« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

銀座で飲む日々 『香港ダイニング 九龍』

200806161
 歓迎会のため、銀座にある『香港ダイニング 九龍(クーロン)』へ。

 本格的な中華料理が食べられるお店。銀座駅からも徒歩1分かからない場所にある。

 今日は、3時間の食べ放題飲み放題コース。
 食べ放題といってもビュッフェ形式ではなく、一品一品注文を受けて出来立てがでてくる。食べ放題のメニューは64品目あって、前菜から炒め物からスープ、麺、点心と一通りあるのは嬉しい。

 前菜では、くらげときゅうりやピータンなどをいただく。あとは、炒め物として、鶏肉とカシューナッツの炒めや回鍋肉などなどを手始めにいただく。ライスもあるので、飲みというより晩飯でした。お腹がみたされるまでいろんな品を頼みましたが、全部で30品目ほどを食べたところで満腹。

 お酒はビール、カクテルなどなんでもあり、もちろん紹興酒もあります。

 ぐるナビクーポンだとこれで4500円。リーズナブルな値段でかなり満足できます。


香港ダイニング 九龍 有楽町店(ぐるナビ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

4年に一度、浦安三社祭2008 vol.2

 4年に1度、浦安にて行なわれる浦安三社祭。 浦安市の母体となった地域にある豊受神社、清瀧神社、稲荷神社の三社の合同例祭で、それぞれの神社と町から神輿がでる。
200806151
 本日は、二日目で最終日。今日も晴天に恵まれている。いい天気すぎて、やや陽射しがきつい。神輿を担いでいる皆さんは大変そう。

 今日はまず稲荷神社へ足を運んだ。稲荷神社は当代島にあり、自分のアパートからは目と鼻の先にある。よって、昨日から家の周りでは神輿が練り歩いている。近くのコンビニやクリーニング屋のおじさんおばさんが祭装束に身を包み神輿を担ぐ姿を眺める。

 稲荷神社は、住宅街の中にあり、細い路地のような参道を抜けると静かに佇んでいる。他の二社に比べるとやや小さい印象を受けるが、鳥居をくぐって、露店が並んだ細い路地を歩くと昔ながらの祭の様子を楽しめる。
 境内には射的や型抜きの露店があり、ちびっ子たちが夢中になる姿がほほえましい。

 地方によって露店の中身もいろいろあると思うけど、いたるところに型抜きがあるのに驚いた。九州では型抜きの露店はみたことないし、子ども時代もやったことがない。型抜きって関東だけの娯楽なんだろうか?後、外人さんの露店も多い、特にケバブを使ったサンドなどもよくみた。

200806152
 次に、堀江地区にある清瀧神社へ。

 バイパスに面するように神社が建っており、バイパスの歩道が参道がわりに、ところ狭しと露店が並んでいる。歩道に並んだ露店、ほんとに狭いです。昨日は、この通りにある川の護岸ステージにて泉谷しげるのライブが行なわれていた。

 神社には獅子頭が二つ並んでいる。鳥居の横に描かれている龍がなんとも勇ましい。


 さて、↓は祭の写真です。

200806153
 豊受神社の神輿渡御にいた纏連です。全て女性で、息を合わせて纏を振ります。

200806154
 暴れ神輿の異名をとる浦安の神輿。近づくとすごい熱気、そして威勢のよさはすごい。

200806155
 独特の『行徳かつぎ』で、神輿を地面すれすれまで下げて回す『地すり』の様子。神輿の上部に取り付けられた鳳凰が降り立ったところとか。

200806156
 『行徳かつぎ』の一部。『地すり』のあとは天高く神輿を支え、しゃんしゃんの合図の後に空中に投げ上げる『放り受け』の様子。『放り受け』が終わった後、また威勢よく『マエダ、マエダ』と担ぎが始まります。


 浦安に住み始めて早8年。今回で2回目の浦安三社祭だった。
 今回は後輩のつてで豊受神社の町内の家にお呼ばれして、ビールをご馳走になりつつ、皆さんと歓談した。そして、8年たてどもまだまだベッドタウンとしての浦安しか知らなかったと実感する。
 外にテーブルを出して、陽気に飲んでいると、その家の方に対して、近所のおじちゃんおばちゃんが続々と声をかけて、何気ない挨拶や会話があったり、おじちゃんおばちゃんの定番「大きくなったね」な話があったりした。駅と家とスーパーを往復する毎日に、すぐ近くにある地方色になかなか気がつかないもんだ。なんとなく聞いている言葉の中に浦安弁らしきイントネーションがあるのに8年目ながら気付いたりもした。

 祭を眺めるとその土地が見えてくるのがわかる。これが、祭を観る楽しみなんだと再認識した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4年に一度、浦安三社祭2008 vol.1

200806141
 四年に一度行われる浦安三社祭。市内にある豊受神社、清瀧神社、稲荷神社の三社の合同例祭。
 6月13日より宵宮で始まり、今日14日は神輿渡御として、各神社から神輿がでて浦安市内を練り歩く。

 写真は、猫実にある豊受神社。三社の中では一番大きな神社です。

200806142
 各神社から宮神輿が出発、宮神輿に続き、町内の神輿が続く。市内を歩くといたるところで神輿がみれた。どの神輿もとにかく威勢がいい。

 浦安の神輿は掛け声と担ぎ方が特徴的。掛け声は『マエダ、マエダ』という。そして、担ぎ方はみもの。要所で止まると、神輿を低く持ち『マワセ、マワセ』の掛け声で廻す。廻した後は神輿を高く掲げてしゃんしゃんしゃんの合図で放り投げる。威勢のよさと見栄えの派手さがなんともいえません。

 ↓動画は、豊受神社の宮神輿が「地すり」と「放り受け」を行っているところです。

浦安三社
豊受若衆.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で飲む日々 『Bali Cafe Monkey Forest』

200806071
 渋谷にあるインドネシア料理の店『Bali Cafe Monkey Forest』へ行ってきました。
 渋谷駅南口をでて恵比寿方面に5分~10分ほど歩くと店があります。渋谷の住宅街、喧騒もちょっと離れるとあっという間に静かです。

 この日は少し暖かかったので店内ではなくテラスに座ります。

 まずは、現地のビールで乾杯。アジアのビールはいつ飲んでも独特な風味です。ぐるナビのクーポンを使って、アラックという地酒も飲んでみました。カクテルのような味わいです。

 写真の真ん中は『タフゴレン』という豆腐の炒め物。沖縄料理の豆腐チャンプルのような感じです。
 『ナシゴレン』や『サンバルゴレン』もいただきました。『サンバルゴレン』はココナッツを煮込んだものですが、カレーのようにごはんと合わせていただきます。グリーンカレーのような風味でそこまで辛くもなく美味しくいただきました。

 アジア料理のお店としてなかなかオススメです。


Bali Cafe Monkey Forest
Bali Cafe Monkey Forest(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦安は祭りの支度中

200806011
 駅からの帰り道。夜の町中に浮かび上がる提灯の灯。

 浦安では4年に一度、浦安市内の神社(豊受神社、清瀧神社、稲荷神社)の例大祭・浦安三社祭が行なわれる。5月中からその準備として、町のいたるところに提灯、幟が飾られる。
 週末ごとに飾りが増えていき、今週末あたりが飾りの総仕上げなのか、神輿渡行が行なわれる順路は、提灯などでうめられ、神輿の道ができた。夜になると提灯に明かりが灯り、町の雰囲気もそわそわしているのを感じる。

 特徴がある担ぎ方をする浦安の神輿。今年も楽しみです。


浦安三社祭(浦安市観光協会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »