« 九州の旅、別府駅、明礬温泉 | トップページ | 九州の旅、唐津~呼子 »

九州の旅、地獄巡り、九重”夢”大吊橋  

 九州の旅2日目。
 前夜に居酒屋で飲みカラオケで騒いで〆にラーメンが食いたいと遅くまでさまよった(開いてるラーメン屋はなかった、田舎の夜は早い)おかげで、ふらっふらになりながら朝を迎える。予定時間はとっくに過ぎていた、それでもなんとか朝9時に出発した。

 まず向かうのは別府の名所・地獄巡り。昨日、涙をのんだこの場所へ朝から車を走らせる。市の中心地から20分もかからずに到着した。すでに観光客でいっぱい、しかし運よく目の前で場所が空いて、ちょっとだけ駐車待ちをするだけで車を止めれた。今回の旅はこんなちょっとしたラッキーが多い。


 地獄巡り。小学生のときに一度来たことがあるが記憶はあまりない。高温の泥が湧き出す坊主地獄の記憶くらい。何をみせてくれるやら楽しみ。

 入り口で入場料が取られるらしい。一箇所400円也。ちょっと高いと思いつつ、まとめて数箇所まわれる2000円の券を買った。5箇所以上まわるならこの券がいいらしい。

200905051
 まずは海地獄から地獄巡りを開始した。入り口にはファンシーな赤鬼の着ぐるみがお出迎えしてくれる。とりあえず、記念撮影を一枚撮った。奥へ進むと、そこかしこから大量の湯気があがっていて、クリアブルーの湯だまりがあった。海地獄とはよく言ったもんだ。
 ここには他にも人が乗れる蓮がある。が、まだ乗れるほど大きくなってないようだった。

200905052
 海地獄の次は坊主地獄。
 先に書いたとおり、高熱の泥が湧き出す温泉。湧き出した場所からぷくりぷくりと丸い泡が湧き上がってくるので坊主地獄だ。グレーの泥だまり、永久に固まらないコンクリートを観てるようだ。

 数が多いので後はサマリで。
 岩地獄は岩から湯気が湧き出す。ここのメインはたぶん動物園?カバやゾウにえさがやれるのはいいかも。
 かまど地獄はいろんな地獄の総集編みたい。タバコの煙を吹きかけると湯気が一気に立ち上ったり、飲める温泉があったり科学博物館のような要素もあった。温泉たまごいただきました。
200905053
 鬼山地獄は入っちゃいけないほど高温の湯だまりがあるだけ、メインはワニ。ひたすらワニがプッシュされている。あんまり地獄とか関係ない感じ。地獄じゃなくて、ワニ園でいいんじゃなかろうか。
 白池地獄も入っちゃいけないほど高温の湯だまりがある。あとは熱帯魚をみて楽しむところ。ピラニアがかなりプッシュされてる。でも、人喰魚ピラニアって響きはもう古いよね。

 ということで、6箇所まわったところで引き上げることにした。終盤は見所が地獄じゃなさすぎてある意味だれた。
 他に血の池地獄や竜巻地獄がある。ネーミングにひかれたけど、次があったので行かずに地獄巡りは終了した。


 次に向かったのは九重。九重にある日本最大のつり橋、九重”夢”大吊橋を渡るため。個人的には一番この旅の中で行きたかったのがこのつり橋。そこにつり橋があるから、ついつい渡りたくなるもんです。

 地獄巡りを出たのがちょうど正午くらい、駐車場を待つ車の列が延々と続いていた。別府をでて九重へ。人気のつり橋だけに渋滞で大変かと思いきや、特に困ることもなく到着した。途中にある九酔渓の眺めがいい。紅葉の時期はさらにきれいなんだろう。

 九酔渓を過ぎてほどなく行くとつり橋に到着した。駐車場は満杯だったので、少し離れた臨時駐車場に止めて歩いて向かう。
 ちょうどつり橋についたあたりで、雨が降り出した。今回の旅、雨に降られることもすごく多い。後輩2人のうちはきっと....。

 かなり雨脚が強いので売店に非難する。他の観光客もつり橋どころではなさそう。つり橋では傘をさしてはいけないらしく雨合羽を売っていた。合羽を着ながら橋を渡る人いるんだろか?とりあえず、やむまで待つことにした。
 すでに昼過ぎ、売店にある九重”夢”バーガーなるご当地バーガーに目を奪われて注文してみた。このバーガーの特徴は、肉がイノシシだったり、タテに異常にでかいといったところ。ところが出来上がるのに時間がかかり、品物がでてきたのは30分以上過ぎてからだった。ちょっと待ちくたびれる。
 バーガーのお味は...。でかすぎてよくわからない。全ての具財を一口で食べるのは不可能だった。むさぼり食べる感じ、値段の割りに腹にたまっていいかも。

 さて、腹ごしらえが終わったあたりで、ちょうど雨があがってきた。いざ、つり橋へ。
 つり橋は行きと帰りで1列ずつ。多少、待ち行列になっている箇所もあるけど、うまく流れている。
200905054
 渡った感想は....。ひたすらゆらゆらしてて、気持ち悪い。乗り物酔いする人は渡らないほうがいいかもしれない。足元から下が覗けるけど、高いところにいる恐怖心はそんなにわかない。ゆらゆらの気持ち悪さで吹っ飛ぶようだ。しかも、長い。やっと半分に来たときに、折り返しで帰ってくるのがちと面倒だと思ってしまった。ただ、景色は最高にいい。つり橋から観えるいくつかの滝の眺めがいい。

 つり橋を制覇して、そのまま福岡へ帰路についた。
 帰りの高速も渋滞はジャンクションだけで他はすいてた。


別府地獄めぐり
九重”夢”大吊橋

|

« 九州の旅、別府駅、明礬温泉 | トップページ | 九州の旅、唐津~呼子 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

九州をまわったわけですねぇ~~っ。

久々の九州どうでしたか??
変わってたのかな??
”夢”大吊橋は何回行ったっけ??3回は行ってるかもね。
家族2回に妻と1回、晴れた日はいいけど、雨だったら・・・
あと風も強かったら・・・もう最悪ですよ。。(><)

充実した旅行でよかったです。

投稿: kazu | 2009/05/21 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/44950876

この記事へのトラックバック一覧です: 九州の旅、地獄巡り、九重”夢”大吊橋  :

« 九州の旅、別府駅、明礬温泉 | トップページ | 九州の旅、唐津~呼子 »