« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年8月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。


200808311アルケミスト―夢を旅した少年
 羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。

 おとぎ話のような話がつまった冒険譚であり、成功譚。読みようによっては『Good Luck』や『ザ・シークレット』自己啓発書のようでもある。欲しいものは意外と近くにあるもの、後は自分しだいってことか。 
★★★★☆


200808312覘き小平次
 一日中、押入れ棚に引きこもり、わずかの隙間から世間を覗く、売れない役者、小平次。友人で囃子方の安達多九郎の誘いで、狂言怪談の幽霊役の依頼をうける。一座とともに奥州へと向かう小平次。しかしその興行の裏には、ある仕掛けが施されていた…。

 お岩さんを描いた『嗤う伊右衛門』などに続く古典怪談のリメイク小説。妬み、恨み、愛などなど登場人物たちに絡み合う様々な縁を心理描写で細かく描いてある。久しぶりの京極ワールド、いつ読んでも驚き楽しませてくれる。ミステリのような味わいもあり、でも『嗤う伊右衛門』と同じようにテーマは理解しがたい愛の形にあるのかもしれない。
★★★★☆


200808313不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか
 職場の中がなぜかギスギスしているのか、社員どうしがなぜ助け合えないのか?そんな会社が陥っている状況を解析して、その解決策を紹介してくれるのが本書。

 助け合いが少なかったり、愚痴が不満がぽろぽろと出てくる場面はよく目にするようになった。なぜか?一つは成果主義の導入により、個人の力は向上したが、チームとしての力が低下したこと。仕事の専門化が進み、各人が把握する領域が狭く深くなってしまったこと。などなど、確かに今の職場にてらしてもなるほどと思うこともある。また、個人的には急激な社会的な変化や価値観の変化にも一因があると思う。
 このような問題点に対しては、Googleなどの企業を例に解決策を提示している。それは福祉的な面であったり、社員みずからがアイデアを創出し動く仕組みづくりだったりする。そのまま仕組みとして取り入れることは難しいかもしれないが考える種にはなりそう。
★★★★☆


200808314ひとびとの跫音〈上〉
 司馬遼太郎が近代日本を描いた『坂の上の雲』のスピンオフともいえる小説。
 『坂の上の雲』に登場した人物たちの親族を描いており、後日譚のような位置づけとなっている。『坂の上の雲』を執筆するにあたり、主人公として登場した秋山好古、秋山真之、正岡子規の三名の親族に挨拶のために一席をもうけた話などもある。特に子規の妹の律、養子の正岡忠三郎など、子規に関連する方々の描写が多かった。

 個人的には、偉人の子孫・親戚と言えどいわば普通の人なわけで、あまりぴんとこなかった。むしろ、このように掘り下げて執筆することができる司馬遼太郎氏をすごいと思った一冊でした。
★★☆☆☆


200808315旧暦はくらしの羅針盤
 暦は近年こそ太陽暦ですが江戸期までは太陰暦、くらしもそれに見合った言葉と行動様式があって、今もそれは残っている、そんなこんなを簡略に案内した本。

 現在は使われなくなった旧暦。しかし、大安や仏滅また24節季などニュースやくらしではまだまだ息づいている。旧暦がつくられた経緯から日本の季節とその風土にあわせて、生活や仕事をいかに行っていけばよいかが記載されている。
★★★★☆

で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
カンガルー・ノート (新潮文庫)
ひとびとの跫音〈下〉 (中公文庫)
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
イルカと、海へ還る日 (講談社文庫 ま 59-1)
をんな紋―あふれやまぬ川 (角川文庫)
もしも、私があなただったら (光文社文庫)
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
女人囃子がきこえる
私の個人主義 (講談社学術文庫)
美女と竹林
探偵ガリレオ (文春文庫)
「世間」とは何か (講談社現代新書)
?(Question)こそが人生の答え
祭りのゆくえ―都市祝祭新論

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終わり

 明日で8月も終わり。
 今年はなんもない夏だった。

200808301

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3食パンのパッケージに曳山が

200808261
 仕事がひと段落して、休憩がてらコンビニへ。

 夕方の間食用にいろいろと物色。パン売り場を物色していると見慣れないパンのパッケージが目に付く。袋には北海道やら、九州やらの文字。各地の特産品を使った三色パンらしい。九州の三色パンを見てみると、パッケージになにやら見慣れたヤマを発見。

200808262

 こ、これは、鯱じゃないか!
 でも、微妙に提灯が飛龍っぽい。

 ということで、とりあえず購入。九州編の三色パンは、熊本産の阿蘇牛乳を使ったミルククリーム、鹿児島産のさつまいもを使ったクリーム、佐賀産のいちごを使ったイチゴジャムの3つの味を楽しめるパンでした。

 商品のパッケージでくんちと言えば、獅子か鯛がでてくるところ。鯱がでてくるところにちょっと驚いてしまいました。

山崎製パン イチオシ情報 3食パン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻布十番納涼まつり

200808231
 麻布十番で行われている麻布十番納涼まつりに行ってきました。

 夕方くらいに大江戸線麻布十番駅について外へ。小雨がぱらつくあいにくの天気、まずは駅をでてすぐ隣にある十番稲荷神社をのぞいてみます。神社の隣では子供たちによるお囃子の演奏があっていたので、雨宿りをしながらちょっと見物しました。この神社の例祭でまつりをやってるのかと思いきや、そうでもなさそうです。

 神社を離れて、商店街へ。
 麻布十番の商店街内は歩行者天国になっていて、道には露店と人であふれかえっている。小雨がぱらついているのでみな傘をさしているのでかなり歩きづらい。露店の人も声高に商品を売ってるけど雨降りと人の多さで立ち止まって買うのはちょっとつらい感じです。

 商店街をぶらぶらしてから、国際バザールの会場へ。
 商店街のいくつかの場所ではいろいろなイベントがあっていて、そのひとつに国際バザールがあります。周辺に大使館が多い土地柄をいかして、世界各国の食べ物をおいている露店を並べた場所です。

200808232
 こちらの会場も人でごったがえしてます。そして、雨。でも、唯一の救いは高架があるので、いい雨よけがあること。高架下に止まって、近くの露店の食べ物を物色。まずはスウェーデンのミートボール(写真左)、ミートボール自体はいたって普通だけどソースでブルーベリー?がかかってる。酒のつまみにはちょっとあわないかも。次にスペインのフィデワという食べ物(写真右)。パエリア風味のパスタ?魚介系の味がします。これはなかなかいいかも、もっとちゃんとしたところで食べると美味いかな。

 他にも、いろんな国の露店がでてましたが、さすがに立って食べ続けるのもきついので国際バザールを後にします。

 また商店街に戻ってぶらぶら、日が暮れてくるとさらにさらに雨が強くなる。露店を横目に喫茶店でしばらく休憩しながら街を眺める。相変わらず人も多い。しばらくして、麻布十番を後に。天気がよければもっと楽しめたかもしれないのに、残念な感じでした。来年天気ならまた行ってみよう。

 麻布十番に来たついでに、くんちをモチーフにした飲み屋『玄海きよし』に行ってみると、店がなくなってました。閉店?こちらも残念な感じ。


麻布十番商店街

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浄泰寺のえんま祭

200808161
 午前中はバケツをひっくり返したような雷雨、まったく前が見えないほどのすさまじい雨でした。玉島川には避難勧告もでてたとか、盆も終わって秋の始まりをつげる雨?

 午後からは、甥っ子と一緒に弓鷹町にある浄泰寺へ。8/16は年に一度地獄の釜の蓋が開くといわれる日、毎年浄泰寺ではこの日に文化財である『地獄極楽絵図』を開帳する。我が家の菩提寺である浄泰寺ですが、この絵をみたのはかなり小さい頃だった、何年ぶりに観るんだろう。幼心に観てかなり怖い記憶があるので、幼稚園か小学校の低学年くらいかもしれない。

 午前中はビデオ放映などもあったみたいだが、午後は誰もいない静かな本堂でした。
 地獄極楽図を前に甥っ子といとこの子に、悪いことをしたらどうなるかをたっぷりと教えます。それなりに怖かったようでいつもは騒がしい甥っ子も寺からの帰りは静かなもんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸の内で飲む日々 『日本再生酒場』

200808051
 飲み会までの待ち合わせに時間があったので、以前から行こうと思っていた新丸ビルにある立ち飲み屋・日本再生酒場で時間をつぶしてみる。

 東京駅の向かいにある丸ビルと新丸ビル。その新丸ビルの5階にあるレストランフロアにある飲み屋。丸ビルだけあって、オシャレなレストランやバーが並ぶ5階に突然あわられる昭和の居酒屋が日本再生酒場。もちろん立ち飲みオンリー。店の前にはドラム缶が並びそこをテーブルにみな酒を飲んでいる。

 客層はサラリーマンだけではなく、若いカップルも多い。デートで来てはみたものの、高いお店に入れずに駆け込み寺のように入ってしまった?

 店に入ると元気のいい店員さんにカウンターに通される。カウンターもけっこうギュウギュウ詰め、繁盛してます。
 まずはビールを一杯、そして肴にレバテキを頼む。このレバテキが美味い。焙ったレバーにネギとごま油をつけて食べる一品。よくビールにあいます。そして、もつ煮込みも注文。たっぷりともつが入ってて、七味をかけるとさらに美味い。思わずビールをもう一杯いただいてしまいました。

 30~40分ほど飲んで次の場所へ。
 オシャレで落ち着かないかと思いきや、なかなかいい飲み屋です。つまみも美味い。ちょっとした時間つぶしとかにいいかも。


日本再生酒場 もつやき処 い志井 新丸ビル店(ぐるナビ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

住吉神社例大祭

200808031
 たまたま月島辺りをぶらりと歩いていたら祭装束で歩く人を見かけた。そのまま月島のもんじゃストリートに行くと何基かの神輿がでている。通りの貼ってあるポスターをみると今日は住吉神社の例大祭のようす。そのまま祭見物にした。

 まずはもんじゃストリートで観かけた神輿。みな、頭から足までずぶぬれになって神輿を担いでいる。沿道からは、見物している町の方たちがホースやら桶を使って神輿と担ぎ手に水を撒き散らす。なんとも夏らしい、涼しさもある。そして、神社へ。

200808032
 佃にある住吉神社は、月島・佃・勝どきなど佃島周辺の埋立地地区の産土神として信仰されている。神社周辺は、古き良き下町の雰囲気と現代的な高層マンションのビル群のコントラストがなんとも不思議な景色だったりする。この住吉神社、名前が示すとおり、御祭神として住吉三神を祀っている。住吉三神といえば、唐津神社の御祭神でもある。住吉神社の由緒によれば、徳川家康が関東へ下降する際に、大阪の田蓑神社より分霊し佃島に祭祀したとのこと。

 あいにく宮神輿の巡行は観ることができなかったけど、祭を堪能できました。

200808033
 ホースの水を浴びながら神輿を担ぐ。担ぎ手は周りにいる人も含めてみんなずぶぬれになってました。

200808034
 各町の休憩所には、神輿のやぐらとともに獅子頭を飾ったやぐらもあった。竜虎の獅子頭や黒駒の獅子頭は重要文化財にもなっているらしい。築地にある波除神社にも大きな獅子頭が鎮座してあり、築地の祭りでも獅子頭を見かける。この辺りの神社や祭では獅子頭が何かしらのシンボルになってるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜空に大輪の花、市川花火大会へ

200808021
 あっという間に8月に突入。あいもかわらず暑い毎日です。
 さて、夏と言えば花火ということで、市川の花火大会に行ってきました。

 2日前から場所取りしてた後輩にあいのりして、江戸川の河川敷へ。河川敷には17時頃に到着。河川敷は人であふれかえってかなり混雑してます。対岸の河川敷も人でぎっしり。2日前から取った場所だけあって、打ち上げ場所は目の前、河川敷の斜面に寝転がって、ビールを飲みつつ開始を待ちます。

 辺りも暗くなり、アナウンスからカウントダウンが始まり、花火大会スタート。

 カウントダウン後は、空が花火で埋まるほどの大連発の花火で開始。目の前で打ち上げる花火に圧巻。しかも、場所が近すぎて、火薬のにおいがするわ、打ちあがった玉の破片が飛んでくるわ、いろんな意味ですごかった。
 でかい花火にビールもすすみます。

 1時間ちょっとで終了。終わってみると白いポロシャツが黒のまだらになっとりました。
 夏はやっぱり花火とビールですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »