« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

『四畳半神話大系』

201004282
 『太陽の塔』を読み終わったときの衝撃は忘れられない。得てはいけない共感がぞわぞわと体中を駆け巡った。それから自分のなかで森見登美彦氏は新刊がでたら買うリストにリストアップされている。

 『太陽の塔』しかり『夜は短し歩けよ乙女』、屈折した大学生の独白、幻想、妄想、だらけのファンタジーなんだけど、多くの男がいやいや共感を得て読むもんだと思っていたら、本上まなみをはじめとして女性にも絶大な人気をほこっているという。いったい、女性は森見作品を読んでなにを感じとってるんだろう?


 というわけで、『四畳半神話大系』。

 この森見作品の2作目も例にもれない屈折した男子の愛と希望と哀愁のファンタジーだ。この小説がなんとフジテレビの深夜枠でアニメ化されるという。なんとしても観たい。と思っていたら、意外にもサガテレビがやってくれた。

 4月29日24時45分(4月30日0時45分とも)、放映開始とのこと。でかしたサガテレビ。これで、佐賀のニュース以外のサガテレビの用途がみつかった。よかった、よかった。


201004281
 よかったついでに、本屋でみつけた『四畳半神話大系』の特集がしてあった『spoon. 2010年 06月号』も購入した。

 こんなアンニュイな雑誌に取り上げられているなんて、恐るべし。


四畳半神話大系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『本が人をつくる。』多部未華子

201004161
 本屋でみかけて買おうと思ってたら忘れてた『BRUTUS 2010年 1/15号
』。
 ジュンク堂の1Fにて特集なのかバックナンバーが山積みだったので購入しました。

 この号の特集は『本が人をつくる。53人の読書地図』と題して、表紙の多部未華子を含む23人のインタビューと30人の偉人に関する本の紹介がされている。インタビューされている23人はジャンルも様々、本を探すにはもってこいの特集です。

 とはいっても、欲しいと思ったのは表紙の多部未華子のかわいさに惹かれて。こんな店員さんがいてくれたら本屋に毎日かよいつめそう。

 ちなみに、多部未華子がアルプスの天然水のCMにでてるときは、市川実日子だと思ってました。いい年なのに制服姿はちょっとね、と勝手に勘違い。

 閑話休題

 雑誌はこれから読んでみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »