« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年4月) | トップページ | 九州の旅、地獄巡り、九重”夢”大吊橋   »

九州の旅、別府駅、明礬温泉

 ゴールデンウィークも中盤になりました。
 今年は転勤で地元に帰ってきたので、地元でゆっくりと過ごす久しぶりのGWです。家でゴロゴロしてようかと思っていたら、東京から後輩二人が遊びに来るとのこと。せっかくなので3泊4日で九州を案内することにしました。

 しかし、2人とも九州は初上陸とのこと。勢いで来ることにしたため、行きたいところもよくわからないとか....。
 かくして、ノープランな旅が始まりました。

 とはいえ、全く決めずに動けるはずもないので、話題の高速割引を有効活用するため、レンタカーを借りて北部九州を周ることにしました。


 ということで初日。あいにく小雨が降ったりやんだりの天気。
 福岡空港でレンタカーを借り、着いた2人を拾います。着いたのが昼だったので、まずは昼食を食べに博多の街へ向かいました。

200905041
 連れてきたのは博多駅近くにあるラーメンの店『麺屋もち月』。
 先日、ドォーモで紹介されていたので行ってみました。とんこつラーメンのお店です。番組ではラーメンではなくサイドメニューのとんこつカレー丼なるどんぶりが紹介されてましたが、今回は純粋にラーメンだけをいただきました。
 とろっとしたスープが美味いラーメンです。

 腹ごしらえをすませて高速へ。初日は大分県へと向かいます。

 大宰府ICから高速へ。テレビでは騒いでいる割引効果も特に感じることなく、車はすいすいとすすみます。昼過ぎだからピークから外れたのかも。ちょっとだけとばしつつ大分道を走ります。

 さて、ここらで行き先を決めないといけないってことで、車の中で話し合い。結果、別府に行って地獄巡りでも行こうとあいなりました。しかし、時間はすでに15時過ぎ....。ガイド本を頼りに地獄巡りを管理している地獄協会へ連絡してみると全部巡るのに2時間くらいかかるし、地獄は17時に閉まるから今からじゃ無理でしょうとのこと。
 それなら由布院にでも行ったほうがいいかな?と話してるところで、湯布院ICを通り過ぎてしまった。結局、そのまま別府に到着しました。

 別府に到着したのはすでに16時半ころ。
200905042
 とりあえず駅で行くところを探してみようと別府駅に来てみるとへんてこな銅像と手湯がお出迎え。
 観光案内の窓口をうろついていると、観光職員らしきおっちゃんが声をかけてくた。温泉地だから温泉に入りに行くことにすると、だったら明礬温泉がいいとのことなので、温泉を目指して明礬温泉へと進みます。

 山の上にある明礬温泉。温泉独特の硫黄の香りがする温泉地。
 旅館併設の風呂でひとっ風呂、白濁したお湯が心地いいとこでした。

 明礬温泉をでるとすでに日も落ちてきたので別府に泊まることにしました。宿をみつけてから駅の近くにあるアーケード内の居酒屋にて晩飯。後輩2人は九州の味にご満悦みたいでした。よかった。

|

« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年4月) | トップページ | 九州の旅、地獄巡り、九重”夢”大吊橋   »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/44942987

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の旅、別府駅、明礬温泉:

« 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年4月) | トップページ | 九州の旅、地獄巡り、九重”夢”大吊橋   »