« 相知くんち2009 | トップページ | 駅伝大会、皇居を走る »

刀町赤獅子生誕百九十年祭記念曳山巡行

 秋晴れとなった今日。一番曳山赤獅子の生誕190年祭が行われました。

 1819年に製作された刀町の赤獅子。現在の唐津くんちの原点であり、190年に渡って引き継がれてきた伝統の証跡です。


 朝はまず水主町にて曳き子の説明会がありました。10時半頃に終了したので、その足で唐津神社に向かいます。
200910181
 参道に着くと、主役の赤獅子は神社の鳥居下に鎮座されていて、いろんな方が記念撮影を行ってました。赤獅子の頭上には御幣が取り付けられています。厳かな雰囲気です。

 10時45分に火矢が打ち上げられて巡行開始。
 鳥居の下で鎮座した状態で道囃子が始まり、しばらくするとゆっくりと動きだしました。

 神社参道での道囃子は、3日の神幸開始のときに奏でられるお囃子です。唐津くんちのビデオでは幾度となくみた光景も生で観るのは初めてでした。巡行の様子です。↓

 参道を出た後は右折して市役所前の通りを進み、駅前を通ってアルピノへ向かいます。交通整理にちょっとだけ苦慮されてました。
200910183
 アルピノに入ってからは記念式典があるため、一時休憩です。商店街で催し物があっていたので中町でビールを飲みながら午後の巡行を待ちます。


 午後は餅まきからスタート。
 アルピノをでた赤獅子からお祝いの餅が撒かれます。2つほどいただいた上に刀町の友人からもいただきました。そのうちいくつかは、途中で会った知り合いのお子さんが取れなかったようなのでお裾分けです。
200910182
 帰りのコースはアルピノをでて駅前を通り、平野町・新町を抜けて刀町を通り神社へ向かいます。赤獅子の巡行する様子はあまり生で観ることがないため要所で撮影しました。
 刀町で止まって二度目の餅まき、今回はもちを取れませんでした。残念。

 そのまま展示場へ戻り、本日の記念巡行は終了となりました。
 気持ちいい秋晴れ、本番もこれくらいいい天気であってほしいものです。


 され、唐津くんちまで後2週間ほどですが、各町内ではその準備の真っ最中です。この日は、水主町で宵曳山の飾り付けを、神社の境内では新町が采配作をされてました。
200910184

200910185

 くんちまでもうすぐです。

|

« 相知くんち2009 | トップページ | 駅伝大会、皇居を走る »

「祭り・フェスティバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/46531540

この記事へのトラックバック一覧です: 刀町赤獅子生誕百九十年祭記念曳山巡行:

« 相知くんち2009 | トップページ | 駅伝大会、皇居を走る »