プロレス

ドラゴンゲート KOBEプロレスフェスティバル2008

 年間最大のビックマッチ、神戸ワールド記念ホール大会。PPVにて観戦しました。
 CIMA欠場。しかし、60分間の死闘を演じた次世代の両エース鷹木信悟とB×Bハルクのメインは見もの。

第一試合
戸澤アキラ、大野勇樹、エル・ジェネリコ vs K-ness.、スペル・シーサー、シーサーBOY

 クネスは白マスクで登場。シーサーズにコスチュームを合わせたらしい。
 その3人がかなりいい連携をみせるも、後半はエル・ジェネリコの独壇場。

○エル・ジェネリコ(垂直落下式ブレーンバスター)●シーサーBOY


第二試合 暴走十番勝負・第4戦
ICHIKAWA vs ザ・グレート・サスケ

 サスケはノーマルで登場。ICHIKAWAは青の衣装で、小さいラダー(脚立)を持って登場。
 いつもとは違いICHIKAWAの悪の攻撃がはまる。サスケは本気モードになり、でかいラダーを持ち出すものの、数回に及ぶ誤爆でダウン。

○ICHIKAWA(ラダーへのセントーンアトミコ誤爆から)●ザ・グレート・サスケ

 ICHIKAWAの勝ちが決まったとたん、場内しらけムード。青になっても対して動きはかわらないのに微妙に勝ってしまった。ちょっと残念。


第三試合
新井健一郎、岩佐拓 vs サイバー・コング、TAKEMURA

 終始サイバーとTAKEMURAのパワーが圧倒。アラケンがつかまってローンバトル多し。
 幾度か切り返すもいつもの新岩のいつもの切れが見れず。

○サイバー・コング(サイバーボム)●新井健一郎


第四試合 オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定戦
m.c.KZ. vs 堀口元気

 前半はKZが攻め立てるものの、中盤からじりじりと堀口が攻めKZの受けが多くなる。
 久々にGHロックをみせる堀口、終盤はほぼ堀口ペース。

○堀口(ビーチブレイク)●m.c.KZ.


第五試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
横須賀享、斎藤了 vs NOSAWA論外、MAZADA

 東京愚連隊の試合巧者ぶりが目立つ、特にMAZADAのラフプレーが巧い。かなりおされ気味の王者組。
 途中、TAKEMURAの乱入があるもアンソニーが登場し、TAKEMURAを一蹴。
 終盤は、斎了とNOSAWAの一騎打ち。シャイニングウィザードやドラゴンSHがみだれるも

○斎藤了(プレミアムブリッジ)●NOSAWA論外


第六試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合・6人タッグ4WAYマッチ
Gamma、神田裕之、YAMATO vs ドラゴン・キッド、アンソニー・W・森、PAC
 vs 土井成樹、吉野正人、谷嵜なおき vs 望月成晃、ドン・フジイ、マグニチュード岸和田

 負けたチームは退場、最後にフォールしたチームの勝ち残り形式。
 人が多すぎで最初はごちゃごちゃするかと思いきや
 1人1人に見せ場があったり、異チーム同士の連携あり
 フジイさんのチョップ合戦、つながりブレーンバスタありで楽しませてくれる。

 中盤は、2チームずつで戦う場面が多い。
 岸和田兄さんのマスクに手をかけるGamma

○Gamma(マスク剥がしから丸め込み)●マグニチュード岸和田

 絶倫ズ(仮)退場。
 WORLD-1とタイフーン同士の攻防から

○土井成樹(バカタレスライディングキック)●PAC

 タイフーン退場。全員かなりの体力消耗気味。
 谷嵜がYAMATOにインプラントをきめるも、堀口が審判をカット。
 孤立した谷嵜にブルーボックスへのリューズ、ガンマスペシャルが続く。

○YAMATO(ギャラリア)●谷嵜なおき

王者組防衛


第七試合 オープン・ザ・ドリームゲート王座決定戦
B×Bハルク vs 鷹木信悟

 ハルクはニューダンスで登場

 じわじわと攻めあう序盤からパワーとテクニック、駆け引き、せめぎ合いのなかで、ハルクは鷹木の右腕を、鷹木はハルクの足を攻める展開。

 バチバチの展開もあり、ハルクの張り手や蹴りに対して、鷹木は強烈なグーパンチで返すシーンも。
 ただ、右腕を痛めつけられた鷹木は打撃戦だと勢いにのれない様子

 ロープ際、エプロンでの攻防では、ハルクが断崖式EVOをきめれば、鷹木はロープ越しにブレーンバスターを出してリング外へ。
 そのほかにもハルクがリング外へ落とされるシーンがいくつかあってみながらひやひやする。

 中盤以降は双方ともかなりの消耗戦。
 右腕を殺されてパンピング・ボンバーを使えない鷹木はひたすらパワーで切り返す。
 押されるハルク、ローンバトルが続く。

 終盤、雪崩式EVO→絶縁からフェニックススプラッシュをきめるもカウント2で返す鷹木。
 痛めた腕から出すパンピング・ボンバー、雪崩式ファルコンリーをF.T.Xで返すハルク。
 最後まで意地をみせてバチバチで鷹木に返すも、渾身のラストファルコニーでフォール。

○鷹木信悟(ラストファルコニー)●B×Bハルク


試合後のコメントは
・鷹木、ハルクを認める。→でも共闘ではなくライバルとして今後もバチバチやろうといった感じ
・CIMAに対して、戻ってきても居場所はないといいきる。それを受けて、鷹木にたいしてできるもんならやってみろとCIMAがマイク。
・サイバーコングが乱入し、CIMAをリング上にあげる。激怒する鷹木に対して三行半を突きつけるリアルハザード。
・取り囲まれる鷹木に対して、タイフーンが救援にくる。タイフーンへの勧誘とドラゴンキッドがタッグを組もうと申し出。
・鷹木拒否。しかし、勝てるんなら組んでやるとキッドと握手。ただ、タイフーン入りは別の話。


最後に動きもあり、かなり楽しめた大会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日は『Dynamite!!』、『やれんのか!』、そして、『ハッスル』

 今年の大晦日も格闘技。今年はテレビ放映は『Dynamite!!』のみとなってしまったが、PRIDE残留組による『やれんのか!』も興味深い。やれんのか!では、Dynamite!!からの協力もあり、この大晦日は格闘技団体の大連立になった。2008年の総合がどうなっていくか期待させる。そして、ハッスル祭り。さすがテレ東。大晦日のテレビで観れるとは思わなかった、これは期待してます。大晦日はハッスルメインで観たい。
 そして、気になる試合の予想。

『K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!』

○宮田和幸 VS ヨアキム・ハンセン●

 宮田はKID戦のイメージが強すぎるけど、ポテンシャルは高いはず。この試合に勝って、来年へつなげていって欲しい。

○西島洋介 VS メルヴィン・マヌーフ●

 打撃戦必死のカード。マーク・ハント戦でみせた打ち合いとテクニックをここでもみせて欲しい。
 PRIDEではまだ勝ちのない西島、ここで一勝を。

●ミノワマン VS ズール○

 体重差がとんでもない一戦。過去、須藤元気とバター・ビーン戦があり、体重差を跳ね返して須藤元気が勝利したが、ミノワマンはまともに打ち合いそうな気がする。圧力をそのままうけて、ズールの勝ち。

○田村潔司 VS 所英男●

 この二人の接点がいまいちで、微妙なマッチメーク、位置づけがよくわからない。いまいち結果を残せない所のチャレンジマッチか?田村に経験の差をみせつけて欲しい。

●桜庭和志 VS 船木誠勝○

 珠玉の一戦。このマッチメークもすごいがやはり船木の復帰に注目。パンクラスを旗揚げ、旗揚げ後の試合はホントに面白かった。ヒクソン戦に備えて、パンクラスはルール変更し、オープンフィンガーグローブをつけた試合に変わった。そして、ヒクソン戦での敗退での引退から7年。総合の世界もかなり変わった。その間、常にトップを走った桜庭。船木がこの7年でどれだけ変わったのかがわからない。が、かつての実力と7年間の変化で船木が勝つんじゃなかろうか?期待の一戦。


『やれんのか! 大晦日! 2007』

○川尻達也 VS ルイス・アゼレード●

 武士道であったライト級GPを彷彿とさせるカード。久しぶりに観る川尻の試合、川尻が勝ち。

○瀧本誠 VS ムリーロ・ブスタマンチ●

 個人的に滝本には期待しているけど、あまり機会がないのが残念なところ。ここで、目だって欲しい。

○秋山成勲 VS 三崎和雄●

 やれんのかに秋山登場。完全アウェイのなかでどれだけ戦えるか?
 長期出場停止はあったものの復帰戦でみせた実力はかなりのもの。経験で勝る三崎も勢いに圧倒されてしまうのでは?

○エメリヤーエンコ・ヒョードル VS チェ・ホンマン●

 もともとはシルム出身のチェ。総合のほうがやりやすいのでは?皇帝の拳がチェの圧力をどれだけしのげるか?でも圧力があるのはヒョードルかも?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ドラゴンゲート 11.25 大阪府立体育会館

 PPVにて観戦。
 神戸ワールド後の大一番。ベルトをかけた試合が3つ、メインはもちろんドリームゲートのベルト。今後のドラゴンゲートを見る上で、CIMAと高木信悟という組み合わせははずせない。


第1試合
●エル・ジェリコ、YAMATO、B×Bハルク
 VS スペル・シーさー、PAC、アンソニー・W・森○

 1試合目にしておくのがもったいないほどの試合は毎度のこと。6人の軽快なムーブがよくかみ合っている。なかでも、エル・ジェリコとPACに特に注目してしまう。エル・ジェリコの長い手足から繰り出される技、PACの華麗な身のこなしにテレビの前でうなる。ラストは、PACがエルを雪崩式リバースフランケンシュタイナーから360シューティングスタープレスでピン。


第2試合
○エリック・キャノン、堀口元気 VS 戸澤アキラ、新井健一郎●

 学ランをもって入場する堀口、戸澤塾前のスタイルで入場する新井。この試合前のストーリーがわからないからなにが起こったのやら....。最近はまじめ路線の戸澤塾も岩佐が抜けて戦力ダウン中。しかし、戸澤が踏ん張る。堀口、新井の仕事ぶりは安心して見れる感じ。ラストは、堀口が戸澤をビーチブレイクでピン。
 試合終了後、堀口が戸澤のボンタンを盗って退場。戸澤塾どうなる?


第3試合
●サイバー・コング VS マグニチュード岸和田○

 ドラゴンゲート内でパワーファイターを決める一番。
 開始直後は、体当たり、逆水平などなどサイバーコングが押し気味。中盤からラフプレーの展開になり、コング失速。ラストは岸和田のラストライドでフォール。
 ドラゴンゲートではあまり見られないパワームーブの展開も面白い。肉弾戦も魅せる底力にすごいものを感じた。しばらくはないだろうが、数年経って成長したコングの再挑戦を見たい。


第4試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
○クネス、ドン・フジイ、望月成晃
 VS NOSAWA論外、神田裕之、Gamma●

 ベテランぞろいの6人タッグ。連携は少なめ、各人の個性を生かした個人戦の展開になった。NOSAWAには期待していたけど、さすがにドラゲーマット2回目だとまだまだ難しい様子。良かったのはシャイニングウィザードくらい?
 とわいえ、3vs3のそれぞれの戦いにはドラマあり、6人タッグは連携よりも攻守交替のめまぐるしい攻防が面白い。最後は、フジイが神田をナイスジャーマンでフォールした。


第5試合
○ドラゴン・キッド VS 鈴木健想●

 体格差が半端じゃないこの二人の対決。いまだになぜ健想を呼んでしまったのかがよくわからない。これまでも大型レスラーの参戦はあったが、ほとんどがコミックレスリングだった。ブックのなかにどう組み込まれていくのか?ある意味期待させる。b
 試合は、外敵・健想を小柄なキッドが退治するという構図、客にもわかりやすい。でも、試合はかみ合わない。健想のパワーが圧倒過ぎて技が単発ばかり、キッドがダウンしている間に気を吐く健想はわかってらっしゃる。
 ラストは堀口が投げたパウダーが健想に誤爆し、ウルトラウラカンラナでフォール。

 試合終了後、誤爆した堀口に健想が暴行。今後の展開はこれでマッスル分裂とか?


第6試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
○土井成樹、吉野正人 VS 横須賀享、斎藤了●

 昨晩、NOAHのGHCjrをとった土井吉。タッグで3冠はすごい。しかも、GHCとは!GHC戦もみたい。
 さて、タッグ選手権。試合巧者4人の戦いはとにかく魅せる技の応酬。ドラゴンゲートの試合といえばやはりこれでないと!一進一退の展開となるが、ラストは斉了と土井の一騎打ち、プレミアムブリッジをかわしてマスキュラーボムでフォール。土井吉強い。今年のベストタッグじゃなかろうか。このまま、他のジュニアタッグのベルトを獲りにいくのも面白いかも。


第7試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○CIMA VS 鷹木信悟●

 メインはCIMA、鷹木。旗揚げからドラゲーを引っ張るCIMAと新世代の鷹木の頂上決戦となれば、今後のドラゲーの行く末さえもみせる試合と考えてしまう。また、一時は同じユニットにいた同士であり、鷹木にしても師匠のような存在のCIMA戦は一味違うものだろう。
 入場、CIMAは白黒のクレイジー時代のコスチューム姿で現れた。

 力で押す信悟だったが、巧みな試合運びでCIMAが終始優位にたつ。信悟に対してかなりえげつない攻めが目立つ、CIMAの意地?試すCIMA、受けるCIMA、攻勢に転じても信悟より存在感は強い。ラストは信悟がパンピング・ボンバーの連打、とにかく受けに徹するCIMA。そのパンピング・ボンバーをかわして、変形のクラッチでフォール。かなり驚きのラスト、最後まで受け切れなかったのかCIMA?


 CIMA勝利ということでまだまだCIMAが引っ張るということかな?蓋を開けてみれば新世代軍のニュージェネレーションは全敗。今シーズンはハルクの怪我もあったし下克上は次々シリーズに持ち越し?キング・オブ・ゲートの結果いかんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート 2.24 後楽園ホール大会

 PPVにて観戦。後楽園&PPVだけにタイトルマッチあり、サプライズありで大荒れの大会になった。今日のラインナップは、ブレイブゲート王座決定リーグ、フジイ・神田の遺恨?マッチ、ドリームゲート選手権試合の3本立て。とりあえず、感想のみ。

第3~5試合 オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定リーグ戦
●トザワ VS スペル・シーサー○
○谷嵜なおき VS ドラゴン・キッド●
△吉野正人 VS 土井成樹△

 DGでカツオとトザワをどうしたいのかわからん。最近はいろんな技を使うようになたトザワだけど、べたべたのルチャをやらせるよりは、最近のWAR的なガチンコ路線に走ったほうがいいんじゃなかろうか?シーサーの試合巧者ぶりは観てて楽しい。

 谷嵜・キッド戦はラストがひやひや。場外のイスの上でインプラントやって、キッドが担架で運ばれてしまった。揉みあううちに抜いた刀を収めることが出来なかった感じ。
 谷嵜のラフファイトはDGらしさがなくてとてもよい、特に斉了に諭されてたりするところが(笑)ただ付き合うほうは考えないと、危険だよな。キッドの無事を祈ります。

 吉野・土井戦は言うことなし。スピードもパワーもテクニックもリーグ戦の選手たちの中で一つ上をいっている。久々に見たソル・ナシエンテは相変わらず見事でした。そんな吉野に触発されて、土井もゴールデングラブを出すかな?と思ったがカンパーナ止まり。なんだろうこの流れは....原点回帰、合流?

第4試合
○CIMA、ドン・フジイ VS 望月成晃、横須賀享●

 なぜか、神田に絡んでくるドン・フジイその遺恨清算マッチ?として、オリジナルM2Kの望月・横須賀が対戦。レフェリーはもちろん神田が担当。

 CIMAとフジイは入場するなり神田にいちゃもんをつける。そして乱闘、神田は負傷し奥へ。望月と横須賀が流れ込み、そのまま試合開始。レフェリーは急遽、八木に変更。

 試合は、バチバチあり、テクニックありの展開。コーナからのパワーボム+のど輪エルボーの連携とか、ツイスターで持ち上げて享にパスして横須賀カッターなどなど、相変わらず連携の妙が冴える。

 終盤は選手たちが入り乱れる展開、これなら奥に引っ込んだ神田がでてきて、下克上エルボーを一発かまして終わりかな?と思っていたらなんとあっけなくナイスジャーマンでフジイが望月をフォール。お客さんもちょっとあっけにとられた感じだった。

 しかし、サプライズはこの後に。M2K時代の格好をした神田が登場(もちろん頭は怒髪天)。フジイにブルーボックスをお見舞いする。オリジナルM2Kとしてブラッドへの対戦要求。岡村社長がでてきた次回のPPVで対戦決定。

 次回の1回限定だけど復帰決定とのこと。え、復帰?なんでいまさら....。
 でもちょっと嬉しい。享との連携は是非とも観たい。ただ、首に爆弾を抱えた上での引退だったこともあって、首が大丈夫なのかホントに心配。どっちかというと対戦相手のほうがやりにくいだろうに....。

 さらに言うとこの後の路線も見えない。このまま広がらずに遺恨マッチで終了なのか?

第5試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
マグニチュード岸和田 VS 斉藤了

 絶対的なパワーでチャンピオンの座に君臨する岸和田と昨年のキング・オブ・ゲートを制した斉了とのDG最強の座をかけた一戦。
 試合は終始、岸和田が押す、とにかく押す。試合にならない....。そんな斉了を支えるのは気持ちのみ。ふらふらの状態でうけたラストライドを返すと引出しがなくなった岸和田に変形のドラゴンSH(なんて名前?)でフォール。
 斉藤了が第4代ドリームゲート王座にお見事。

 今回もいい興行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日はPRIDEとK-1で

 大晦日はやっぱり格闘技。カードも出揃ったところでPRIDEとK-1を勝手に予想する。ちなみに個人的に注目しているカードのみ。

『PRIDE 男祭り 2005 頂』

今回、二つのイベントの中で一番観たいカードはこの一戦につきる

○小川直也 VS 吉田秀彦●

 ポテンシャルも馬力も確実に吉田に分がある。。しかし、ここはアルティメットのリングの上、柔道の試合にはならない以上これまでの経験の差が生きてくるはず。昨年のPRIDE GPは微妙な結末で終わりながらも、リングでの経験を培ってきた小川の勝ち!


○ミルコ・クロコップ VS マーク・ハント●

 ルールがMMAなのが微妙なところ、是非ともK-1な試合を展開していただきたい。どっちが勝つというよりかは、泥仕合にならないことを願うのみ。というとこで、立ちでやりあえば、ミルコの勝ち。寝技が入れば、勝敗はどうでもいい。


●ヴァンダレイ・シウバ VS ヒカルド・アローナ○

 PRIDE GPからの因縁の対決でミドル級選手権試合。シウバのリベンジとベルトの死守をみたいところだけど、勝負強さでアローナの勝ち。
 来年、ショーグンが敵を討つということでどうでしょう。


○桜庭和志 VS 美濃輪育久●

 田村にかわる赤パンツは美濃輪。UインターとリングスというバックストーリーがあるようにUインターとパンクラスというバックストーリーもあるはず。ただ、桜庭も美濃輪もスタンダードではないだけに展開が読めず。地力の差で桜庭の勝ち。


○五味隆典 VS 桜井“マッハ”速人●

 トーナメント決勝戦というよりも新旧役者の交代劇に期待。マッハは弱くない、でも五味の勝ち。


●近藤有己 VS 中村和裕○

 近藤の打撃をいなして中村の勝ち。

『K-1 PREMIUM 2005 Dynamaite!!』


○山本"KID"徳郁 VS 須藤元気●

 KIDの攻撃に対して、付き合わない元気という試合展開になる?それでも、勢いはKIDにある。KIDの勝ち。ただ、グランド中心になれば元気に分があるかも?


○アーネスト・ホースト VS セーム・シュルト●

 勢い、パワーともにシュルトに分がある。ホーストの老獪さがどこまで通用するのか?カードとしてかなり見所十分。そして、ホーストの勝ち。


○ヒース・ヒーリング VS 中尾芳広●

 久々に復帰のヒーリング。また、暴れ馬な試合がみたい。DSEのリングじゃなかったのが残念。とりあえず、ヒーリングの勝ち。

 とにかく、毎年豪華な大晦日の格闘イベントですが、今年は特に豪華。ほとんどが見所と言ってもいい。ちなみに、曙とボビーは興味なしです。


PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-
K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

dragondoor 旗揚げ戦 in後楽園ホール vol.2

休憩後、

セミ CMLL認定ライトヘビー級選手権試合
○ウルティモ・ゲレーロ VS 2代目ザ・タイガー●

 タイガーは佐藤兄弟を、ゲレーロは折原とタナカジュンジをセコンドに連れて入場。

 タイトルマッチ宣言で会場に来ていた楽太郎が抜擢されてリングに上げられる。タンクトップというかなりラフな格好。1分くださいと言って宣言前にマイク。一言では終わらないようで要約すると「いろいろあったけど、リセットしてリスタートしよう」といった感じ。

 序盤は静かな立ち上がり、お互いが特有のムーブを見せる。ベテランの動きは圧巻。思わず固唾を呑んで観る。
 動きがあったのは突然ゲレーロがタイガーをリング中央で押さえたとき。いきなりタイガーのマスクを破り始める。まだ、中盤に差し掛かった段階なのに半分顔がでているタイガー。試合続行できるか?と思いきや佐藤兄弟が代わりのマスクを渡して、破れたマスクの上にかぶり事なきを得る。
 その後は折原の乱入あり、タイガーが場外へのプランチャをはなったりとちょっとあわただしい。双方がフェイバリットホールドを出すものの決まらず(アサイDDTも観れた)
 隙をついたゲレーロがタイガーのマスクを剥ぎ、スクールボーイでフォール。

 試合後、怒り心頭のタイガーはいつのまにか半分究極龍で半分タイガーなマスクをかぶり、ゲレーロや折原にアサイサルトを発射。会場沸く。

 その後、マイクを握りゲレーロに対してスペイン語?ポルトガル語?で何かを言っていたが全く内容はわからず。ただ、最後にマスカラ・コントラ・マスカラの言葉があり、マイクを持ったゲレーロからもマスカラ・コントラ・マスカラの言葉がでた。
 次回はベルトではなく、マスクを賭けて再戦決定?


メイン
石森太二、飯伏幸太、リトルドラゴン、ミラニートコレクションa.t.
VS
近藤修司、“brother”YASSHI、菅原拓也

 メインはイルミネーション形式。負けた選手から退場し最後に残ったチームが勝ち。そういえば、闘龍門逆上陸のメインもこの形式だったなぁ。

 序盤はいきなり石森と近藤。力と技のムーブが続く。次にブラザーと飯伏。ここぞとばかりにブラザーのテクニックが光る。口撃ばかりが目立つブラザーだがグランドテクニックはたぶんdragondoor一では?次にブラザーとミラニート。ミラニートがまんまミラノのムーブを披露する。リングサイドで照れて顔を伏せるミラノ。止めとばかりにブラザーをロープパラダイスにするミラニート。最後に菅原とリトル・ドラゴン。ドラゴンはデビュー当時のドラゴン・キッドを思わせる動きをみせる。
 全員、あたったところでいきなりテンポアップ。リングの四方へ石森が飯伏が飛ぶ。場外にでると悪冠の出番と場外乱闘が始まる。ヴェネチィアも負けじとケプラーダを敢行したりどこに目をつければいいやら、なんだか懐かしい展開。

 一通り、暴れた後に試合が動き出す。まずはミラニートがブラザーをナターレ・ビアンコで丸め込んでフォール。次に菅原が新技T.C.O(リバースのアングルスラム)でミラニートをフォール。されに菅原が飯伏を十三不塔でフォール。試合は2VS2に

 ドラゴンと近藤の対峙はまさにキッドと近藤の戦いそのもの。近藤が首をつかんで無造作にマットに投げつけたと思えば、華麗なヘッドシザースで切り返す。
 そんな中、ドラゴンが大技を出す。コーナーポストからのウルトラ・ドラゴンラナ(1回転半ひねりのドラゴン・ラナ)で菅原をフォール。さすがドラゴンの因子を持つ男。そのドラゴンも近藤にフォール。最後は予想通り石森と近藤に

 スピーディーな展開で石森が近藤を翻弄するものの、スーパースターエルボーがブラザーのブラックボックスを受けて不発。その隙をついてキングコングラリアットでフォール。悪冠一色(T2P)の勝利になった。


 試合後、近藤のマイク。石森に「闘龍門を背負っていけるのか」と激をとばす。リングサイドのミラノに対しては「誰もお前の私服はみたくない」と一言。そのまま控え室へ。ミラノは席を立ち上がるもののチケットの半券をリングに投げ無言のまま退場した。どうなる?どうするミラノ?最後は石森のマイクでしめ。


 今後の展開はさておき、久しぶりに闘龍門らしいカードの組み立てと試合展開で満足。JAPAN逆上陸で感動したのはこういう大会だったなぁと懐かしい思いも。とにかく、会場が一体となったこともあったし、いい大会でした。次回、大柳の参戦はあるでしょうね。TARUシートとか福政の復活は?しばらくは他団体の参戦はメキシコの選手だけにしてじっくりと団体としての力をつけていって欲しい。

 そして、ゆくゆくはイデオロギーをぶつけ合えれば....

dragondoor公式サイト
「想定外のプロレス」dragondoorが発進!(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dragondoor 旗揚げ戦 in後楽園ホール vol.1

 後楽園ホールで行われたdragondoor旗揚げ戦に行ってきました。
 ちょっと遅れて会場に到着。場内は立ち見が出るほどの満員でちょっとびっくり。かなり女性が多い。

 ちょうどブラザーがマイクを持っていて石森と飯伏が登場した。ブラザーがXは誰だ?の言葉に石森がXを呼び込む。龍の因子を持つ男と言った瞬間にウルティモドラゴンのテーマが.....リミックスでかかる。するとドラゴン・キッドとクネスを足して2で割ったような選手が登場。リトル・ドラゴンというらしい。会場はのりきれず。
 さらに石森がもう一人を呼び込む。会場にミラノのテーマが早回しで流れるとミラニートコレクションa.t.がヴェネッチィアを連れて登場した。ミラニートがリングインするとともにミラノコレクションが来場し、リングサイドに座る。会場沸く。

 石森は4VS3での対戦を提案、ブラザーは了承。川畑代表に了承を得る。川畑=神田な展開?。ただ、川畑は即答せず。川畑代表いわく「この大会はT2Pの復活だと思っていると自分としてはT2Pは3VS4でも負けないだろうから対戦を許可する。石森には闘龍門を背負って欲しい、そのような試合をして欲しい。」。ということで、メインは4VS3のハンディキャップマッチとなった。

 第一試合開始でリングにあがったリングアナはJUNこと小川内潤。ちょっと驚き。

第一試合
○エクストリーム・タイガー VS ジョー・リーダー●

 初めての選手でちょっと乗り切れないが、かなり危険な技を惜しげもなく出してくる。場外へのDDT?首から落ちるボム系の技等々、観てるとひやひやする。最後はE・タイガーが場外へのファイアーバードスプラッシュを発射して、リングアウト勝ち。

第二試合
○大鷲透、高木省吾 VS 新崎人生、野橋真実●

 透ちゃんがかなり人気。
 試合は野橋が集中砲火を浴びる。人生は相変わらず子を見守るパパのよう。 ジェットコールも会場が一体になって盛り上がる。野橋も切り返すが、最後は大鷲の豪快なパワーボムでフォール。

 試合後に徹ちゃんがリングサイドのミラノに詰め寄る。無言のままにらみ合って徹ちゃんそのまま退場。

第三試合
○初代タイガーマスク、グラン浜田 VS ソラール、ウルトラマン●

 これまでとは違った渋い戦い。4人ともちょっと息切れ気味?ラストは隙をついてタイガーが逆さ押さえ込み。(というか逆さ押さえ込みで終わったのは少なからずブーイングだった。)


 第三試合終了後に川畑代表、JUN、ライブドアの小島がリングイン。小島から一言挨拶あり。ホリエモンが来てないことに会場からブーイングが起こると宇宙戦艦ヤマトのテーマがかかり、スーツ姿に牛乳ビンメガネをかけた男が入場する。リングインして一言「ここ、ライブドアの面接会場って聞いたんですけど?」場内爆笑。
 川畑が大柳欣也君と声をかけると姿勢よく「はい!」と返事。さらに小島に食い下がって履歴書を渡そうとするがヴェネッチィアが現れ履歴書を奪って逃亡、大柳は追いかけてそのまま退場した。

 次回登場あり?dragondoorのお笑い部門は確かに空席だ。こりゃ、ホントにT2Pの復活だな~。

 vol.2へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闘龍門を振り返る その2

 来週のドラゴンドア興行にあわせて闘龍門時代の選手たちを振り返る。今回はT2Pの面々。
 T2Pは闘龍門JAPANが逆上陸した後に立ち上げられたプロジェクト。闘龍門2000プロジェクトが正式名称。ルチャリブレクラシカをベースにJAPANとは違ったスタイルをコンセプトとしていた。ルチャリブレクラシカの特徴は華麗な空中殺法が特徴的なルチャに対してジャベと呼ばれる関節技を主体としているところだ。有名どこでいうとロメロスペシャルはジャベの一つ、総合格闘技でみるようなシンプルなものではなく複合的に極めるのがジャベの特徴の一つだ。

ミラノコレクションA.T.
 T2Pのエースにして、イタリアンコネクションのリーダー。ご存知のとおり、モナコのモデル出身というキャラ、透明犬ミケーレとモデル軍団をつれての入場シーンは派手。長い手足を使ったジャベが特徴でA.T.ロックに始まり、パラダイスロック、イタリアンストレッチNO.8、NO.27などを使う。もちろん、空中技も華麗。
 現在は、DGを怪我で欠場後、修行のために渡米。渡米と共に退団しフリーとなっている。帰国後がどうなるかは不明だが、アメリカでの生活は@ぴあの宮本和志のコラムの中でテキサス・レスリング・アカデミー(TWE)の様子が掲載されており時々ミラノが登場している。日本での早い復帰を期待します。

宮本和志「超硬派」(@ぴあ)

近藤修司
 今では全日のブードゥーマーダーズの一員として登場。ジュニアながら豪腕を武器にリングを暴れまわっている。
 T2Pとして逆上陸した当初のキャラはスピアーやジャックハマーを使っていたのでゴールドバーグを意識していたようだ。イタコネに参加したときはイタリアのコンドッティ通りにちなんでコンドッティ修司としていた。イタコネ離脱と共に本名に戻す。
 イタコネ離脱後は特にどの技もオリジナル色が濃くなり、パワーキャラがますます定着している。ジュニアながらも全日のヘビー勢とまったくひけをとらない。軍団抗争の様相はあるものの個人としてもますます活躍して欲しい。

吉野正人
 スピードスター。逆上陸当初はターザンキャラで入場時はコーナーで雄叫びを上げていた。キャラどおり猿のヴェネッチアを連れてきた。イタコネ結成時にYOSSINO(ヨッシーノ)に改名するが、ブラッドジェネレーション入りを果たした時に本名に変更した。スピードスターの異名のとおりスピーディーな技の展開が持ち味。また、T2P出身らしくジャベのソルナシエンテは吉野の代名詞でもある。最近は、フィニッシュにジャベだけではなくボム系の新技も続々披露している。まだまだ見逃せない一人。

“brother”YASSHI
 T2P逆上陸時はSTEVIE "brother" TSUJIMOTOと名のりレゲエキャラとして登場。イタコネ結成と共に"brother"YASSINI(ヤッシーニ)に改名。さらにイタコネ離脱と共に現在の“brother”YASSHIとなった。年々、嫌味でやなキャラになりつつあるが、実はレスリングの技術はかなりのもの。軍団の中では集中砲火を浴びやすいのもある意味持ち味なのかも。近藤修司とはイタコネ時代からのアウトローコンビ。二人の合体技は見た目も威力も一目を置けるものばかり。

大鷲透
 T2P当時からかなり毛色の違う選手だった。見ての通りの巨体と昭和のプロレスなキャラで記憶に残りやすいが、ジュニアばかりが揃うT2P、JAPANの中でヘビーな大鷲を相手にしてくれる選手がいないためいつも戦う相手を求めている印象が強い。多分、しゃちほこや市川との対戦経験がかなり多いんじゃないだろうか。T2PとJAPANの抗争ではSUWAがその役目をかってでたが決着がついた後はもう戦いたくないとかなり嫌そうな顔をしていた....。現在は大阪プロレスを主戦場にDDTなどにも上がっている。

土井成樹
 T2P逆上陸当初からセカンド土井と名のり野球キャラとしてバット片手に野球にちなんだレスリングを展開していた。ただ、逆上陸直後に怪我のため一時戦線を離脱、イタコネ勢とは若干の遅れをとることになった。
 復帰後はドン・フジイとのバット争奪やら6人タッグでのアイパーズ入りやらとちょっとお笑いよりな立ち位置だったがブラッドジェネレーション入りを果たすと共に肉体派キャラの仲間入りをした。現在では、ブレイブゲート王座のチャンピオンとして外敵とも果敢に戦っている。

ベーカリー八木
 T2P逆上陸時は戦う漁師として大漁旗を振りながら登場していた。イタコネ結成と共にナポリの漁師・ペスカトーレ八木に改名。JAPANとの抗争ではボウズキャラは二人いらないという因縁から新井健一郎との小競り合いが勃発、最終的には敗者髪のばしマッチでアラケンに負け髪をのばすことになる。T2P解散後はイタコネの日本人宣言で千葉のパン屋の息子ということが発覚し、ベーカリー八木に改名。改名後はなぜか近藤や大鷲からいじめられる存在になり一時は引退を考えたらしいが、戦うレフェリーとして復帰。現在はフロリダブラザーズの試合を裁くドラゲーの迷レフェリーとなっている。

 さて、個性的なキャラクターが多い旧T2Pの面々。その個性どおりかどうなのかドラゴンゲートに縛られずに方々に散ってしまった。今後の展開はやはりdragondoorがにぎるのか?

ドラゴンゲート公式サイト
dragondoor公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルジャパンプロレス旗揚げ戦 カード発表

 初代タイガーマスクこと佐山聡が旗揚げしたリアルジャパンプロレスの旗揚げ興行(6.9後楽園ホール)のカードが発表された。参戦するのは二代目ザ・タイガー(ウルティモドラゴン)、みちプロ&闘龍門X勢。また、佐山聡が立ち上げた勢圏道の大会も含まれる。
 佐山聡いわく、ただのルチャ的な試合にはしないとコメント。さらにメインのタイガー・大谷戦はUWFのようなガチガチな試合にはしないとのこと。プロレスの面白さを是非とも伝えて欲しい。
 発表されたカードは以下のとおり

<メイン>初代タイガーマスク(スーパータイガー) VS 大谷晋二郎(ZERO1 MAX)

2代目ザ・タイガー(ウルティモ・ドラゴン)、石森太二(闘龍門)、佐藤秀(闘龍門)
VS
ロス・サルセロス・ハポネセス(南野たけし、マンゴー福田、パイナップル華井)

アレクサンダー大塚、大間まぐ狼(みちプロ)
VS
X組

掣圏真陰流トーナメント準決勝(2試合)、決勝

ラッセ(みちプロ) VS 景虎(みちプロ)

なお、メイン以外の試合順は未定

さらに、旗揚げ戦の模様はスカパーの桜テレビにてノンスクランブル放送されるらしい!PPVでもなくしかもノンスクランブルとは太っ腹!!6/12は桜テレビを注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンゲート 5.11後楽園大会

 PPVにて観戦。見所はマグナムの8周年にDoFixerからXのプレゼント、ブレイブゲート挑戦権をかけてK-DOJOとのタッグマッチ、望月とフジのドリームゲート選手権試合。今回は市川もフロリダもでず、なんとお笑いなし。こんなカードのドラゴンゲートはいつぶりだろ??

第2試合
○鷹木信吾、CIMA VS 谷嵜なおき、ドラゴン・キッド●
 久々に谷嵜と鷹木の闘争に火が?新人が増えてるだけに最近目立ってない谷嵜には変なことせずにもっと奮起して欲しいところ。試合は谷嵜が持ってきた有刺鉄線バットの攻撃を耐えた鷹木がラストファルコニーでフォール。
 試合後、CIMAがAAA出場のためメキシコに行くと一言、その間はドラゴンゲートからはしばし離れるらしい。しかも、メキシコから帰ってきたらどこのリングにあがるかわからないという意味深発言。いや、CIMAはきっとないと信じてるよ

 それより、AAAのトリプレマニアがリアルに観たいな。ガオラでやってくれるかな?

第4試合 マグナムTOKYOデビュー8周年記念
●マグナムTOKYO VS X(天龍源一郎)○
 大物が登場するドラゲー名物のX。今回はマグナムを男色に変えるということでアニキ・天龍源一郎が登場した。妙にいやがるマグナム、逃げる発言も!そんな弱気なマグナムに対して斎了はランバージャックデスマッチにすると宣言。
 試合は時々、川崎モードで挑むも天龍に睨まれるとあっという間に弱気なマグナムに....。そんなマグナムも久々にラ・ケプラーダを見せたりと要所はしめる。最後は、貫禄に負けてフォール。

 試合後、マグナムより神戸ワールドでタッグパートナーになってくれと天龍に要求。天龍は、一年ぶりの要求に対して、ファンが観たいというなら組むと快諾。神戸ワールドに向けて動きだしてきた。

第5試合
○土井成樹、吉野正人 VS 大石真翔、旭志織●
 ドラゴンゲート初登場の二人。なかなかかみ合ってたんじゃないかな。アナザースペースで吉野がフォール。でも、いまいちK-DOJOらしさがわからず乗り切れない。出てたかも知れないけどオリジナルのムーブをもっと観たかったな。
 試合後に土井は挑戦者として認めた。ただ、試合はK-DOJOでやるらしい。
 なんだろこれ、このマイクの展開ってK-DOJO組が勝たないとなりたってないんじゃない??

 とにかく、次期のブレイブゲートはK-DOJOの二人のどちらかとK-DOJOマットでやるらしい

第6試合 ドリームゲート選手権
○望月成晃 VS ドン・フジイ●

 試合はまだ未見なのでコメントは観てから


スポーツナビ リアルタイム速報

| | コメント (0) | トラックバック (0)