« 夜空に大輪の花、市川花火大会へ | トップページ | 丸の内で飲む日々 『日本再生酒場』 »

住吉神社例大祭

200808031
 たまたま月島辺りをぶらりと歩いていたら祭装束で歩く人を見かけた。そのまま月島のもんじゃストリートに行くと何基かの神輿がでている。通りの貼ってあるポスターをみると今日は住吉神社の例大祭のようす。そのまま祭見物にした。

 まずはもんじゃストリートで観かけた神輿。みな、頭から足までずぶぬれになって神輿を担いでいる。沿道からは、見物している町の方たちがホースやら桶を使って神輿と担ぎ手に水を撒き散らす。なんとも夏らしい、涼しさもある。そして、神社へ。

200808032
 佃にある住吉神社は、月島・佃・勝どきなど佃島周辺の埋立地地区の産土神として信仰されている。神社周辺は、古き良き下町の雰囲気と現代的な高層マンションのビル群のコントラストがなんとも不思議な景色だったりする。この住吉神社、名前が示すとおり、御祭神として住吉三神を祀っている。住吉三神といえば、唐津神社の御祭神でもある。住吉神社の由緒によれば、徳川家康が関東へ下降する際に、大阪の田蓑神社より分霊し佃島に祭祀したとのこと。

 あいにく宮神輿の巡行は観ることができなかったけど、祭を堪能できました。

200808033
 ホースの水を浴びながら神輿を担ぐ。担ぎ手は周りにいる人も含めてみんなずぶぬれになってました。

200808034
 各町の休憩所には、神輿のやぐらとともに獅子頭を飾ったやぐらもあった。竜虎の獅子頭や黒駒の獅子頭は重要文化財にもなっているらしい。築地にある波除神社にも大きな獅子頭が鎮座してあり、築地の祭りでも獅子頭を見かける。この辺りの神社や祭では獅子頭が何かしらのシンボルになってるんだろうか。

|

« 夜空に大輪の花、市川花火大会へ | トップページ | 丸の内で飲む日々 『日本再生酒場』 »

「祭り・フェスティバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/42056025

この記事へのトラックバック一覧です: 住吉神社例大祭:

« 夜空に大輪の花、市川花火大会へ | トップページ | 丸の内で飲む日々 『日本再生酒場』 »