« 今年観た映画2009と雑感 | トップページ | 新春囃子初めの儀2010 »

今月読んだ本with今年からのツン読(2009年12月)

 今月読んだ本とそのコメント。独断と偏見の5点満点で評価します。

200912311自由をつくる自在に生きる (集英社新書)
 自己啓発書という類にはなるんだろうけど、ちょっと形にはまらないのが本書。

 『こうしたければ、こうやればいい』とはまた違い、自分が動くときにどうすればよいかがかかれているが、他者の著と顕著な点はどういう点が問題となっているか?この視点がいままでにあった既書にない新しいところかもしれない。

 著者である森博嗣氏のファンにとっても気になる情報があったり、そこがある意味、期待を裏切らないのかも。
★★★★☆


200912312STORY BOX 1
STORY BOX 2
STORY BOX 3
STORY BOX 4
STORY BOX 5
 文庫本サイズの月刊誌(文芸誌)です。毎月漢字2文字の言葉をテーマしていて、表紙にでかでかとプリントされている。創刊号は『誤飲』でした。
 文芸誌ということで、連載作品が目白押し。しかも、どの作品も読み応えがあって面白いので、8月に創刊された本ですが、一気に12月発売文まで5冊読みました。
 個人的におすすめなのは、森見登美彦氏の「夜光」、笹本稜平の「救出」、野島伸司の「返信」、vol.3から始まった松久淳の「息子」。まぁ、どれも面白い。

 森見登美彦氏の「夜光」は、怪奇譚。思わず背筋がぞっとする話がそろう。「きつねのはなし」でみせた思わず背筋がぞっとするような話の短編集。「きつねのはなし」では、京都の雰囲気をうまく醸し出した怪奇譚だったが、この「夜光」では、旅と旅先の土地を背景に語られる。これまでに、尾道、奥飛騨、**どこも寒気がするおもしろさがある。
★★★★☆


200912313斜陽・パンドラの匣―太宰治映画化原作コレクション<1> (文春文庫)
 劇場版『パンドラの匣』を観たついでに手に取った一冊。斜陽はまだ味読なので、星は『パンドラの匣』の点数。
 基本的なストーリーはほとんど変わらない清々しい若者の恋心を書いた一作。ラストがちょっと違っていて、原作のほうが切なさや寂しさがより強く感じられた。

 映画版では、竹さん演じる川上未映子がはまり役でした。
★★★☆☆

で、とりあえず積んでおく本。


岸和田だんじり祭りによるまちづくり―文化と伝統景観を生かして
街場の中国論
日本数寄(ちくま学芸文庫)
幸福論 (第1部) (岩波文庫)
最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
をんな紋―あふれやまぬ川 (角川文庫)
日本という方法―おもかげ・うつろいの文化 (NHKブックス)
女人囃子がきこえる
私の個人主義(講談社学術文庫)
「日本」とは何か 日本の歴史00 (講談社学術文庫 1900 日本の歴史 0)
DOG & DOLL
ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。
ZOKURANGER
美しき日本の面影 (新潮文庫)
流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである (講談社プラスアルファ文庫)
町でいちばんの美女 (新潮文庫)
日本辺境論 (新潮新書)
チベット旅行記〈上〉 (白水uブックス)
コミュニティを問いなおす―つながり・都市・日本社会の未来 (ちくま新書)
あ・じゃ・ぱ!(上) (角川文庫)
奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫)
パイレーツ―掠奪海域 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

ブクログ→
こんな本を読んでいる。

|

« 今年観た映画2009と雑感 | トップページ | 新春囃子初めの儀2010 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/46914363

この記事へのトラックバック一覧です: 今月読んだ本with今年からのツン読(2009年12月):

« 今年観た映画2009と雑感 | トップページ | 新春囃子初めの儀2010 »