープ状態になります。既定操作がシャットダウンじゃなくスリープに変更になっている?!Vistaになってよくなったのかもしれないけど、再起動しなくて快適なWindowsなんて信じられん!
 で、シャットダウンするにはどうするかというとスリープとかログオフとかの起動停止メニューのプルダウンを開いて、やっとシャットダウンボタンが登場。シャットダウンするだけでかなり面倒くさいことに....。

2.アイコンのシングルクリック化&サイドバーとガジェット

 アイコンイコンがシングルクリックで起動するようになってました。うーん、ダブルクリックで慣れてると使いづらいというかわざわざシングルに変更する必要があるのかどうか....。
 そして、目玉の一つであるサイドバーとガジェット。これも特には必要性を感じないけど、デスクトップ上に付箋があったり、iGoogleを使ったりしてるのを考えるとこれから使う機能になってくるのかもしれない。
 ただ、やっぱりこういう違いをあまり歓迎してないのは正直なところ。MS側からするとユーザに新しいUIを提供するのはわからないでもないけど、Windows98のときにアクティブデスクトップを搭載したときとやり方が一緒というのがなんとも言えない。一般のユーザが昔に比べたらITに技術も意識も追いついてきてるけど、まだまだ新しいUIを受け入れるにはいたってない。

3.何をするにも承認が必要

 セキュアなOSを目指すのはわかるけど、起動するために『承認』、インストールするのに『承認』となんでも承認ダイアログがあがる。とにかくめんどくさいし、パソコンの利用に長けてない人はかなりわかり辛いのでは?一番注意して欲しい初心者向けに承認画面で注意を促してるんだろうけど、きっとそのまま『はい』と押してしまうのは想像がつきます。もしくは、PL法対策とか?セキュリティと利便性は両天秤のどっちつかずなのでバランスが大事ですね。

 他にもOfficeのインターフェイスが変わりすぎてたり、コンパネの中身が変わってたり、もっと使ってればいろいろとでてきそうです。一番大変なのは、やっとXPを使い慣れた親にどうやって使い方を教えなおせばいいのか...。うーん、ムリです。使ってれば慣れてくるはず、きっと。

 さてさて、システムのコア部分はよくわかりませんが、インターフェイスの変更が、新しい何かが生まれるものなのか、ただただ面倒くさい変更にすぎなかっただけなのかはしばらく静観です。サイドバーは使い勝手がいいのかは気になるところ。ただ、これも周りにVistaユーザがいないのでなんとも言えない。
 かくいう自分は、昨夏に買ったDell製PCのXPユーザ。PCがオシャカになるころにはさらなるOSが登場してることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真展めぐり

 写真展に行ってきました。
200805241
 まずは、横木安良夫さんの写真展『GLANCE OF LENS ~レンズの一瞥~』を観に四谷へ。
 最近発売された著書『横木安良夫流スナップショット』とあわせて開催されているようで、これまでに撮られたスナップショットをテーマやコンセプトを決めずに展示されている。写真展の説明書きを抜粋

この写真展には、具体的なテーマやコンセプトはありません。 しいて言うならばスナップショットとは何か、世界を写真に撮り、 そしてこうやって二次元に異化した写真を見ることは何なのか、を考えること自体がテーマであります。

ただ僕が移動し、あるときは立ち止まり、何かしらの心の動き、衝動により、
その場所でシャッターを切った結果である「写真」を見ていただきたいだけなのです。
こんなふうな羅列された写真から何を感じるのかは見る人の自由でしょう。
そう、写真とは元来そんなふ うなあやふやなメディアなのです。


200805242
 次に新宿に移動して、日本写真協会が主催している『1000人の写真展』。
 こちらは、プロアマ問わず自分の一枚と思う写真を展示するというもの。こちらもテーマやコンセプトは人によりまちまち、人、動物、景色、イベントなど様々な場面があり、様々な表情がありました。


 二つの写真展の写真をみるとプロとアマの技術的な違いはわかりやすい。でも写真によっては、写真から伝わるものがどちらも甲乙つけがたいものがあります。
 このブログのタイトルも”snapshot”。飲み屋のネタばかりですが、日常の悲喜こもごもを日々の記録として残しております。そんな中で、写真も撮ったりしてますが、記録としてだけじゃなく、見て楽しんで何かを感じれる写真が撮れるといいなと素人ながらに考えています。

 『横木安良夫流スナップショット』には、写真展に展示されている写真+αが載ってますが、本の中で主にページをさかれているのはスナップショット論と肖像権の問題についてでした。肖像権の問題などは最近きってもきれない話。プロならばアートと言い切れるかもしれませんが、アマともなれば盗撮と紙一重です。横木さん曰く撮りなさいと書かれてますが、どこまでやっていいのかの線引きはまったくわからない。でも、いいなと思う写真は表情が撮れてるのが多いです。一応、外で写真を撮るときは気を使いますが、これからも気を使いつつ撮り続けるしかないですね。


横木安良夫写真展 「GLANCE OF LENS ~レンズの一瞥~」
1000人の写真展「わたしのこの一枚」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浅草神社、三社祭

200805181
 浅草神社の浅草三社祭に行ってきました。

 浅草の三社祭は浅草神社の例大祭。浅草の名所・雷門をくぐり、仲見世通り商店街を通った先にあるのは浅草寺、浅草神社はその浅草寺の隣に位置しています。普通の日は境内の広さに驚いてしまうのですが、今日はその境内の広場にところ狭しと露店が並びいつにも増して人もごった返し、大変な賑わいです。

