« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年1月) | トップページ | 銀座で飲む日々 『台湾屋台料理 来来』 »

銀座で飲む日々 『立呑み 丸吟』

200902071
 夜は飲みのお約束。でも店は決まってない。
 いつもはぐるナビで探してますが、たまには足で探すのも悪くないと銀座周辺を歩きます。

 だいたい目星をつけて後は待ち合わせまで時間をつぶすのみ。さて、どうしようかとコリドー街へ迷い込む。
 当然、カフェじゃものたりないので、軽くビールを飲める店を物色。

 みつけたのは、PRONTO(プロント)とマルギンという飲み屋。いつもならPRONTOによってビールを飲みつつ本を読むとこですが、今日はせっかくなのでお店を新規開拓のため、マルギンへ。

 扉が開かれてかなりオープンなお店、店内は昭和の飲み屋風になってます。こんな内装の立ち飲み屋が多いのはなんででしょうか?
 中央にカウンターがあり、周りに立ち飲み用のテーブルがある。今回はカウンターに座ってビールをいただきます。

 メニューの中心は串焼きのようです。が、次があるので串は頼まず。ビールと野菜スティックでしっぽりと飲みます。

 コリドー街で飲み会があるときは0次会用にもってこいかな。


マルギンブログ

|

« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年1月) | トップページ | 銀座で飲む日々 『台湾屋台料理 来来』 »

「酒」カテゴリの記事

コメント

福岡も昭和の飲み屋風立ち飲み屋がちらほら出現しております。
新しく何か作られた感じがイマイチ。
でもここはもう使い込まれてる印象で良いですね。

投稿: まっちゃき | 2009/02/15 14:59

>まっちゃきさん
作られた昭和にだまされちゃいけません。
でも、内装よろしくこういう店は職人風の店員さんが威勢よく対応してくれるので楽しく飲めていいです。

福岡にいる頃(大学時代)は、天神の立ち飲み屋に寄ってたりしました。当時は安さにひかれて行ってましたが、最近の店はどうなんでしょうね?

投稿: dktalk | 2009/02/15 20:57

天神は「角屋」でしょうか。バスセンターに近いのでよく行きます。相変わらず安いです。
博多駅では「美少年」焼き鳥もあります。ここも安いです。(奇麗じゃないですが、私はあまり気になりません。)
両店とも若い女性2-3人組が最近はちらほら見受けられます。
福岡の昭和の飲み屋風立ち飲み屋は上記に比べると高いですね。
でもよく行くのは会社から歩いて10分位かかりますが、馬出の酒屋の角打ですね。
2階に独立したコーナーがあり、九大職員、学生、県警・県庁職員、地元の方の憩いの場となってまして、地域の情報収集の場です。delicious


投稿: まっちゃき | 2009/02/16 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/44003307

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座で飲む日々 『立呑み 丸吟』:

« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年1月) | トップページ | 銀座で飲む日々 『台湾屋台料理 来来』 »