« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年10月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。

200810311もしも、私があなただったら(光文社文庫)
 会社を辞め、ふるさとの博多で小さなバーを経営する藤川啓吾。その藤川の元に会社時代の友人の妻・美奈が突然訪ねてくる。美奈は藤川に対して驚くような相談を持ちかけてくる。

 成熟した人間関係の上に表現される中年の恋愛劇。ドロップアウトした主人公・啓吾、夫婦関係が冷めた美奈など第二の人生を軸として複雑な心境を背景とした恋愛模様が繰り広げられる。ただ、いろいろと勘繰らせる伏線の割にはどちらかというとおとなしい展開だと感じた。
 この小説の面白さは、タイトルのとおり、相手がどう考えていたか?どう考えているか?という思念に縛られた主人公の右往左往ぶりにあると思う。人と接するときに必ず考えてしまうこと、読者に対してはいろいろと共感がわいてしまう部分じゃなかろうか。
★★★☆☆


200809305祭りのゆくえ―都市祝祭新論
 『祭り』を観るとその町や地域、社会の在り方が見えてくる。
 現代の祭りをみることで、これからの社会の姿をみようというのが本書だ。

 取り上げられた祭りは、阿波踊り、よさこい、ねぶた、博多山笠など。
 特によさこい(YOSAKOI)は日本中を席巻しかなり気になる存在だ。また取り上げられた祭りはどれもどこかで行われている祭りをコピーして土着化させたものばかりだ。
 いまでは東京の夏の風物詩の一つとなっている高円寺の阿波踊りも徳島の阿波踊りを模倣したもので、高円寺の成功とともに関東一円に阿波踊りが広まった経緯が紹介されている。また、高知のよさこいも北海道のYOSAKOIソーラン祭りを筆頭に日本全国への広がりを見せている。
 いずれも模倣とはいえ、年々回を重ねるごとにレベルも上がり一つの祭りとしての地域への定着化が図れている。しかしながら、従来までとは違った地域の在り方に多大に祭りの在り方が影響を受けていることも書かれている。
 また、博多祇園山笠の章では、山笠の祭り(神事)としての神秘性・閉塞性、模倣した北海道**地区の地域を活性化させるための努力、両地区の邂逅などが書かれていて非常に興味深いものがあった。


 本書を読んで、現代の祭りとこれまでの祭りの違いは何だったか?という問いに対しては二つあると思われる。
 ひとつは神社仏閣を中心とした神事としての祭りか否か(イベントか)、もうひとつは祭りが目的として行われているのか手段として行われているのか?後者は特に地域との結びつきをどうするかという点で顕著に現れる。
 特にイベントとしての祭りがこれから10年後、20年後にどのような姿となっているかという点は興味があります。

 社会、地域、家族の在り方が変わっていく中で、どのような形にしても祭りが人の心を支えている部分が垣間見える良書です。
★★★★★


200810312「世間」とは何か (講談社現代新書)
 よく使われる『世間』という言葉。しかし、世間とは何かと考えるとそれは形があるようでなく、掴みどころがない。しかし、社会の中でこれほどあいまいでありながら必要な言葉はない。
 本書ではこの『世間』にスポットをあてる。有史以来、日本の中で世間もしくはそれと同等な概念を社会の在りようとあわせて掘り下げていく。古くは万葉集などから始まり、夏目漱石の坊ちゃんなどからその時代の世間があぶりだされる。

 個人的には敷居が高かった。もっと、予備知識を勉強してから本書に取り組みたい。
★★★☆☆


2008103198予知夢(文春文庫)
 映画化にあわせて読み始めたガリレオシリーズ。本書はシリーズ2冊目、1話読み切りの短編が5編入っている。
 超常現象やオカルトと思える事件を科学的論理的考察力で解明していく。今回は、予知夢やポルターガイストといった現象が解明される。超常現象が紐解かれる楽しさはもちろんあるが、その紐解かれた後のトリックや真相が特に面白い。
 超常現象と思ってしまう草薙刑事と事件の真相を知る登場人物たちの視点の違いや、解明されるとあっという間に垣間見える人間味やどろくささがこのシリーズの面白さかもしれない。
★★★☆☆


2008103199容疑者Xの献身(文春文庫)
 ガリレオシリーズ3作目。3作目でとうとう長編小説となった。
 高校で数学教師をしている石神は、アパートの隣で暮らす花岡靖子に思いを抱いていた。ある日、靖子のもとに元夫の富樫があらわれる。口論の末に富樫を殺してしまう靖子。そこに石神は救いの手を差し伸べる。

 大学時代の友人であり湯川が唯一天才と言い切れる数学者・石神との切なく哀しい攻防は見物。そして、人間模様の面白さにひきつけられる。そして、あっと驚くようなトリックの存在には脱帽した。仮にシリーズではなくてもミステリとしてよくできた作品だった。
★★★★★


200810315箱舟はいっぱい (小学館文庫)
 藤子・F・不二雄氏が1970年代に作成されたSF短編集3巻目。
 今読んでもまったく遜色のない内容、特に扱われている社会問題が色あせないのはすごい。

 地球滅亡の危機を前に脱出ロケットへの搭乗権を巡り隣家が仲たがいする『箱舟はいっぱい』。戦後、孤島で一人こもっていた兵士・太吉。日本へ戻ると故郷はダムの下に沈んでいた『ノスタル爺(じい)』。過去に夢カメラとして映像化された『ミニチュア製造カメラ』、『タイムカメラ』などがある。
 ドラえもんなどでみせるファンタジーな要素にどこかシニカルな風刺が面白い短編がそろっている。
★★★★☆


200810316きいろいゾウ(小学館文庫)
 なかばかけおち同然で都会から田舎へ移ってきた夫・無辜歩(ムコさん)と妻・妻利愛子(ツマ)。売れない小説家ムコさんと明るい妻の幸せな田舎暮らしの日々。ある日、ムコさんに届いた手紙をもとに、ムコさんはツマを残して東京へと向かってしまう。

 わけありの二人のほのぼのとした田舎暮らしの日々がつづられる。ツマが語る日常とムコさんの日記で締めくくられる日々の記録。ほのぼのとした幸せな生活を送りながらも、それぞれが過去に背負った陰がゆっくりと二人の生活を蝕んでしまう。読後感は台風一過のような感じ、映画化するとおもしろいかも
★★☆☆☆


で、とりあえず積んでおく本。

道をひらく
ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
カンガルー・ノート (新潮文庫)
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
イルカと、海へ還る日(講談社文庫)
をんな紋―あふれやまぬ川 (角川文庫)
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
女人囃子がきこえる
私の個人主義(講談社学術文庫)
新釈 走れメロス 他四篇
街道をゆく 11 肥前の諸街道(朝日文庫)

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと一週間で

 あと1週間でくんちです。

 もう、何をするにも上の空になる1週間。仕事も手につかんでしょうね、しょんなかって。

 そんな今年ですが、2日の宵ヤマには帰れないことが決定。マジですか....。
 とりあえず、どうやって帰ろうか思案中です。羽田空港からの飛行機がもっと遅くまであればいいのに....、福岡空港からの始発がもっと早くあればいいのに....。関東の地にいる自分を初めて呪いました。

 まぁ、そんなこと言ってもしゃあない。
 今年はぴーぷる放送にお世話になります。

ぴーぷる放送 唐津くんち生中継

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久敬社、千代ヶ丘祭2008

200810191
 今年も久敬社行われている千代ヶ丘祭(有楽曳山祭)へ行ってきました。

 久敬社塾は神奈川県川崎市にある唐津出身者のための学生寮です。例年10月下旬にレプリカの赤獅子を使って近隣地区の住民の方とともに唐津くんちをされています。くんちに帰れない学生たちが始めた祭ですが、今では地域に根付いた祭となっているようです。

 新百合ヶ丘駅に着いたのが10時頃、駅から歩いて千代ヶ丘地区へ行くと閑静な住宅街のどこかからお囃子の音色が聞こえてきます。肉襦袢を着た学生を見つけたので近くへ行くとちょうど休憩ポイントで曳山が止まっているところでした。綱と曳山の周りにはたくさんのちびっ子達、昨年よりも数が増えているような気がします。周りにいる大人の数も多いようです。

200810192
 曳山の出発にあわせて後ろからついて行きます。山を切り崩して造成された新興住宅街なので坂道が多く、トラックを改造した台車での巡行は相変わらず難しそうでした。
 そして、お囃子。きっと現役の曳き子が教えてるんでしょうが毎年特徴があるようです。昨年は新町と中町の学生がいたようですが今年は新町の方は卒業?されたのか、巡行中は中町の太鼓が多めでした。くんち未経験と思われる学生さんも太鼓やってましたけど、途中太鼓が止まってしまう一面も。「おーい、タイコ、タイコ!なんばしょっとかっ!」と思わず心の声をあげました。飾りの多い太鼓はなかなか難しいんじゃないかなと思ったしだいです。

 たぶんですが、地区の方ではなく、唐津出身の方も見物に数名みえられていた様子。唐津から遠く離れていてもお囃子を聴いて心の支えになります。

 だいぶ長く続いているこの祭ですが、住民の方々だけで曳山を作られてみるのも面白いのではと思いました。ホントの意味で、祭が地域に根付いてくれるとよいですね。

 ↓祭の様子です。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

激走!駅伝大会2008

200810111
 毎年恒例となっている会社の駅伝大会に参加してきました。

 例年、皇居1周5キロを数区間にわけて6人1チームで走ります。例年、半周2.5キロでつなぎつつ、アンカーを5キロとなってましたが、今年はなんと1人5キロで延々とタスキをつなぐことに変更なりました。昨年、最多チームで運営側がチーム減らしにかかったかと思いきや、今年はさらに増えて最多の120チーム出場となりました。こりゃすごい。


 朝から小雨がパラつく天気、小雨決行のためそのまま皇居へ。
 8時半に桜田門に着くとすでにたくさんのチームが集まってアップをやってました。まだ小雨が降るなか、着替えてチームで準備体操をしながらアップをします。

 9時にはなんとか雨もあがり、開会式が開始されます。
 今年はひょんなことから選手宣誓をすることになったため、司会の声もそっちのけで式の最中は心の中で宣誓の内容を何度も復唱。おかけでなんとか宣誓をこなすことができました。

 9時半頃に1区がスタートして、大会が開始。大会中は降ったりやんだりの雨模様でした。
 走った4区ではまさに雨降りの真っ最中。なんとか数人抜きつつゴールしましたが、ゴールした後は雨か汗かわからんような状態。しかも、ゴールしたらタスキを渡す相手がいない....。ゴール地点でタスキを持って仁王立ちしてました。

 そんなこんなで、チームは無事完走できました。
 順位は100位。まぁ、みんながちゃんと走れればOKです。

 また、来年も頑張りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くんちのお店

 唐津くんちまであと20日ばかり、
 ネットをしながらくんちを調べることが多い日々です。

 くんちをモチーフにした居酒屋。唐津市内だとえんやと名のつくお店なんかがあります。唐津以外だとあるのかなとちょっと調べてみました。

 まずは福岡の西新にある店『唐津旬彩 えんや』。
 唐津の食材にこだわっているとのこと。コースには、赤獅子コース、青獅子コース、金獅子コースがあるようです。

 ホットペッパーに掲載された写真だと、店先と店内にヤマの絵が飾ってあります。

唐津旬彩 えんや(ぐるナビ)
唐津旬彩 えんや(ホットペッパー)

 次に大阪にあるお店『炭火焼とり えんや』
 すでに3店舗も展開しているようで、それぞれ赤獅子店、青獅子店、亀と浦島太郎店がある。店は、佐賀で修行をした方がオーナになっているようです。

炭火焼とり えんや
赤獅子店
青獅子店
亀と浦島太郎店

 いずれも旅行に行ったときにはちょっと寄ってみたい。

 ちなみに、佐賀新聞などにも紹介されていた東京の麻布十番にあった『玄海きよし』という唐津くんちをモチーフにした居酒屋ですが、先日行ってみるとなくなってました。残念。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

珠取獅子 塗り替えお披露目

 今年のくんちの目玉、25年ぶりの京町・珠取獅子の塗り替え。そのお披露目がありました。

 神祭図襖絵では、緑の珠取獅子。その後、朱、茶、黒(濃い緑)などを経て、本来の姿である緑に戻り帰ってきました。塗り替えのため出動したのが今年の1月8日、塗り替えが終わり帰還したのが9月25日、そして今日がそのお披露目の巡行となります。

 朝から小雨がぱらつくいやな天気。朝、甥っ子を迎えに行って神社へ向かいます。
 9時半に神社を出発した珠取獅子、参道に着いたのがちょうどその時間で、まいずる百貨店付近で目の前を珠取獅子が通り過ぎていきます。そのまま甥っ子と珠取を追いかけます。雨はやまず、やや小雨の状態での巡行出発となりました。
Dscf2292
 途中、京町アーケードで止まり、若干せったあとはアルピノへ。小雨と言えど、塗り替えたばかりの曳山なので、大丈夫か心配です。珠取も足早にアルピノ内の披露宴会場へ入っていきました。

 披露宴中は一休み。

 15時からアルピノを出発して再び巡行が始まるため、またも甥っ子とアルピノへ向かいます。
 午後になるとやむかと思った雨は、このときがピークになっていて、傘がなければとても外にいれないほどの降りになってました。巡行できるんでしょうか?
 そうこうしているうちに、アルピノ内で餅まきが始まりました。甥っ子と一緒に3つばかり拾いました。うち、1つは町の方から甥っ子に手渡しでいただきました。ありがとうございます。

 餅まきが終わった後も動かない珠取、しばらくするとビニールシートをかぶせだしました。町の方に聞いてみるとシートをかぶせて、予定通りの巡行路を行くとのことです。
Dscf2353
 準備も済んで、アルピノを出ようと動き出します。

 ここで甥っ子から一言「これ珠取獅子やん!」
 どうやら色が変わったことに気付かず青獅子だと思ってた様子。4歳児と言えど、まだまだ教育が足りません。

 アルピノを出ると十人町の法蓮寺までひたすら走る珠取、興奮状態の甥っ子も曳山について行こうとダッシュします。あっという間に材木町をすぎて大石町の恵比寿像まで、恵比寿像をすぎたところで、サプライズ。鳳凰会の方々がお祝いの横断幕で塗り替えを祝福します。
Dscf2378

 そして、法蓮寺へ到着。ここ法蓮寺には富野淇園のお墓があります。今回、塗り替えにあわせてお墓の修復を行ったとのこと。今回は塗り替えの報告を行われたようです。

 法蓮寺を出る頃から雨もやや小降りになってきました。次は一路京町を目指して珠取が進みます。
 大石町を通ると再び鳳凰会が横断幕で祝福、そして魚屋町を通ると鯛ヤマのミニチュアとプラカードで、魚屋町の方々も祝福されてました。
Dscf2382

 京町に到着してからは、アーケード内にて餅まき。甥っ子とともにここでも3つほど拾いました。

 餅まきの終了後、展示場へ行って今日は終了。
Dscf2409

 雨の中、皆さんご苦労様でした。
 本番では、晴天の中、緑の獅子が駆ける姿を楽しみにしたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の夜長にお囃子を聞く

200810041
 所要にて帰省。10月に入って帰省したからには夜になってやることは一つ。
 ということで、秋の夜長に歩いて唐津市街へ。東町から水主町に入る辺りになるとお囃子の音色が聞こえてくる。どんどんという太鼓の響きが心地いい。そのまま水主町から大石町を通ってアーケードまで歩きながら各町のお囃子を聴く。
 唐津でしか味わえないなんともいえないこみ上げる感覚。故郷を離れているだけにたぶん何割か増してます。

 京町アーケードの中では、京町の囃子方がかなり大勢でお囃子。アーケードの中は響いてとても良い音色です。どうやら明日のお披露目で披露する囃子の練習もあったようで、他の町に比べて完成度が高いお囃子でした。

 ひととおり、十四ヶ町をまわって帰宅。
 数年ぶりに体験する10月の唐津、いいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »