« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2008年11月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。


200811301新釈 走れメロス 他四篇
 妄想作家・森見登美彦氏が書いた古典新訳集。古典のエッセンスを使いつついつもの森見ワールドを楽しめる珠玉の一冊。『山月記』、『藪の中』、『走れメロス』、『桜の森の満開の下』、『百物語』の5話からなり、あいもかわらず京都と京大と京大生を中心とした話がつづられる。
 話のたびに文体も変わり、パスティーシュ小説のようでもある。とことん妄想に走り続ける森見氏だけにこんな芸当も出来たのか(失礼!)とあらためて見直してしまった。

 個人的には、後悔先に立たない、もしくは後悔かどうかもわからない斉藤秀太郎が登場する山月記と守るべき約束とはなにかをとにかくくだらない戦いに変換した走れメロスがよかった。
★★★★☆


200811302街道をゆく 11 肥前の諸街道 (朝日文庫)
 司馬遼太郎の『街道をゆく』シリーズ。現在、朝日文庫として再リリース中だったので地元の箇所を購入。11巻、肥前の諸街道では、福岡から佐賀を通り長崎までの道のりが書かれている。

 タイトルどおり、街道を歩きながらの旅行記だが、ただの旅行記ではなく司馬遼太郎の歴史や文化に関する視点が、土地に記憶された歴史の厚みが紐解いていく楽しさがある。

 福岡にある蒙古塚では鎌倉時代の元寇から、鎌倉時代の戦い方や元の位置づけなどに思いをはせる。唐津では、8キロに及ぶ防風林野である虹の松原や朝鮮出兵の起点となった名護屋城、長崎では海外貿易やキリシタンにまつわる話が展開される。司馬遼太郎が歩けば、歴史の空白がない土地などどこにもないのだろう。
★★★☆☆


200811303週末起業 (ちくま新書)
 サラリーマンの企業入門書。まずは、就業以外の空き時間を使って起業してみる、それが週末企業。企業なんていうほど簡単ではないけど、空き時間を使ったちょっとした小遣い稼ぎと思えばいいし、うまく軌道にのればそのまま企業も夢じゃない。

 企業を目指さなくても、普段の会社以外の空き時間を見つめなおすことができる1冊でもある。
★★★☆☆


200811304フルタイムライフ (河出文庫)
 美大を卒業し機器製造会社の事務職に就職した春子。大学時代の友達、なれない仕事と職場の同僚たち。新入社員の10ヶ月を描いた小説。

 『きょうのできごと』の柴崎友香が描いた新人OLの10ヶ月間。そこにはただ流れていく日常が描かれていく。けっして劇的ではなく、ちょっとだけ抑揚がある日常。でも、10ヵ月後を読むといつの間にか成長した春子をみることができる。ある意味、この何もないことを感じさせずにいつの間にか変化を感じてしまうのが柴崎友香の持ち味か。刺激的なものが読みたい人にはオススメしません。
★★★☆☆


で、とりあえず積んでおく本。

ZOKUDAM
岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
カンガルー・ノート (新潮文庫)
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
イルカと、海へ還る日(講談社文庫)
をんな紋―あふれやまぬ川 (角川文庫)
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
女人囃子がきこえる
私の個人主義(講談社学術文庫)
さくら (小学館文庫 に 17-2)
「日本」とは何か 日本の歴史00 (講談社学術文庫 1900 日本の歴史 0)
それからの海舟 (ちくま文庫)
禅語遊心 (ちくま文庫)

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿で飲む日々 『ざうお 新宿店』

200811251
 新宿にある『ざうお』に行ってきました。

 大きな船があり、そのまわりをいけすが囲っているという店内。ここの店の目玉はそのいけすで泳ぐ魚を釣って食べるというものです。

 とはいっても、もちろん普通に居酒屋としてのメニューもあります。
 まずは、鍋やサラダなどを頼みつつビールで乾杯。ひととおり、飲んで食べてから、釣りをすることに。

 釣りセットは、つり竿と餌のセットで210円(税込)。釣り針に餌をつけてさっそくいけすにつり竿をたらします。
 いけすの中にいるのは、鯛、アジ、ヒラメなどなど。中には伊勢エビやらでっかいカニやら鮫やらが泳いでます。ちなみに、釣った魚はリリース禁止。魚ごとに値段が決まっているので、高級魚を釣ってしまうとかなり危険です。

 そして、いけすに釣り糸をたらすこと数分。
200811252
 いけすのなかで右往左往する魚たち。さっそく鯛をつりました。
 勢いよくはねる鯛。同僚に網をたくして、釣った鯛をすくい上げます。

 釣った魚は調理方法を選べるので、今回は刺身にしてもらうことに。
 他にも、煮物や塩焼きなどを頼むこともできます。

200811253
 そして、登場した鯛の刺身。豪勢な鯛のおつくり、値段は普通に頼むより安いですが一般的には高くありません!

 引き続き釣りを楽しみますが、鯛以外の魚は全然釣れず。アジもヒラメも餌に見向きもしません、なので、こっそりヒラメをすくい上げて煮物にしていただきました。

 釣りをしながら飲むのはなかなか楽しいところ。ただ釣りすぎに注意な店でした。


釣船茶屋 ざうお
釣船茶屋 ざうお 新宿店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田で飲む日々 『くし家Club』

200811121
 会社帰りに後輩を引き連れ飲み。
 大手町から歩いて10分ほどでそんなに遠くなく、いい雰囲気の店が多い神田。最近は、神田まで足を延ばすこともしばしばになりました。

 いろいろと神田近辺を物色しながらたどり着いたのが『くし家Club』という小さな飲み屋。店内はカウンターとテーブルが4席ほど。立ち飲み屋ではありません。

 串揚げがメインのお店。お通しででてくるキャベツをツマにビールで乾杯。あとは、串揚げのセットを頼みました。薄い衣でカラッと揚げてある串揚げにソースをつけて食べると美味い。よくビールにあいますね。

 小さな店なので少人数でどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くんちの写真:唐津くんち2008

 唐津くんちの時に撮った写真をいくつかアップしました。

 今年は3日のみ。毎年とあんまりかわらないアングルです。
 東京からの強行軍での参加だったので、何年ぶりかに巡幸を眺めることができました。ゆっくり観れるようなだんじゃかなったけど。

 アルバムは↓からどうぞ

 唐津くんち2008

 動画もアップしました。
 十番曳山 上杉謙信の兜の曳き出しの動画です。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

マイクル・クライトン氏 死去

 突然の訃報に驚いた。マイクル・クライトン氏、ガンにより66歳で死去。

 大好きな作家だった。いつも新刊がでれば発売と同時に買っていた海外作家はこの人のみ。
 最新のテクノロジーや社会問題を即座にとりあげ、そして読ませるエンタテイメントの要素も持ち合わせていた。ニュースでもそうだが、ジュラシックパークの原作者と言えば一般的にわかりやすい。原作となった作品は銃らしくパークにとどまらない。

 取り上げる題材は社会問題や人間のおごりに継承を鳴らすものなど多岐に渡る。映画監督も務めたことがあり、1973年の『ウエストワールド』では、機械で制御された西部劇のテーマパークでロボットの反乱を描いた。後にそのプロットはDNAとカオス理論という最新のテクノロジーを使って『ジュラシックパーク』となって現代に現れる。他にも日米貿易摩擦を扱った『ライジング・サン』、セクハラとパワハラを扱った『ディスクロージャー』、ナノテクを扱った『プレイ』などがある。最近では、温暖化問題を扱った『恐怖の存在』など。

 知識と先見性を併せ持った稀代の作家さんでした。以下、刊行されている書籍とその映画化作品群です。(ジョン・ラング名義は除く)

 『緊急の場合は
 『アンドロメダ病原体』 ・・・・ 映画化『アンドロメダ…』
 『五人のカルテ』 ・・・・ 海外ドラマ『ER 緊急救命室』の原作と言われる。
 『サンディエゴの十二時間
 『ターミナル・マン』 ・・・・ 映画化『電子頭脳人間』
 『大列車強盗』 ・・・・ 『大列車強盗
 『北人伝説』 ・・・・ 映画化『13ウォーリアーズ
 『失われた黄金都市』 ・・・・ 映画化『コンゴ
 『スフィア―球体』 ・・・・ 映画化『スフィア
 『トラヴェルズ―旅、心の軌跡
 『ジュラシック・パーク』 ・・・・ 映画化『ジュラシック・パーク
 『ライジング・サン』 ・・・・ 映画化『ライジング・サン
 『ディスクロージャー』 ・・・・ 映画化『ディスクロージャー
 『ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク2』 ・・・・ 映画化『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』
 『エアフレーム―機体
 『タイムライン』 ・・・・ 映画化『タイムライン』
 『プレイ―獲物
 『恐怖の存在
 『NEXT

 ニフティサーブにデビューしたときはジュラシックパークの数学者に憧れてマルカムなんてハンドルを使ってました。

 ご冥福をお祈りします。


マイクル・クライトン公式ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年ン唐津くんち!:唐津くんち2008

 今年のくんちも終わりました。

 今年は仕事のためすべての日程に参加できませんでした。くんちの時に唐津にいないのは生まれて初めて。町外だけれども、家の前に曳山が通りよったし、物心つく頃には曳き子になっておりました。くんちに参加できんで次の1年がちゃんとすごせるっちゃろうか?という不安にさいなまれた10月。その分、帰れるときに帰ろうと、町の講習会やら、京町の塗替えお披露目やらに足を運びました。

 そんなこんなで、11月。くんちに参加できるのは3日だけ。あとはいかに長く唐津にいれるかを考えるばかりです。
 2日は仕事が早く終われば最終の飛行機でと思ったもののうまくいかない。最終は間に合わないので、夜行バスやら、寝台列車やらを検討してみたものの、飛行機の始発で行くのとあまりかわらないので予定どおり始発の飛行機にしました。結局その日は、仕事が終わってから漫喫にて、ぴーぷる放送の生中継を観てました。
 ちょっと前までは、東町の急カーブだけの中継でしたが、いまでは大手口と神社前のの二つをネットを通して観ることができます。いい世の中です、ぴーぷるさんに感謝。でも、ネットで観覧している自分はやっぱり喜べない。

 始発の飛行機に乗って、筑肥線に乗って、和多田駅に着いたのが9時半。駅に着くと同じくらいに火矢があがります。赤獅子が神社前からスタート。急いでタクシーに乗って船宮にある知人宅へ。あいさつも簡単に済ませつつ、ビールを一杯いただいて、急いで着替えてダッシュで神社まで走ります。

 材木町付近で、赤獅子とすれ違い、そこから1台ずつのお囃子を聴きながらとにかくダッシュ。大手口で珠取獅子とすれ違い、参道入り口でやっと鯱の綱につくことができました。
 前日はネットを通して聴いていたお囃子も、やっぱり生じゃないと、体に響きません。

Dscf3091
 さて、今年のくんちの目玉と言えば、なんといっても25年ぶりの塗替えを行った京町の珠取獅子。神祭襖絵に描かれている緑の獅子の姿が蘇りました。塗替え直後ということもあって、京町の曳き子達の威勢のいいこと。曳山がとまるたびにセリが始まります。曳込み前に14台が並ぶとこでも、わっかもん達のセリが始まる威勢のよさでした。

Dscf2864
 曳込み前で曳山が止まっている間に、1番曳山から順に観たところ、いつもは曳込みでは長法被を着ている曳き子達が肉襦袢だけでした。どうやらこのまま曳込みをするようです。

 そして、江川町の七宝丸の曳込みでは、七宝丸が砂地に入り綱をのばして曳込むまさに直前にウェーブが!?わっかもんが小さな采配を持って曳山から先綱まで一直線に走り、その人が通り過ぎるタイミングで綱についている曳き子が立つ、ウェーブです。江川町さんには硬いイメージがあったのでこんな趣向をこらすとはちょっとびっくりしました。

 時代や携わる人によって、曳き方も変わっていくんでしょうね。

 曳込みですが、3日の早朝に雨が降ったこともあって、砂地はやや固めで曳山は割りとすいすい入ってました。3番曳山の亀と浦島太郎は毎年全速力で砂地に突入しますが、固めの砂地のときは曳山がひっくり返りそうなくらい傾きます。今回もすごかった。

 すべての曳山が入った後で、珠取獅子の塗替え記念の餅まきが始まったので、急いで曳山の前に回ります。餅を一ついただきました。

Dscf3127
 3日の巡行が終わって、まだ参道にも神社にも行ってなかったため、神社へ。露店と人ごみ、できればもっといたい、楽しみたいそんな雰囲気です。
 その後、何軒かの家を回り、帰宅しました。

 そのまま、飛行機で、東京へ戻り。4日はなんともいえない一日になりました。
 でも、一日だけの参加でしたが、みんなと会えて、くんち料理を食べて、不思議と満足できた感覚もあります。

 とにかく、今年もよかくんちでした。また来年まで頑張りましょう。


 今年のくんちの模様をいくつかYouTubeでアップしてます。江川町 七宝丸の曳込みの様子です。ウェーブはありません。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年のくんちも終わりました

 今年のくんちも終わりました。

 お旅所神幸だけ参加しての凝縮した1日を楽しんだくんち。朝一で唐津入り、ほぼ日帰りという強行軍。こんなことも一生のうちにはあるだろうと割り切った年でした。

 ばってん、やっぱい二度ときゃんかくんちはよかごたる。宵ヤマば曳いて、最後にヤマ小屋でヤマが入って扉が閉められるとばみらなつまらんばい。(心の声)

 高校のときに東京へと転向した友人は、くんちに行けなくなった想いを部屋中に塩を撒いて表現したとか....。気持ちはわかる。

 とはいえ、今年もよかくんちでした。唐津に、水主町に、友人・知人の皆様に感謝です。

 また、来年のくんちまで!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宵ヤマをみとどけて

 仕事が終わったのが21時。
 家の回線は細いので、漫喫にてぴーぷる放送の唐津くんち生中継を見る。

 昔は東町の急カーブだけだったけど、今では大手口やら神社前まで生中継で観れてよかった。七宝丸が神社前に鎮座するまでビール片手に観てました。

 でも、やっぱいきゃんかとくんちじゃなか。
 パソコンでみればみるほどもどかしい。
 あの体の芯に響いてくる太鼓の音や町の高揚感を知っとったら満足できんばい。

 とはいえ、遠くにいてもくんちを楽しませてくれるぴーぷるさんには感謝です。

 まだ、宵ヤマが終わったばっかり、

 明日は始発に乗って唐津へ。
 神社前からは間に合わなそうだけど、今日の分まではじけます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

門前仲町で飲む日々 『地頭鶏 黒木屋』

200811011
 土曜というのに夕方集合でお仕事。小一時間ほどで済ませて、皆で食事かわりに門仲へ飲みに行った。

 門仲の交差点付近を歩いていると見慣れない看板あり、『地頭鶏 黒木屋』。前は『ばたばた屋』という居酒屋があった場所、ばたばた屋はなくなり新しい店ができたみたいです。

 地頭鶏(じどっこ)が看板にあるとおり、宮崎名物の地頭鶏をはじめ宮崎産の食材やメニューを用意してある。
 まずは、地頭鶏の炭火もも焼きをいただく、こりこりとした食感があっておいしい。メインに地頭鶏のちゃんこ鍋、寒い時期には鍋は欠かせません。こちらもこりこりとした鶏肉がうまい。

 焼酎ももちろん宮崎産の焼酎が揃い踏み、東京ではあまり見かけない銘柄もあるので焼酎好きにもオススメです。

地頭鶏 黒木屋 門前仲町店(ぐるナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、今日から

200811021
 今日から、待ちに待った『唐津くんち』です。今日は宵ヤマ。
 すでに一部の曳山は各町へと運ばれていったようで、朝からヤマクレイジーな友人からモーニングコールがかかってきました。ありがとさん!

 でも、なんでまだ東京におるっちゃろか....。

 というても何も始まらんので、なるべく早く帰れるように頑張るのみです。


 毎年、西日本新聞のくんち前の記事はいいですね。

 曳山そろい踏み 唐津くんち直前紹介
   (上)赤獅子、青獅子、亀と浦島太郎、源義経の兜
   (中)鯛、鳳凰丸、飛龍、金獅子、武田信玄の兜
   (下)上杉謙信の兜、酒呑童子と源頼光の兜、珠取獅子、鯱、七宝丸
 【連載】曳山(やま)を継ぐ ’08唐津くんち
  <上>修復 歴史“塗り替える”転機
  <中>安全 惨事起こさないために
  <下>消防 火事場で築く信頼関係


 今年はぴーぷる放送のライブにお世話になりそうです。
 ある意味、いい世の中になった、のかな?

 ぴーぷる放送 唐津くんち ライブ中継

 今年もよかくんちになりますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »