« 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2008 | トップページ | くんちの写真:唐津くんち2008 »

マイクル・クライトン氏 死去

 突然の訃報に驚いた。マイクル・クライトン氏、ガンにより66歳で死去。

 大好きな作家だった。いつも新刊がでれば発売と同時に買っていた海外作家はこの人のみ。
 最新のテクノロジーや社会問題を即座にとりあげ、そして読ませるエンタテイメントの要素も持ち合わせていた。ニュースでもそうだが、ジュラシックパークの原作者と言えば一般的にわかりやすい。原作となった作品は銃らしくパークにとどまらない。

 取り上げる題材は社会問題や人間のおごりに継承を鳴らすものなど多岐に渡る。映画監督も務めたことがあり、1973年の『ウエストワールド』では、機械で制御された西部劇のテーマパークでロボットの反乱を描いた。後にそのプロットはDNAとカオス理論という最新のテクノロジーを使って『ジュラシックパーク』となって現代に現れる。他にも日米貿易摩擦を扱った『ライジング・サン』、セクハラとパワハラを扱った『ディスクロージャー』、ナノテクを扱った『プレイ』などがある。最近では、温暖化問題を扱った『恐怖の存在』など。

 知識と先見性を併せ持った稀代の作家さんでした。以下、刊行されている書籍とその映画化作品群です。(ジョン・ラング名義は除く)

 『緊急の場合は
 『アンドロメダ病原体』 ・・・・ 映画化『アンドロメダ…』
 『五人のカルテ』 ・・・・ 海外ドラマ『ER 緊急救命室』の原作と言われる。
 『サンディエゴの十二時間
 『ターミナル・マン』 ・・・・ 映画化『電子頭脳人間』
 『大列車強盗』 ・・・・ 『大列車強盗
 『北人伝説』 ・・・・ 映画化『13ウォーリアーズ
 『失われた黄金都市』 ・・・・ 映画化『コンゴ
 『スフィア―球体』 ・・・・ 映画化『スフィア
 『トラヴェルズ―旅、心の軌跡
 『ジュラシック・パーク』 ・・・・ 映画化『ジュラシック・パーク
 『ライジング・サン』 ・・・・ 映画化『ライジング・サン
 『ディスクロージャー』 ・・・・ 映画化『ディスクロージャー
 『ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク2』 ・・・・ 映画化『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』
 『エアフレーム―機体
 『タイムライン』 ・・・・ 映画化『タイムライン』
 『プレイ―獲物
 『恐怖の存在
 『NEXT

 ニフティサーブにデビューしたときはジュラシックパークの数学者に憧れてマルカムなんてハンドルを使ってました。

 ご冥福をお祈りします。


マイクル・クライトン公式ホームページ

|

« 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2008 | トップページ | くんちの写真:唐津くんち2008 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/43033217

この記事へのトラックバック一覧です: マイクル・クライトン氏 死去:

« 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2008 | トップページ | くんちの写真:唐津くんち2008 »