 さて、昨年は神輿の上に乗る乗らないで逮捕者まで出てしまった三社祭ですが、そのためか今年の本社神輿渡御は中止となりました。今年の本社の神輿は浅草神社の境内に鎮座するままとなっています。

200805182
 午後すぎに浅草に到着。よく晴れた日曜で熱気もあってかとにかく暑かった。
 本社の神輿はでませんが、もちろん町内の神輿はでていて、大通りしかり、路地しかり、各所を神輿が闊歩しています。町全体に祭囃子が鳴り響きます。浅草の神輿はとにかく豪快なイメージ。下町独特の活気があります。

 ↓動画をとってみました


浅草・三社祭
浅草神社奉賛会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神田祭、神輿渡御、将門塚

200805111
 GWが明け、これから関東では祭りが多く行われる時期。

 今週は、神田明神の神田祭が行われています。神田明神は、神田、日本橋など東京の中心地区を統べる神社。その神田明神で行われる神田祭は江戸三大祭の一つとして、江戸期には天下祭とも呼ばれた祭りです。例年、神田祭では町内を神輿や行列が渡御しますが、今回は神田明神には行かず、大手町にある将門の首塚へ行ってきました。
 神田明神とは離れ、大手町のオフィスビル群の谷間に平将門の首塚があります。うっそうと木々が生い茂る首塚。ビル群の中でも異様な感じがします。
 神田明神では、祀られている祭神の一つに平将門公があり、渡御でも平将門公に扮した方が現れますが、今回、将門塚で神輿の渡御が行われるとのことで行ってきました。

200805112
 昨日からの雨。午後から雨はあがったもののやや肌寒い1日でした。
 将門塚を出発した神輿。見物したのは午後すぎで、会社の近くにあるサンケイビルにて休憩後、日比谷通りへと進んでいく神輿です。今回、1基の神輿でしたが、威勢よい祭りを見ることができました。

 普段はサラリーマンであふれかえる大手町ですが、静かなビル群の中で威勢よく走る神輿もなかなかいいもんです。


神田明神
神田祭.ch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気ままにGW

200805051
 GWの後半。5/3から帰郷してます。

 5/3
 午後の飛行機で唐津へ。羽田空港はそんなに混んでなかった。午前中がピークだったかな?飛行機は満席だったけどなんとかスムーズに乗れた。あっという間に福岡空港へ。今回は福岡で寄り道せずに電車に乗って一路唐津まで行く。唐津に近づくと電車から観える景色は延々と続く白砂青松とその先にある唐津城はいつ観てもいい。

 5/4
 午前中はテレビを眺めつつまったりと過ごす。午後からは家族で雷山へおでかけ。途中、姉家族と合流して、甥っ子、姪っ子と久々に会う。
 甥っ子は相変わらず、どこからか湧き上がるパワーを持て余さんと動き回る。姪っ子も負けじともうすぐ1歳とは思えぬ膂力でひたすら階段を昇り続ける。ホントに元気が良すぎてついていけない、体力の限界を感じます。

 3月末に帰郷した際には土産を買ってこなかったもんだから、ちょっとだけすねていた甥っ子。「次に来るときは『キバのベルト』ば買うて来てね」というかわいい一言をもらったものの空港には置いてなかったので、キバの仲間・イクサのソフビ人形でなんとか誤魔化した。でも、休みの間はずっと持ったままで、満足した様子。キバのベルトはお盆か誕生日にでも買ってあげよう。
 ちなみに、キバもイクサも仮面ライダーです。

 甥っ子がタケノコをみたいというので、山にある竹やぶの中へ。土からはニョキニョキと数本のタケノコが生えていた。ただ、土からでたタケノコは硬くて食べれないので採ることはかなわず。竹の子どもがタケノコというのを理解できたかどうかはさだかじゃないですが、虫にさされながらも満足する甥っ子でした。

 5/5
 朝から若干の雨模様。
 元気があふれる甥っ子はとにかく動きたくてしょうがない。しかたないので傘をさしながら散歩する。

 戻ってきてもまだ動き足りないので布団の上でプロレスごっこ。といっても、一方的に技をかけまくるだけ。ちびっ子は体を使ってやらないとなかなか喜ばない。ジャイアントスイング、パワーボムなどなどいろいろとかけてみたらスプラッシュマウンテンとブリッツェンが一番面白いようだった。

 昼すぎて雷山を後にして帰宅。それから甥っ子と町へ、旧唐津銀行で行なわれている写真展「くんちの彩」に行ってみた。この写真展は唐津新聞の元記者の方が取材で撮った写真をCGで加工したものが展示されている。くんちのヤマは豪華絢爛、鮮やかなので色彩の強調は確かに画が映える。個人的にはヤマの写真で待受け画像を作るときもかなりコントラストを強くして鮮やかにしてます。この写真展では、水彩画風や白黒に1色だけ強調したりといろいろと作りこんでありました。

 写真にはわき目も振らず、旧唐津銀行内を走り回る甥っ子。こらっ!大事な文化財なのに....。

 そんなこんなのGW、今回は特に飲み歩かず、家でボケッとしとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »