« 今年観た映画2013 | トップページ

父と息子のフィルム・クラブ2015

 平日は仕事、休日は子どもの面倒をみるような生活のなかで、なんとか映画館で映画を観たいという気持ちも抑えがたい。じゃぁどうするか、答えは簡単で一緒に行って観ればいいんです。ということで、年初めからシアターデビューさせ、幾度か長男(2才児)を連れて映画館に行きました。まだ3才未満なので入場料はかかりません。私のひざの上で鑑賞するという形です。
 長男の映画鑑賞体験をメモしておきます。

20151230001_3
1才8ヶ月と妻と『ベイマックス』(★★★★☆)
 妻と長男と3人で鑑賞。入場時にポップコーンを購入し持ち込み、アニメ+ポップコーンということで特段騒ぐこともなく鑑賞終了。
 ハートフルアニメかと思いきや戦隊モノなんですね。挫折からの勇気、友情、勝利そして涙が詰まっているそんな映画でした。

 とりあえず、2時間程度騒がずに鑑賞できたので、これはいける!映画館連れていける!と確信。

20151230002_3
1才11ヶ月と『ジュピター』(★☆☆☆☆)
 アクションシーンは熱心に観てくれるものの、ドラマパートが辛抱できない。ポップコーンの切れ目が落ち着きの切れ目ということで、後半入るぐらいで途中退場しました。
 これは映画が面白くないから?ウォッシャウスキー姉弟たるものがなんでいまさらこんなヒロイックなSFを作ろうと思ったのかわかりませんが、その映画のどうしようもなさ感、面白くなさ感が子ども心に伝わったんだと思います。

20151230003_3
2才と『ドラゴンボールZ 復活の「F」 』(★★☆☆☆)
 ドラゴンボール現役世代ともすれば、フリーザの最強さ、絶望感たるやなかった。フリーザやっつけた時点で終わればよかったのにといまでも思う。今回の映画では、そのフリーザが復活して悟空にリベンジするというもの。何もしなくてあれだけ強いフリーザだから修行したら物凄いよ!って言われても、強さのインフレからは抜けられてないから、戦いが全くの茶番。街場の道場での戦いっぽいチャチさがあり残念で仕方ない。
 長男、途中から爆睡しました。

20151230004_3
2才3ヶ月と『アリのままでいたい』(★★☆☆☆)
 昆虫モノ絵本を読みふけっている長男なので、映画開始から「バッターーー!」「トンボーーー!」と盛大な掛け声は発するほどテンション高め。入場者も少ないし、来てる人も夏休みの子ども連ればかりなので、許容範囲かと放置しました。掛け声は最初だけ、あとはおとなしく鑑賞。
 映画は虫カメラを使って昆虫、特にカマキリの1年にスポットを当てるもの。ただ、変なナレーションしかり、途中のアニメしかり、余計なモノが多すぎる映画でした。カマキリやアリが容赦なく他の昆虫を食べたり、昆虫の死屍累々の秋の森をみせたり、いい素材が揃っているので普通に昆虫ドキュメンタリーだけで十分見ごたえあったはずなのに残念だなぁ。

20151230005_4
2才4ヶ月と『ジュラシック・ワールド』(★★★★☆)
 恐竜モノ絵本を読みふけっている長男なので、ガオを観にいくよ~というと揚々と着いてきました。随分と物心も付いてきて、映画館の雰囲気にも慣れてきました。アクションシーンはなれたもの、特に怖がることもなく鑑賞。
 マイクル・クライトンは常に科学に完璧はないと言い続けていて、ジュラシック・パークでは、完全に制御しようとしても蟻の穴から堤が崩れるようにシステムを維持できないという話だった。スピルバーグが作ったジュラシックパークはそこに恐竜がいるワクワク感とT-REXやラプトルのにらみだけで心臓を掴まれたようなドキドキ感がある映画だった。それを考えるとジュラシック・ワールドはもう全く別モノの映画。何も考えずに楽しめる怪獣パニックモノだった。発煙筒オマージュは2回もいらないと思ったけど。

20151230006_3
2才5ヶ月と『カリフォルニア・ダウン』(★★★☆☆)
 ドウェイン・ジョンソンというよりは、ロック様と呼びたい自分にとっては、彼がでる映画にはいつもロック様的な何かを期待せずにはいられない(もちろんそんなサービスは毎回微塵もありませんが)。そんなロック様はカリフォルニアの大地をご都合主義よろしく縦横無尽にかけまわる。もう、何も考えずにただただ映像を楽しむだけでいい映画みたいです。
 長男はそんな映像を凝視、終盤でビルの中をモーターボートで疾走するシーンはなかなかのライド感がありました。そんな影響か、劇場でる息子はちょっと茫然としてふらついてるような感じ。少し映像が刺激的すぎたかも?刺激物の与え過ぎに注意しましょう。

20151230007_2
2才7ヶ月と『PAN ネバーランド、夢のはじまり』(★★★☆☆)
 子供向けの映画だったら、ドラマパートでもあんまりダレなくなってきた。
 というわけで、ピーターがピーターパンになるお話。今度、原作をちゃんと読んでみよう。

20151230008_2
2才8ヶ月と『スターウォーズ フォースの覚醒』(★★★★★)
 ライトセイバーでの戦闘シーン、Xウイングとタイファイターの空中戦など釘づけ。マスターとパダワン、アナキンとルーク、ある意味父と息子で観る映画としてこれ以上物はありません。あと少し物心がついてるとよかったけど。
 観終わった後はチャンバラ好きになって、家じゅうの長い棒が息子のライトセイバーになりました。

 ちなみに、最初はユナイテッドシネマで観ようと思ってましたが、なんとユナイテッドシネマでは3歳未満鑑賞不可の指定映画があり、スターウォーズはこの指定をもろにうけ2才児連れて観にいけませんでした。ということで、T-JOYで鑑賞。

 さて、2016年は何を一緒に観ようか。ドラマ映画、3Dへのデビューが課題です。



|

« 今年観た映画2013 | トップページ

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37271/63024287

この記事へのトラックバック一覧です: 父と息子のフィルム・クラブ2015:

« 今年観た映画2013 | トップページ