« 『らぁ麺 むらまさ』で唐津を食べる | トップページ | 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2009 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2009年10月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。

200910311ゴーダ哲学堂 (竹書房文庫)
 現在映画公開されている『空気人形』の原案となった短編が入った一冊。
 『空気人形』のほかに、本のタイトルの通り、哲学的なテーマで描かれた短編が多く掲載されている。主人公が人ではない状態で日常を描いていて多少迷走している気もするけど面白い。
★★★☆☆

200910312東京立ち飲み案内
 ここ数年の立ち飲み屋ブームで、東京のあちこちの駅で立ち飲み屋が並ぶようになった。個人経営あり、チェーン店あり、どの店もサラリーマンのお財布事情もあいまって、立ち飲み屋は大盛況だ。
 そんな立ち飲み屋のガイドブックがこの本。
 駅別に店が紹介してあって助かります。しかし、こんな本、世のお父さんはわざわざ買わないよな~。美味いものを食べたければ立ち飲み屋なんていかないだろうし。誰が買うんだろ?はい、私です。
★★★☆☆


で、とりあえず積んでおく本。


岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
をんな紋―あふれやまぬ川 (角川文庫)
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
女人囃子がきこえる
私の個人主義(講談社学術文庫)
「日本」とは何か 日本の歴史00 (講談社学術文庫 1900 日本の歴史 0)
DOG & DOLL
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
ZOKURANGER
美しき日本の面影 (新潮文庫)
感じて。息づかいを。 (光文社文庫)
流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである (講談社プラスアルファ文庫)
新世界より (講談社ノベルス キJ-) (講談社ノベルズ)
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
Story Box1

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

|

« 『らぁ麺 むらまさ』で唐津を食べる | トップページ | 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2009 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/46594322

この記事へのトラックバック一覧です: 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年10月):

« 『らぁ麺 むらまさ』で唐津を食べる | トップページ | 今年ン唐津くんち!:唐津くんち2009 »